S  U  G  A   A  T  E  L  I  E  R  

すがアトリエ : スガショウタロウ + A t e l i e r 生きる空間へ

当初の板金材

2017-07-13 | No.32継続

 

屋根に貼られていた波板を外すと、一枚だけ当初の屋根板金材が残さていました

あいにくすでに外されていたので、当初の状態がわからなくなったのですが

材料はそのものです

確かに図面にある通りの、アルミにも見えます

ただ戦後はジュラルミンも、供出により出回っていたとのことで

可能性もありそうです

戦後1946年 神戸元町にジュラルミン街できました

写真の縦の、店ごとの仕切り板のように見える所の部材で、

確かにきらきら光っています

これらは神戸の松蔭女子中学校に疎開されていた材料で、

川西航空機甲南工場での紫電改とかように、用意されていたものだそうです

写真の板がベコついているので、板金だと分かります

No32が着工されたのが、1955年なので、

その9年後にまだジュラルミンが残っていたのか少し怪しいです

ただアルミ精錬が再開されたのは、1950年代後半からとのことですので、

どちらもあまりしっくりしません

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No32継続 屋根部の改修 | TOP |   
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。