行く末遠ければ

生まれも育ちも富山県砺波市
地元サッカークラブ・カターレ富山を応援するブログ

第13節 ガイナーレ鳥取戦

2017-06-17 20:42:17 | カターレ富山
首位撃破を成し遂げるためにアウェイ秋田戦に乗り込んだものの、あとほんのわずかのところでとり逃してしまったカターレ。勝たねばならない試合を落としてしまったことは痛手ですが、それでも。
その悔しさも、勝利に値する戦いが出来ていたからこそ。
前節の得られなかった勝ち点は取り戻せないけれども、得られた経験は、無駄ではないし、無駄になどしてはなりません。
上位に食い込んでいくために必要なのは、勝ち点3のみ。
強い意識を胸に、連続アウェイ戦としてガイナーレ鳥取と対戦します。

鳥取は、ここ最近は4連敗を喫するなど、苦しい状況が続き。前節は連敗ストップには成功したもののドロー。なかなか結果が出せず苦しむなか、それでもなんとかホームゲームとなる今節から巻き返さんと気合いを入れていることでしょう。
結果だけ見れば振るわない鳥取ですが、それでも。勝てないなかにあっても、無得点の試合がないのが不気味です。
今季カターレは、逆転勝ちがありません。もし、なんらかのかたちで先制を許してしまった場合、気持ちだけ急いて結果無得点で敗れてしまった、ということにもなりかねません。もちろん、そうさせるわけには断じていかないのですが。
奇しくも、前節は前半のうちに先制しながら追いつかれてドローになってしまったチーム同士の対戦。課題の修正を勝利を結び着けるプレーを、徹底せねば。勝つことができるのはどちらか一方だけなのだから。

期待したいのは、平出。
守備陣のリーダーとして、前節の勝利を逃した苦い経験に、人一倍責任と悔しさを感じているはず。それだけに、今節にかける意気込みも相当なものでしょう。
鳥取に〝富山からは点が獲れない〟と打ちのめすような。そんな隙のないプレーでもって、無失点に押さえ込んでほしいです。
攻撃的ポジションの選手に関しては、正直誰を起用するのかわからないところがありますが、それでも。
前節、久々のスタメン起用に見事に応え、ゴールを挙げたイッキのように。
各々がみんな精一杯の勝利につながるプレーを徹底したならば。きっと、勝てると信じます。

今節の試合後、わずか中2日で天皇杯2回戦・神戸戦を連続アウェイ戦として戦うこととなるカターレですが。
まずは、目先の鳥取戦に全身全霊で臨むこと。
J3優勝を本気で狙うにふさわしいチームであることをリーグ戦の結果でもってしかと示すことこそが、格上たる神戸への礼儀でしょうし。

勝つことの難しさを突き付けられたからこそ。
それでも、勝利に対する揺るがぬ意志を、今こそ示すとき!
2年ぶりのとりぎんバードスタジアムでの試合。前回は敗れてしまっただけに、尚更。勝たねばならない理由しかないでしょう。
だから、勝て!
勝って、上位戦線にしっかりと食らいつけ!
必要なのは、勝ち点3!

勝たれ‼富山!!!!!
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無念のドロー決着。無敗阻止... | トップ | 今度は、守り切った!前節の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カターレ富山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL