素ブログ

すのままで 今は二人暮らし ポリシー、こだわりはリアル日常です 自分に言い聞かせは 見栄を張るな

2016-09-18 11:20:43 | 日常
夕方6時半頃、ジムに行ってて遅くなったついでに、
スーパーでお刺身でも買って帰ろうと、駐輪場に着くと、友達とばったり会った。

「あら、久しぶり、元気だった?」

「それが・・・母親がホームに入って、足がねぇもう、動かなくて・・・」

軽い挨拶のつもりが、いきなり重い話なので、ちょっと気を引き締める。

「そう、身の回りのことができなかったら、しょうがないよね」

「そうだけど、毎月20万円もいるから・・・母親は無年金だし」

「へえ?・・・まぁ、あなたの兄弟でお金を出し合わないと、しょうがないね」

「まぁ、私は出していないけど、兄が全部出してるんだけどね」

「そらまた」

「だけど、兄が定年になったら、母親は家で介護するって言ってる、
20万円も痛いから、私も介護に行かないと・・・・
あなたはいいわねぇ、親がいないから」

ここで

「はいそうです、親がいないから良かった。」

って言わないことを見越して、
親がホームに入っていてお金がいるが、でも私の母親は生きているんだよ
の優越感を出している?

毎日のほほんと暮らしている私に対しての いらだち と愚痴ですかね。

私は軽い棘に刺さりながら、

「暗い顔で、棘を周りに撒き散らしたら、どんどん気持ちも暗くなって行くよ。」

と心の中で思うだけで、言わない。

自分の子どものことの愚痴も喋りだしたので、早々に話を切って、駐輪場に向かいました。

別の見方をすれば、友達は健康だし、家は持ち家だし、子どもはみんな健康じゃないの。


ちょっと高級なお刺身を買った。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふとふと不徳の致すところ〜 | トップ | 敬老で嬉しかったことと、ど... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む