井原すがこの想い

暮らしやすい町、安心して生活できることです
女性の声を活かします
一緒に考え、行動し、声を届けていきましょう

昨夜の爆音 ・ 愛宕山の会

2017年07月11日 | 政治

今日は、山口県知事はじめ岩国市長などが上京し、防衛大臣に空母艦載機の岩国移駐容認を伝えに行きました。首長たちは、「熟考した、苦渋の決断をした・・」などといかにも悩んだかのような言い回し。それを受けたあの稲田防相は、手元の紙を一生懸命読みながら、「感謝する、地域振興策を考える・・・」という趣旨の発言をしていました。稲田氏のポストはあと20日しかありませんし、あんな人に言われてもとても軽い言葉にしか聞こえませんでした。

そんな中、愛宕山では見守りの会が開かれ、昨夜遅くまで続いた航空機の爆音のことが話題になりました。苦情の件数は、155件とここ数年では一番多く、基地周辺だけではなく錦川の上流や広島県などからも寄せられたそうです。しかし、いったん容認してしまえば、機数が倍になるともっともっとうるさくなるでしょうし、苦情を言っても聞いてもらえないかもしれません。”容認”という二文字が、これからどんな怖ろしい苦痛を伴うのか、首長たちは本当に”熟考”したのでしょうか?

              クリックしてご覧ください

     後援会HP      議会報告23     フェイスブック

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 参考人 前川前事務次官 籠... | トップ | 自然災害への対応 ・ 平和... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
苦衷??? (せいりゅう)
2017-07-11 20:51:44
記者会見する市長の顔からは苦衷の決断はまったく感じない。
なぜなら「笑みを浮かべた表情」、だから。
今日申し入れの時、昨夜の轟音の話しをしたのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。