絵画指導 菅野公夫のブログ

大好きな絵とともに生きてます

赤と黒

2010-01-31 | 読書
図書館に行って、スタンダールの「赤と黒」を借りて来ました。

図書館に行けば、直ぐにあるかなと思いましたが、
なかなか見つからなくて、やっとスタンダールを見つけたと
思ったら、字が小さくて私の眼にはちょっと疲れます。

しかたなく、係の方に相談したら、探してくれました。

そして、見つけてくれたのが、ジュニア版でした。
これなら、文字が大きくて、読みやすいです。

こういうのがいいですね。

ナポレオンが失墜してから7月革命辺りという時代背景があるので、
この時代の歴史を学ぶにもいいかなと思います。

この赤と黒は、心理小説と言われているそうです。
どういうことでしょうか。考えながら読みたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県展制作始まる

2010-01-30 | 絵画指導
県展制作が始まりました。

今日は、昨年の麓原展で特選を取った二人を紹介します。

まず、Fさんです。
奥入瀬渓谷で写真を撮ってきて、その一つを秋に制作して、麓原展で特選になり、二年連続だったので、会友に推挙された人です。

その時に、これも絵になりそうですねと話していた写真を今回は使って描いて見ることにしました。奥入瀬は青森県ですから、さっと行って描いてくるというわけにはいきません。そのために、写真を使って描くことにしました。
それが、これです。


もう一人は、Sさんです。
Sさんは、農家で牛を飼っています。そのため干し草がある建物があって、そこが日当たりが良く、なかなか良い農家の一隅なので、そこに野菜でも置いたら絵になるかなと考えました。


まだ、確定ではないのですが、ここまでやってみました。
面白い感じにはなっています。ただ、光の方向が正面なので、もう少し左から光がさしたらどうかということで、また、時間をずらして撮影することにしました。今日はここまでです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の絵(冬枯れ)

2010-01-29 | 私の絵
今夜描いた私の絵です。

これも以前描いて、ほったらかしてありました。
上手くいかなくて、そのままでしたが、
今夜は何とかなってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山内さんの個展、見て来ました

2010-01-29 | 展覧会
山内さんの個展を見て来ました。
行って良かったです。すばらしいです。

途中のような薄塗りの作品が多かったのですが、
どれも完成だと言われたら、完成でもいいですねと
言えるものです。

どの段階でも、見てもらえる、絵になっています。

ただ、上手ではなく、心があると思います。
書道のようなやりなおしのきかない厳しさが感じられる作品ばかりでした。

どのタッチにも、気が入っていて、厳しいのです。

私がやると、上手くいかないで、何度もやり直して、
なんとか仕上げる感じなのですが、山内さんの絵は、
一発で決まっているように見えます。

力を入れたり抜いたりのその具合が憎たらしいくらいのバランスなのです。

それを見たら、私の絵はまだまだだと感じて、嫉妬を覚えました。
早く、この嫉妬から逃れたいものです。

   




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山内明さんの個展

2010-01-29 | 展覧会
山内明さんが、個展を開いていると、今朝の埼玉新聞で紹介されました。
本庄市北掘のギャラリー茜という所です。
車椅子で入れるかどうかわかりませんが、行ってみたいと思います。

山内さんは、若い時、フランスで10年間絵の勉強をしてきた人です。
プロの画家です。

古典技法でしっかり描く絵が魅力的です。
レオナルド、ラファエロのようなレベルの作品があります。
今回は、ロダンの肖像が飾られているようです。
これは、晩年のロダンの写真を元に描いたそうです。

ギャラリー茜は、0495-24-4021です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加