井原すがこの想い

暮らしやすい町、安心して生活できることです
女性の声を活かします
一緒に考え、行動し、声を届けていきましょう

沖縄県の辺野古埋め立て判決 ・ 敬老会

2016年09月18日 | 政治

 

雨の中、敬老会が各地区で開かれています。元気な皆さんにお会いできるのを楽しみに私も2,3か所の敬老会にうかがわせていただきました。明治43年生まれ106歳になられる女性と、父と同じ大正8年生まれの男性ともお話しすることができ、小学生の演奏や地元の方々の演芸を楽しんできました。お元気な皆さんにお目にかかって、私もお祝いしていただけるようになるまで元気で過ごしたいとあらためて感じた一日でした。

沖縄県の普天間基地の辺野古移設をめぐり、国が沖縄県を訴えた埋め立て許可取り消しが違憲であるとの裁判は、国の勝訴で高裁判決が出ました。国の辺野古での埋め立て工事ができるというお墨付きをもらったことになるのでしょう。これから上告されるので判断は最高裁に委ねられることになるとは思いますが、アンビリーバブル!です。

判決文を読んだわけではありませんので詳しいことはわかりませんが、判決の中には、埋め立てを取り消して工事を止めると日米関係に影響がでる、辺野古移設が唯一の解決策である、沖縄県の民意に反しても国の意思が優先される・・・などと述べられているようです。司法はいつから国の御用聞きになってしまったのでしょうか。砂川裁判を想起させるひどい判決です。日本は三権分立国家ではないのですね。

国は、参院選前の3月に急に和解して選挙が終わったらすぐに沖縄県を訴えるなんて、詐欺まがいです。
                      
              クリックしてご覧ください

    後援会HP        議会報告20号       フェイスブック

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うそ電話詐欺 ・ 白い彼岸花 | トップ | ニューヨークで爆発 ・ 台... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。