あの日、儚い花に

2017-08-05 20:07:27 | 日記?

よし、薬が効いてきた。持ち帰った仕事をほどほどに進めよう。

 

む、花火の音が聞こえる。なーんか苦手なんですよねぇ。
打ち上げ花火だけじゃなく、手持ち花火も。
花火を見始めると、終わった後の虚無感を思い浮かべて妙に寂しくなる。
民生さんの言葉を借りると
「ラーメン食ってるそばからラーメン食い終わること考えてる」奴です。
EBIさんに対して言ったんだったかな?EBIさんって割とナイーブなとこあるよね。
私はEBIさんみたいにナイーブでも妖精でもないざっくばらん人間のつもりなのだけど、
花火に対してだけはその傾向が顔を出すんだよなぁ。花火にトラウマとか無いのに。
音を聞くだけで勝手にハイパーセンチメンタルモードが発動するので、
花火の音が聞こえるとヘッドホンで音楽を聴いてやり過ごしています。
花火が好きになれたら、もっと夏を楽しめると思うんですけどね。
あ、でもオードリーが花火でマッスルポーズ当て遊びしていた様子は見ていて楽しめた!
マッチョな友達見つければいいのかな…。あと花火1万円分買える財力…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋は 自転して 裏側を 見せず | トップ | 誰も急げって いわないし ひとり »

コメントを投稿