井原すがこの想い

暮らしやすい町、安心して生活できることです
女性の声を活かします
一緒に考え、行動し、声を届けていきましょう

ウィーンフィル ニューイヤーコンサート ・ むらすずめ

2017年01月30日 | 行事

 

夕方5時過ぎに研修が終わり岡山を出発、渋滞にも巻き込まれながら山陽道をひた走り、9時半ごろにようやく岩国に帰ってきました。途中の福山サービスエリアでカキフライを夕食にとり、むらすずめとタコ飯の素などを買いました。売店の一角には、やはりカープコーナーがあって、つい赤い箱のお菓子を買ってしまいました。

ウィーンの楽友協会で1月1日に行われるウィーンフィルによるニューイヤーコンサートに行ったという友人から、メールが届きました。着物を着ていてテレビにも映ったのよ!と興奮気味。なにより、グスターボ・デュダメルの指揮が最高で、涙が出るほど感動したそうです。確かデュダメルといえば南米出身の(たぶん貧困層)天才バイオリニストだったと思いますが、まだ30代半ばくらい、ウィーンフィルのニューイヤーの指揮者としては最年少でしょう。最後の〝ラデッツキー行進曲”の手の叩かせ方は、絶妙としか言えないと興奮冷めやらぬ・・という感じでした。

このコンサートのチケットもプレミアムな値段が付くそうで、カープの観戦チケットと同じね!と返信したら、ちょっと馬鹿にされてしまいましたぁ。
                    
              クリックしてご覧ください

     後援会HP   new    議会報告22号  new      フェイスブック

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワークライフバランス? ・... | トップ | 骨折のお見舞い ・ 座った大根 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。