絵画指導 菅野公夫のブログ

大好きな絵とともに生きてます

今日のクロッキーとその後の修正

2017-07-28 | 私の絵
今日は、クロッキーの日でした。

10分間で描いたものに修正を加えました。

最初は、10分だけです。

 

これを後から修正しました。

 

描き込んで強めました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダビデについて

2017-07-25 | 美術
ダビデについて

ダビデとは、ペリシテ人の巨人ゴリアテを投石で倒したイスラエルの英雄として有名ですが、
なぜ、王になったのかということについて、私は王の娘婿になったから、王の死後王位を継いだと簡単に考えていました。

しかし、今日、本を読んでいて、そんなに簡単ではなかったということを知りました。

それは、この本です。


ーーー

ご存知の方は、これ以降読まなくて結構ですが、私は、初めて知ったので、書きたくなりました。

現在は、イスラエルとパレスチナという名前で対立していることを私たちは知っていますが、その元をたどると、
そもそもこのダビデの時代から、こんな対立があったのだと教えられます。

ダビデはゴリアテを倒した後、王の娘婿になりますが、王には息子もいました。
王は、息子に王位を継がせたいと考えていたと思います。しかし、ダビデの人気が高まるに連れて、
自分の王位さえ脅かされるのではないかと恐れて、ダビデを殺そうとしたそうです。
その危機を何度も逃れながら、あるとき、王が川で水浴しているところへ出くわし、ダビデは王の着物の裾を切り取ります。

そして、後に、殺そうと思えば、そのときにやれたが、そんな謀反の気持ちは全くないという証拠として、
その布の切れ端を差し出したというエピソードがあるそうです。

そのことがあって、王はダビデを殺すことを諦めますが、その後も、ダビデの存在が脅威で、なんとかして追い落とそうと
したようです。

そのため、ダビデは、ペリシテ人のところへ行き、イスラエルと戦うことまで考えたようです。
ただ、ペリシテ人は、それが罠ではないかと疑って、ダビデには兵を持たせなかったということです。

その戦いで、イスラエルは敗れ、王は死にます。

ーーー

その後、ダビデは、イスラエルとペリシテ人を屈服させて、統一国家を作ったということです。

その部分は、その本には書いてありませんでした。

ーーーー

今日の成果

ただ、私は世界史の専門家ではないので、それ以上詳しく知っておく必要はないと思っていますが、
ダビデは、ゴリアテを倒した後、王の娘婿になって、王の死後王位を継いだと簡単に考えていたことが、
そうではなかったということがわかりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のデッサン会 私のデッサン

2017-07-20 | 私の絵
今日のデッサン会で描いた私のデッサンです。

約50分で描きました。

 

一枚目は、描き過ぎました。途中がもっときれいでした。

二枚目は、時間が少なくて、ここまででした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さわらび展 案内状

2017-07-19 | 展覧会
本庄第一高校美術部の展覧会である「さわらび展」の案内状が届きました。



今年は、土屋さんの県展入選作品が案内状で使われています。

27日から30日まで、本庄市民文化会館で行われます。

私もできる限り会場にお邪魔していますので、
卒業生で、久しぶりに会いたい人は、来てください。

例によって、私もデッサンを二点出品する予定です。

---
29日(土)30日(日)の二日間、クロッキーの実演をいたします。
午前10時からと、午後3時から、それぞれ30分づつ行います。

10分間クロッキーを描いて見せるイベントです。
モデルは、お客様の中から希望者を募って実施します。
もし、描いてほしいという方がいましたら、
その場で、お声がけください。
例年、生徒たちが描いたクロッキーの中から、お好きなものをプレゼントしています。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

さわらび展のお知らせ

2017-07-14 | 展覧会
本庄第一高校美術部の展覧会、さわらび展が今月27日から開催されます。

本庄文化会館です。

27日(木)の午後1時から30日(日)までです。

今年も県展に11名入選し、特選も1人取りました。

ぜひ、お見逃しなく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加