井原すがこの想い

暮らしやすい町、安心して生活できることです
女性の声を活かします
一緒に考え、行動し、声を届けていきましょう

難しい領土問題 ・ 信州リンゴと大島ミカン

2016年12月13日 | 政治

 

県議会の常任委員会2日目、審議を終えて岩国の自宅に帰ってくると、信州からリンゴが周防大島からミカンが届いていました。リンゴは夏の長雨で例年ほどの味でないということでしたが、夕食後にいただいたものは十分美味しかったです。ミカンも今年は裏年で出来は良くないとのことですが、子供のころから食べている大島ミカンはやはり甘くて3つも一度に食べました。

プーチン大統領が明後日来日するため、県内各地や全国から集まった機動隊員が県内のホテルに宿泊しているのでしょうか、昨夜泊まった山口市内のホテル街の駐車場には警察関係の車両がたくさん停まっていました。宇部空港から長門のホテルまでノンストップで走るそうですね。

モスクワの公館にいた友人に今回のことを聞いてみました。彼は〝これまで長い間、北方領土の返還をちらつかせながら、日本から経済援助を引き出してきたロシアが、今の国内事情では絶対に領土返還はしない。まあ、経済関係が一歩前進したというのが結論になるのではないか。平和条約なんてまだまだだよ” と冷ややかな見方をしていました。
                   
              クリックしてご覧ください

     後援会HP     議会報告21号       フェイスブック

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の漢字「金」  | トップ | オスプレイの事故 ・ なまはげ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。