Dr.Q's Blog (愛知県豊橋市の菅沼矯正歯科院長のBlog)

愛知県豊橋市の菅沼矯正歯科の院長菅沼與明が日頃の出来事や、日常に感じたことなどを不定期に綴るブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Dr.Q's Blog移転のお知らせ

2009年06月22日 09時31分56秒 | Weblog
Dr.Q's Blog(愛知県豊橋市の菅沼矯正歯科院長のBlog)はこのgooブログから菅沼矯正歯科公式ホームページ内の
Dr.Q's Blog(愛知県豊橋市の菅沼矯正歯科院長のBlog)に移転しました。
2006年8月の開設以来、250を超える記事を書いてきました。お読み頂きありがとうございました。今後は新たなDr.Q's Blog(愛知県豊橋市の菅沼矯正歯科院長のBlog)をお楽しみ下さい。
尚、今までの250を超える記事はこのgooブログDr.Q's Blog(愛知県豊橋市の菅沼矯正歯科院長のBlog)から、徐々に菅沼矯正歯科公式ホームページ内の
Dr.Q's Blog(愛知県豊橋市の菅沼矯正歯科院長のBlog)でも見て頂けるように移していきます。

今後ともDr.Q's Blog(愛知県豊橋市の菅沼矯正歯科院長のBlog)をお楽しみ下さい。

「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父の日ですが菅沼矯正歯科は診療でした

2009年06月21日 17時54分03秒 | Weblog
本日、6月21日(日)は「父の日」ですが、菅沼矯正歯科は毎月1回の日曜日診療でした。
そこで「父の日」を調べてみました。Wikipediaでは下記のように解説されていました。

父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。6月第3日曜日(=その年の6月15日 - 21日のうち日曜日に該当する日)。
1909年にアメリカ・ワシントン州のJ.B.ドット夫人が、彼女を男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月6月に父の日礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。ドット夫人が幼い頃南北戦争が勃発。父、スマートが召集され、ドット夫人を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でスマートの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、スマートも子供達が皆成人した後、亡くなった。1916年アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンの時に父の日が認知されるようになる。1972年(昭和47年)になり、アメリカでは国民の祝日に制定される。
日本では1950年代ごろから知られるようになったが、母の日に比べると一般的な行事とは言えない。
母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ドット夫人が、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。

とのことです。
この時期は小学校では授業参加が良く開催されますよね。私が小学生の頃も、授業参観に父親が来ていたことがうっすらと記憶にあります。今日は次女と三女が通学する小学校でも授業参観でした。しかしながら、菅沼矯正歯科の毎月1回の日曜日診療のために参観してあげられなくて残念に思います。診療日はほぼ3ヶ月ぐらい前には決めているので、小学校のスケジュールが出る前に日程が決まっていました。今、思うと私の父は「忙しい中、時間を割いて授業参加に来てくれていたのだな~」と感謝の思いです。

私が、動的矯正歯科治療を終えて、保定観察に移行された患者さんへお出しする手紙に、お子さんの場合には必ず書き加える言葉があります。「矯正歯科治療に協力して下さったご家族に感謝しましょう。」お子さんの矯正歯科治療を援助して下さっているお父さん、お母さんには私も感謝しています。、矯正歯科治療が終わったら、お子さんの患者さんにはお父さんとお母さんにお礼を言ってもらいたいと常々思っています。

「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残念!サッカー日本代表がオーストラリア代表に逆転負け

2009年06月18日 16時47分49秒 | Weblog
昨日、6月17日(水)に2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選サッカー日本代表(岡田ジャパン)オーストラリア代表が、アウェーのオーストラリアで行われました。日本代表は中村俊輔や長谷部、本田圭祐と言った海外組に加えて、遠藤もケガで欠場。そして守備の要である中沢も体調不良のために欠場でした。
私は昨日は愛知県名古屋市栄のダイテックサカエで開催された中日本矯正歯科医会の第129回例会に参加するために名古屋に出張しており、例会終了後に仕事の関係の業者の方と打合せで会社を訪問することになっていましたので、テレビで観戦も出来ませんでした。
ニュースで結果を知ったのですが、オーストラリア代表に逆転負けを喫し、とても残念な結果でした。
それもドイツでも2006年ワールドカップを思い起こさせるような連続失点で痛恨の逆転負けの完敗。あのときもケーヒルに2ゴールを許した。点差が1点だったこと、闘莉王のヘッドで豪州の最終予選無失点記録を途絶えさせたことが救いといえば救い。寂しい最終戦になった。守備では中沢不在が響いた形です。
 W杯出場権を獲得し、岡田監督はすでに「W杯4強」という目標に向け踏み出している。しかしながら「豪州はアジアでは強いけど、世界ではそんなに強くない。負けているようでは駄目」(岡崎)な相手に、完全な力負けをしたことは否めない。1年後に本当にワールドカップで4強に入るようなチームにするためには強化の時間が少なすぎますよね。
ヨーロッパや南米の強豪国との対戦で力をつけて欲しい物です。
がんばれニッポン


「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

愛知県名古屋市栄のダイテックサカエで開催された中日本矯正歯科医会例会に出席

2009年06月18日 14時10分43秒 | Weblog
昨日、6月17日(水)は菅沼矯正歯科を休診にして愛知県名古屋市栄のダイテックサカエで開催された中日本矯正歯科医会の第129回例会に参加してきました。近畿東海矯正歯科学会が6月14日(日)に愛知県名古屋市の名古屋国際会議場で開催されたばかりでしたので、いつもの例会よりは参加された会員が少なかったようです。30名ぐらいの参加者でした。
理事会報告では、6月14日(日)の近畿東海矯正歯科学会学術大会の報告とお礼のご挨拶が、山田専務理事と田中進平会長からありました。理事会では浅見会員から日本矯正歯科学会の専門医に関して、更新に対する質問やご意見が出されました。それに対して中日本矯正歯科医会会長であり日本矯正歯科学会常務理事でもある田中進平先生と浅井保彦先生から、現状の説明がなされました。
会員発表は三重県桑名市でご開業されている山本克己会員から「山本矯正歯科開設後30年余の矯正歯科患者の実態と下顎前突の数症例」と題した発表がされました。山本先生の医院では叢生に続いて反対咬合の患者さんが多いとのことでした。この辺は昨年、日本臨床矯正歯科医会で調査したデータとは若干異なっていました。日本臨床矯正歯科医会のデータでは多い順から叢生、上顎前突、反対咬合の順でした。私の医院菅沼矯正歯科でも日本臨床矯正歯科医会と同様に叢生、上顎前突、反対咬合の順です。
たぶん昔は反対咬合で受診される方が多かったのでしょう。徐々に矯正歯科治療が一般の方にも浸透してきて、上顎前突で矯正歯科治療をされる方が増えてきたのでしょう。
その後は3名の会員の先生から症例発表がされました。

「著しいoverjetを伴うAngle Class II 過蓋咬合症例」 森川泰志会員
「アングルII級2類 過蓋咬合症例」 切通正智会員
「骨格性2級成人症例」 湯浅真司会員

それぞれ参考になる症例、自分が行っている矯正歯科臨床を振り返り、参考にさせて頂けるような症例を見せて頂くことが出来ました。

昨日、休診にした関係で本日、6月18日(木)は本来、菅沼矯正歯科は木曜日で休診日ですが、診療をしています。木曜日は豊橋市の小・中学生は他の日よりも授業が早く終わるらしく、患者さんのご父兄からは木曜日の受診を希望される方もおいでになりますが、今日の予約の状況を見てみますと患者さんは少ないようですね。今の小学生や中学生は塾や習い事で学校から帰ってきても、なかなか暇な時間が無いようです。
「矯正歯科治療は大人になっても健康な歯と歯周組織ならば何歳になっても出来ますが、やはり矯正歯科治療に最適なのはお子さんの顎の成長を矯正歯科治療利用することが小学生から中学生頃です。」
歯並びや咬み合わせでお悩みの方は菅沼矯正歯科にご相談下さい。

「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めてのバレエ鑑賞

2009年06月16日 09時13分25秒 | Weblog
先日、6月14日(日)に初めての体験をしてきました。それはバレエ鑑賞です。
実は、私の娘(次女と三女)が習っているバレエの発表会があり、私は人生で初めてバレエを鑑賞してきました。
その日は愛知県名古屋市の名古屋国際会議場で開催された第51回 近畿東海矯正歯科学会学術大会に参加し、一般症例展示発表をしてきました。症例展示発表の撤収の時間が夕方の4時40分から5時までの間でしたので、その時間まで特別講演を聴き、急いで撤収を終えてから豊橋まで名鉄に揺られて戻りました。そして市電に揺られて豊橋市役所前まで夜店に出かけるお客さんが一杯の中帰ってきました。診療室からは自家用車で発表会が行われてた豊川市文化会館に向かいました。会場が4時30分、開演が5時でしたので、公演の途中から入ることになりました。
娘達はこの公演のために年明け頃から、いつも通っている豊橋市向山町にあるコナミスポーツクラブ豊橋での週2回のレッスンに加えて、松本道子バレエ団の豊川スタジオや岡崎スタジオ、名古屋にある本部・上社スタジオなどまでレッスンや衣装合わせなどに通い、子供達も私の妻も大忙しでした。ゴールデンウィーク中もお陰でどこにも出かけず子供達のベレーのレッスンが生活の中心と言っても良いほどでした。
バレエは長女が幼稚園の頃から習い始めたのですが、長女はとっくに辞めてしました。次女も幼稚園の頃から既に5~6年レッスンに通っています。次女は飽きっぽい性格で、スイミングスクール、ピアノなど習い事がなかなか続かなかったのですが、バレエは好きなようで、一生懸命レッスンに通っている。そして三女もバレエのレッスンを始めて2年ぐらいになります。次女同様にバレエが好きなようです。
妻は子供達をバレエのレッスンに通わせながら、自分自身でもバレエの公演を見に行ったり、テレビやDVDを見たりして楽しんでいます。そして、熊川哲也や吉田都と言ったバレエ音痴の私でさえ耳にしたことがあるような有名なバレリーナが出演する公演をわざわざ名古屋まで鑑賞に出かけるようになっています。

今回の公演演目は「エチュード」「表彰式」「スラブ舞曲」でした。私はバレエ音痴で全く解りませんが・・・・。
私が会場に入った時にはちょうど幕間でした。
幕が開いてからは、先生や大学生ぐらいの方が男性のゲスト出演者の方と演じられました(何を演じているのか解りませんでしたが・・・)。
そして、その後に次女と三女が出演する演目の「スラブ舞曲」が行われました。
自分の子供達がどこにいるのか?目を凝らして探しながらの鑑賞でしたが、なかなか自分の子供が解らない始末です。同じ衣装で、髪型も同じで、舞台用のお化粧をしているために非常に解りにくかったですが、子供達を見つけて鑑賞していました。
一生懸命練習してきた成果が出て、きれいな演技だったと思います(親バカ?)。

子供達が「やりたい」と希望して始めたバレエを親である私の妻が支援しながら見守っています。いつまで続くか解らないけど、子供に才能があるのか?無いのか?さえ解らないけど、子供の能力を伸ばしていくのは、親である時期があります。
先日来のニュースで、米国で開かれた第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した全盲のピアニスト辻井伸行さん(20)のエピソードが紹介されています。障害がある子供の能力を見抜いて、その能力を磨いた究極の結果だと思います。
子供達の無限に広がる能力と将来のために、これからも理解ある子供達の支援者でありたいと思っています。

菅沼矯正歯科に矯正歯科治療に来院されるお子さん達やご両親にもそうあって欲しいですね。子供達の夢を大切にし、能力を伸ばしていけるよう菅沼矯正歯科がお手伝い出来れば幸いです。

「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛知県名古屋市で開催された近畿東海矯正歯科学会に参加して発表

2009年06月15日 16時50分32秒 | Weblog
昨日、6月14日(日)に愛知県名古屋市の名古屋国際会議場で開催された近畿東海矯正歯科学会に参加し、一般症例展示発表をしてきました。
近畿東海矯正歯科学会の学術大会は毎年1回6月に開催されます。今年は私が所属しています中日本矯正歯科医会の会長である田中進平先生が大会長を、そして専務理事の山田晃弘先生が事務局長をお務めになりました。私は演題を出す程度の協力しかしておりませんが、中日本矯正歯科医会の理事の先生方は学術大会の準備や当日のお役目でとても忙しそうにされていました。お疲れ様でした。





昨日は特別講演が2演題、学術口演が7演題、学術展示が3演題。一般症例展示が上顎前突:10題、下顎前突:2題、上下顎前突:2題、叢生:4題、開咬:5題、外科矯正治療:1題の合計24題の発表がされました。そして認定医更新症例が19演題でした。また、矯正歯科器材の商社展示に30社の展示がされました。



特に矯正歯科専門開業する臨床医として臨床に即した特別講演の演題はとてもためになりました。
特別講演1「矯正臨床における顎関節症に対する対応」 松本歯科大学歯科矯正学講座 山田一尋先生
特別講演2「開咬の形態と機能と機能回復ーその治療目標」 水野矯正歯科医院 水野 均先生





そして、学術展示、一般症例展示や矯正器材の商社展示を見たりして、いろいろな先生や、業者の方と意見交換をしました。
私が一般症例展示の演題は「上顎前歯の圧下にTADを利用したAngle Class? 過蓋咬合症例」というタイトルで発表しました。質疑応答の際には数人の先生と意見交換をさせて頂き、症例を評価して頂いたりしてとても有意義な意見交換が出来ました。



今回の近畿東海矯正歯科学会が学んだことを菅沼矯正歯科の日頃の臨床に生かしていけるようにしたいと思います。

「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モヤモヤの残った残念な観戦

2009年06月15日 09時09分02秒 | Weblog
先週、6月10日の水曜日に菅沼矯正歯科を休診にして、6月14日に愛知県名古屋市の名古屋国際会議場で開催される近畿東海矯正歯科学会の一般症例発表の準備の時間を取るために休診にしました。その訳は、5月から木曜日の菅沼矯正歯科休診日には日本臨床矯正歯科医会の広報委員会や理事会、園医を勤める牛川育英幼稚園の歯科健診などがあり、休診とは言え発表準備のための時間が取れない状況でした。そして、前週の6月7日には菅沼矯正歯科の目と鼻の先にある豊橋市役所と豊橋公園で開催された豊橋市歯科医師会主催「歯の健康フェスティバル」にお手伝いに出向く予定でいましたので・・・。

しかしながら、豊橋市歯科医師会主催「歯の健康フェスティバル」の矯正歯科相談コーナーへ出動は今回は免除されたので、予定より早く準備は進みました。

そして、6月10日(水)は横浜国際総合競技場(日産スタジアム)2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選サッカー日本代表(岡田ジャパン)カタール代表が行われました。
2月に同じく横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で開催された2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選の日本代表オーストラリア代表を一緒に観戦した私のサッカー観戦友達でり矯正歯科材料業者トミー・インターナショナルの島貫さんと再び
見に行ってきました。

今回は、前のアウェーでのウズベキスタン戦でサッカー日本代表は1998年のフランスで開催されたワールドカップ以来、4大会連続での出場を決めました。しかも、出場国の中で開催国である南アフリカを除けば、一番に出場が決まった「世界最速のW杯出場決定国」です。その日本代表の帰国凱旋試合になるので、午後から勇んで横浜に向かいました。

ウズベキスタンでは完全なアウェーゲームで、審判の判定、ピッチコンディション、サポーターの声援など悪条件の中、岡崎が上げた虎の子の1点を守り切り勝利を収めました。今回はホームゲームです。先日のキリンカップサッカー2009 ALL FOR 2010!の日本代表チリ代表や、日本代表ベルギー戦でのゴールラッシュの再現を期待していました。
しかし、一方で、遠藤、長谷部、長友などのレギュラーの欠場もあり、大丈夫か心配な部分もありました。
JR新横浜駅に隣接するホテルアソシア新横浜のロビーで島貫さん達と待ち合わせて、スタジアムに向かいました。








前半の立ち上がりすぐに、素早いパス回しから右サイドの内田にボールが渡り、ゴール前に走り込む岡崎への絶好のクロスが入ります。併走するディフェンスがクリアしきれずオウンゴールで日本が先制点を取ります。「これは、ゴールラッシュが見られそうだ」と思ったのですが、それ以降はなかなかチャンスらしいチャンスを作れません。ボランチに入った阿部と橋本の連携やポジションが低すぎるようで、中村俊輔、中村憲剛、玉田、岡崎らの前線の選手に良いボールが供給されません。中村憲剛がボールをもらいに引いてきたり・・・。それでも中盤でボールを失うようになり両サイドの内田と今野は上がるタイミングを失います。悪循環をなかなか抜け出せませんでした。



そして、後半にはアウェーかと思うような審判の判定でPKを献上します。相手選手はシュミレーションで1発退場になってもおかしくないような転び方で・・・。そして、GK楢崎守護神に祈るような思いも通じず1-1の同点になってしまいました。後半の途中に中村俊輔に変えて本田圭祐を投入するまで、チャンスらしいチャンスが作れませんでした。
本田圭祐はオランダの2部リーグでチームを優勝に導き1部に昇格させ、MVPに輝きました日本で名古屋グランパスでプレーしていた頃より、当たりに強くなり、ボールキープも出来るし突破も出来る。そしてなんと言っても左足での無回転で変化するシュートもあります。日本代表にアクセントと刺激を与える存在として期待が持てました。





試合終了後、島貫さんと日本代表の課題に関してビールを飲みながら語り合いました。
もう既に、ワールドカップには出場することが目標ではなく、ワールドカップで勝つことが目標になってきています。そして、岡田監督の目標「世界を驚かせるプレーをして、ベスト4を目指す。」この言葉を信じて、選手も日本サッカー協会もファンも、ワールドカップが始まる1年間を充実した1年にしたですね。

ワールドカップでのベスト4目指して、がんばれ岡田ジャパン

「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!サッカー日本代表(岡田ジャパン)2010南アフリカW杯出場決定!!

2009年06月09日 12時28分08秒 | Weblog
サッカー日本代表(岡田ジャパン)がアジア最終予選を突破して2010年に南アフリカで開催されるワールドカップへの出場を決めました。日本は1998年のフランスで開催されたワールドカップ以来、4大会連続での出場が決定しました。しかも、出場国の中で開催国である南アフリカを除けば、一番に出場が決まった「世界最速のW杯出場決定」です。実は前回の2006年ドイツ大会の最終予選の際にもジーコジャパンが「世界最速のW杯出場決定国」になっています。
ウズベキスタンとの試合をテレビ観戦しましたが、前半の早い時間に岡崎のゴールで先制して、日本ペースで試合が始まりましたが、遠藤のフリーキックの跳ね返りを大久保が押し込んだゴールをオフサイドの判定で取り消されたり、明らかにアウェーでの不利な審判の判定から、徐々に押し込まれ、後半は防戦一方になりました。それでも、楢崎、中澤らを中心に苦しい場面をしのいでいました。試合終了前には長谷部がレッドカードを受け退場になり、岡田監督までも退席処分を受け、苦しいロスタイムの中、相手のシュートが楢崎のセーブの後、ゴールポストを叩く場面もあり、生きた心地がしませんでしたが、どうにか1点を守りきりタイムアップの笛を聞くことが出来ました。
「日本代表がワールドカップ出場なんて夢のまた夢」と思っていた頃から長年に渡りサッカーファンとして日本代表の試合を見てきた私としては、そのワールドカップ出場を直前で逃した「ドーハの悲劇」を経て、フランス、日韓共催、そしてドイツに続いて、南アフリカと4大会連続出場を決めワールドカップ常連国になってきたことにとても感慨深い想いがあります。
Jリーグがスタートして子供達の夢が、プロサッカー、そしてワールドカップ出場、海外のプロサッカーリーグでのプレーと具体的に実現可能な夢として繋がってきているのでしょう。現在の若い日本代表選手には物心ついたときには既に夢を実現した人たちから指導を受けたりして夢が語り継がれ今に至っているのですね。
そこには日本サッカーをプロ化して強化するシステムを作りをしてきた日本サッカー協会の方々の陰の努力があると思います。情熱を傾けて打ち込んだことが実績になって現れていくのは嬉しいことでしょうね。

明日、6月10日に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で行われるカタール代表との2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選の1戦を見に行ってきます。ゆっくりと凱旋試合を楽しんできたいと思います。

「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊橋公園で豊橋納涼祭(夜店)開催

2009年06月05日 14時55分42秒 | Weblog
今日は朝から雨でこの時期にしては涼しい日です。そろそろ梅雨入りでしょうか
今日、6月5日(金)からは「豊橋納涼まつり(夜店)」が菅沼矯正歯科からほど近い豊橋市今橋町、豊橋公園の豊橋球場周辺で始まります。大正時代から続く豊橋の初夏の風物詩として恒例行事で広く市民に親しまれています。

昔、私は小中学生の頃は札木から松葉公園に6月中は毎晩、露店が並びにぎわっていました。

最近では開催場所が豊橋公園の豊橋球場周辺に変わり開催日も毎週金・土・日曜日の週末のみ計12日間です。金魚すくいや焼きそば屋、綿菓子、たこ焼きなど約200店の露店が並びます。そして、一番奥には恒例の「お化け屋敷」。昔から変わらず一番奥に控えています。暑い夏には一番の「納涼」だったのでしょうね。

今日はあいにくの雨模様のお天気ですが、晴れた日には菅沼矯正歯科の診療の帰りにでも、浴衣を着飾って出かけてみてはいかがでしょうか。大正時代、昭和時代を経て平成の今になっても100年もの間、豊橋市民に親しまれ、受け継がれている「豊橋納涼まつり(夜店)」。是非、今年も楽しんで下さい。

「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矯正歯科治療中の方を対象にした笑顔のフォトコンテスト「第5回ブレーススマイルコンテスト」開催

2009年06月04日 10時45分29秒 | Weblog
矯正歯科専門開業医の全国組織である日本臨床矯正歯科医会(会長:平木建史)は、矯正歯科治療中の方を対象とした笑顔のフォトコンテスト「第5回ブレース スマイル コンテスト」を実施し、「歯の衛生週間」がスタートする本日、2009年6月4日(木)から作品の募集を開始致します。応募作品の中から入賞作品を選定し、11月2日(月)にディズニーアンバサダーホテル(千葉県浦安市)にて表彰式を開催します。

 今年のテーマは『とびっきりの笑顔』です。矯正歯科治療でキレイな歯並びになる日を楽しみに、前向きに矯正ライフを送っている中で“とびっきりの笑顔”になる瞬間を写真におさめて、応募して下さい。
同コンテストは、矯正歯科治療中の方がより前向きに治療に取り組んでいただくことを目的として、日本臨床矯正歯科医会が2005年より実施し、今年で5回目になります。

今年も私は日本臨床矯正歯科医会の広報委員として審査に参加します。たくさんの矯正歯科治療中の『とびっきりの笑顔』に出会えることを楽しみにしています。そして菅沼矯正歯科で矯正歯科治療を行っている患者さんにも『とびっきりの笑顔』で応募して頂きたいと思っています。そして、昨年の「第4回ブレーススマイルコンテスト」「夢見る笑顔」の表彰式と同様の会場ディズニーアンバサダーホテル(千葉県浦安市)で11月2日(月)に開催されます。表彰式でお会い出来ることを楽しみにしています。





「綺麗な歯並びで健康的な生活を!」
 ”For your Beautiful Smile & Healthy Life" 
「菅沼矯正歯科」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加