絵画指導 菅野公夫のブログ

大好きな絵とともに生きてます

加須のIさん 顔の模写

2014-08-31 | 通信指導
加須のIさんが、顔の模写を見せてくれました。

 

かなり描けています。これでもうまくいかなくて、やり直しの方でした。
もう一枚描きかけてありましたが、ちょっと気に入らないのでと言っていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10分間クロッキー

2014-08-30 | 私の絵
一昨日のデッサン会で描いた私のクロッキーです。

 

それぞれ10分で描きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京のHさん トレットペーパーのデッサン

2014-08-29 | 通信指導
東京のHさんが、基本デッサンを始めました。



アドバイスは、1回で、これが描けました。
すばらしいです。

基本形体のデッサンを始めるには、このトイレットペーパーがいいですね。
どこの家庭にもあるでしょうから、わざわざ買う必要がありません。

石膏などでできているデッサン用のものは、わざわざ買いにいかなくてはなりませんから、
トイレットペーパーは、便利です。このほか、私はたまごを描かせたりしています。

まず、白いものを明暗で描くという勉強です。

私自身は、こんなものと思って描いた経験がありませんでした。
しかし、指導していて、馬鹿に出来ないことを感じます。

これ一つで、学ぶべきことがたくさんあるのです。

それは、微妙な明暗表現と、空間をつかむということです。

少し見下ろしていますから遠近も考えなければなりません。
下に細くなるのです。

上の面も、単なる楕円ではありません。向こう側が狭くなる遠近法が必要になるのです。

直接光と反射光の違い。陰影では、陰より影の方が暗い。

影のぼけ方。光源に幅があるために、影が二重になる。

床にトイレットペーパーが写る。トイレットペーパーの明るい部分が写ったところと
暗い部分が写ったところの明るさの違い。

写った形も、遠近法に則って、下が狭くなる。

輪郭線は、周りの明るさとの違いでできる。外枠として輪郭線を描いてはいけない。

背景の壁も床に写る。

床は、写ったものと、床自体の表面の横線で、床面を感じさせます。
その際、横線の上下の幅に注意。それによって、遠近を出します。
上に行くほど狭くなります。

描き出していくと、このようなことがこのデッサンには、必要な要素です。

それらを点検してみると、何が足りないかがわかります。

そういう意味で、このデッサンは、どの項目についてもかなりよく描けています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵐山のKさん  50号制作続き

2014-08-28 | 絵画指導
嵐山のKさんが、ここまで進めました。



まだ、薄塗ですが、空間がつかめています。
このまま、厚くしていってくださいと話しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵐山のKさん 50号制作

2014-08-28 | 絵画指導
嵐山のKさんが、展覧会出品制作を始めました。



構図が決まって、鉛筆で下描きをした上に青グレーでなぞったところです。
これは、8月26日の状態です。
今は、もう下塗りに入っていますが、段々とご紹介します。

遠景の山は、浅間山です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加