絵画指導 菅野公夫のブログ

大好きな絵とともに生きてます

さわらび展のお知らせ

2016-07-24 | お知らせ
第24回さわらび展が、7月28日(木)~7月31日(日)に開催されます。



本庄第一高校美術部の展覧会です。
本庄市民文化会館で開催されます。

毎年楽しみにされているみなさん、ぜひお見逃しなく。

28日(木)は、13:00~18:00
29日(金)は、 9:00~18:00
30日(土)は、 9:00~18:00
31日(日)は、 9:00~17:00

です。

会期中のイベントとして、10分間のデッサン実演が見られます。
お客様の中からモデルをお願いして、描きます。
モデルをしてくださった人には、生徒が描いたデッサンをプレゼントいたします。

実施するのは、30日、31日です。午前の部は、11時から。午後の部は、15時からです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つきみ荘絵画講座のお知らせ

2016-07-05 | お知らせ
明日は毎月一回行っている「つきみ荘絵画講座」の日です。

昨年の4月から始めて16回目になりますが、今回は初めて美術史の話をします。

資料を用意しました。



これは、有名なサンピエトロ大聖堂です。バチカンです。
キリスト教の大本山カトリックの本拠地です。

この写真を見ただけで、一時間は話せそうです。

さて、ここには、有名な最後の審判がありますが、この写真のどの辺にあるでしょうか。



この写真のどこかに、この絵があるのです。

これは誰が描いたでしょうか?

その自画像はどこに?

この絵には、何人の人が描かれているでしょうか。?

この絵は、油絵ですか?

何問でも問題が作れますね。

ーーーー
答えは、まず、サンピエトロ大聖堂の右側に日本の建物の屋根のような形をしたものがあります。
寄棟という屋根ですが、その建物が最後の審判のある建物です。システィーナ礼拝堂と言います。

描いたのはミケランジェロです。

自画像は、皮を剥されたバルトロマイという人物で、中央のキリストから見て、右下辺りに皮だけの顔があります。

人数は、最近読んだ本に391人とありました。これまでは、約400人と言っていました。
誰かが数えたのでしょうか?ただ、小さく子供みたいなのがたくさんかいてあって、定かでない部分があるのです。

この絵の技法は、フレスコ画です。油絵ではありません。

このようなお話をしてみたいと思います。

ーーー

明日の1時半からです。無料ですから、興味のある方はつきみ荘に来てください。

つきみ荘の場所は、本庄市の利根川を渡る坂東大橋の右下です。

お問い合わせは

0495-22-3696

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つきみ荘絵画講座 7月の予定

2016-06-06 | お知らせ
つきみ荘絵画講座の7月は、「絵の話」を行います。

昨年は、これを行いませんでした。
いつも実技ばかりでした。
なので、初めて行います。

ーーー
資料は、私がある程度作ります。
皆さんは、参加していただくだけで結構です。

ただ、せっかくですから、何か絵について聞いてみたいことがありましたら、
質問をしてみてください。

私が答えられることでしたら、何でもお答えします。

例えば、前回は、水彩画の色塗り体験をしていただきましたが、どんな絵具を使うか、どのように使うかなどもある程度ご説明しました。そんな材料の話でも結構です。

また、有名な絵についての質問などもしてください。
ピカソは、なぜあんな変な絵を描いたのか?モナリザはなぜ有名なのか?
印象派ってなんですか?
レオナルドとミケランジェロとラファエロの関係は?
など、何でも結構です。

美術史について知りたいことがあれば、エジプトから現代までどこでもご質問にお答えします。

ーーー
一応、雑談形式で行いますので、まとまった知識にはなりませんが、知識ゼロの方でも気楽に聞ける内容にする予定です。

水曜日の午後1時半からです。

7月6日(水)午後1:30~4:00

場所  本庄市「つきみ荘」坂東大橋の下(本庄から伊勢崎に向かう橋)

参加費 資料のコピー代 200円



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢工房デッサン会のお知らせ

2016-05-05 | お知らせ
今日は、「夢工房デッサン会」の日です。

毎週、木曜日の午後1時半から4時まで、デッサンの勉強をしています。

場所は、児玉町文化会館セルディです。

ーーー
現在は、1、人物描き込みの日(50分)二枚。月に二回。

    2、人物クロッキーと石膏デッサンの日(10分)二枚。月に二回。

1と2を交互に行っています。月に4回ですね。第五週があるときは、1回お休みです。

2は、石膏だけでなく、始めたばかりの人には、トイレットペーパーのデッサンから基本デッサンをしていただきます。


ーーー
これは、まず、学ぶ目的をはっきりさせて、ある程度継続的に学ぶこと、気まぐれに参加するのではなく、毎回しっかりと参加していただくことが条件です。

デッサン会の内容は、上に書いた通りですが、普段描いた絵も指導いたします。

個人に合わせた指導を考えています。

これから、絵を始めてみたい人は、ご相談ください。
メンバーの人たちの絵は、ときどきこのブログでもご紹介していますので、
遡って、ご覧ください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つきみ荘 絵画講座のお知らせ

2016-05-05 | お知らせ
昨日は、月に一回のつきみ荘絵画講座でした。

新しい人が三人参加してくれました。

これは、誰でも参加できて、受講料は無料です。
本庄市以外の方は、つきみ荘への入場料が200円かかります。

毎月、第一水曜日の午後1時半から4時まで行います。

ーーー
昨年の4月から始めて、一年が経ちますので、以前から参加している人たちは、石膏デッサンをやっていますが、初めての方には、トイレットペーパーのデッサンからやっていただきました。

月に一回なので、体験していただくことが目的です。
次回は、風景画の色付け体験をしていただく予定です。

ーーー
私が描いた風景デッサンをコピーして、全員に配布し、それに色をつけていただきます。
私が書いた「塗り絵から始める水彩の風景画」という本の中のデッサンを使います。

塗り絵というのは、気楽にという気持ちで言っていますが、色付けは完全に本格的な風景画そのものです。

ただ、私が描いて見せて、それを参考にして自分でやってみるという体験をしていただきます。

「まなぶ」は「まねぶ」と言いますが、まず、真似から入ります。

ーーーー
なかなかできない体験ですから、この機会に、興味のある方はぜひ参加してください。

次回は、6月1日(水)午後1時半から4時まで。

本庄市の「つきみ荘」です。
利根川の坂東大橋の土手下です。

水彩絵具セットを一式ご用意ください。
子供が使うもので結構です。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加