井原すがこの想い

暮らしやすい町、安心して生活できることです
女性の声を活かします
一緒に考え、行動し、声を届けていきましょう

辺野古移設裁判 ・ もうお正月飾りが

2016年12月20日 | 政治

 

もうすぐクリスマスですが,草の根事務所にはひと足先にお正月飾りが届きました。これを見ると、大掃除もしなくては・・おせちの材料もそろえなくては・・など気ぜわしくなってきます。

沖縄では。普天間基地の辺野古移設を違法として国を訴えていた裁判で、沖縄県側の敗訴が決定しました。先日結審した厚木の爆音訴訟裁判の判決もそうですが、裁判所というのは、分立しているのではなく政府と一体であることを疑わざるを得ません。

そんな中、来月岩国基地に配備される予定のF-35Bについて、今日地元岩国市は予想した通り、配備を容認しました。オスプレイの事故も戦闘機の事故も、詳しい原因究明の報告もないまま、また防衛省は何も具体的な説明を米側に要求しないまま、ただアメリカが安全であるというその言葉だけを信じて(信じたふりをして)容認するしかないのかもしれません。しかし、それなら口先でごまかさないで、抵抗はできないこと、容認するしか方策がないという真実をきちんと市民に説明すべきです。  
                  
              クリックしてご覧ください

     後援会HP     議会報告21号       フェイスブック

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスプレイ訓練再開 ・ 担... | トップ | 戦闘機受け入れ容認のため上... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。