S  U  G  A   A  T  E  L  I  E  R  

すがアトリエ : スガショウタロウ + A t e l i e r 生きる空間へ

木造住宅の耐震診断と補強の物差し

2017-05-17 | Misc.  

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法 というのが、この5月に発表されている

これは何か?

1981年以降(新耐震基準)に建てられた木造住宅の耐震性能の検証方法

とある、以前からでていた下記の

1981年以前を対象とした、木造住宅の耐震診断と補強方法(2012年版)

と相まって、今建っている木造住宅のほゞ全体を、

ほゞ平等に耐震診断ができるという話のようだ

構造診断の技術的進歩と、耐震に対する最低基準の底上げが、

過去に建てられた木造住宅全体に、大まか面が残ることは争えないとは思うが

一定の網目がかけられ、今後それら勘案して、

一層の耐震防災化を求められることになるのだろう

今こうした検証法に掛けずに、安全と考えられるのは2000年以降の住宅ということらしい

今までは、地震国日本であっても

過去の建物とくに住宅については、技術的にどうすればよいか

とくに定量的な物差しがなかったに等しい

それが、ようやく物差しめいたものがでたことはできたこと

技術者として、きちんと評価しておきたい

火災からの防災で著しい弱点をもつ木造であるが

文化的にも、日本にしっかりと根付いてきた

耐震的にも、古い住宅であってもきちんと一定水準を確保することが可能となり

木造が、より幅広く一層発展することを期待している

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月13日(土)13~15時半 西... | TOP | 木造家屋のリフォームと耐震診断 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | Misc.  

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。