絵画指導 菅野公夫のブログ

大好きな絵とともに生きてます

本庄のAさん 10号水彩

2017-08-19 | 通信指導
暫く本庄のAさんをご紹介しないでいましたが、この間、
水彩画の10号を描いていました。

それが、これです。



完成しました。

以前、モデル組みでご紹介して、合格を出したものです。

じっくり時間をかけて描いてくれました。
もう、このタイプの絵を描くには、必要なことを全て教えました。

次は、これを50号で描いて展覧会に出品できたらと勧めています。
赤ちゃんが1歳になりました。小学校の先生ですが、育休を利用して、絵の勉強をしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100号続き 2017年8月1... | トップ | 100号続き 8月24日 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本庄のAさん10号水彩 (はなしろ よしとも)
2017-08-27 21:54:08
はじめまして
はなしろと言います
本庄のAさんの10号水彩の、作品見させて頂きました。
自分が抱いている水彩画の概念を覆す作品で、
ノーマンロックウェルを連想させるものでした。
水彩画て実際にあのような描き方ができるのか
教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。
はなしろさま (pikaso)
2017-08-27 23:26:16
コメントありがとうございます。

はい、透明水彩絵の具です。
私の指導は、水彩画でも油絵に負けない絵を描く方法を教えています。
本庄第一高校の生徒たちに教えてきましたが、
この子達の絵を見たお客様は、多くの方が同じように驚きました。
Unknown (YK)
2017-08-28 23:29:24
小学校の先生でいらっしゃったんですね。これだけ描ける先生ならば、私のほうがA先生の図工の授業を受けてみたいと思うし、A先生から教わる子どもたちは幸せですね。
追加です。 (YK)
2017-08-28 23:30:26
A先生のF50見てみたいです。
YKさま (pikaso)
2017-08-28 23:41:30
10号は下絵のつもりでしたから、
50号は、これを大きくするだけです。
でも、大きいと同じように描けるかどうかという問題はありますね。
このAさんは、本当に素人ですから、基本デッサンを始めて9か月経ったところです。育休の期間なので、赤ちゃんから目が離せませんから、時間はなかなか取れないようです。
でも、地道にキャベツと新聞紙のデッサンはやってくれました。

コメントを投稿

通信指導」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。