末光道正のブログ  八尾から日本の政治を変えよう

労働者・市民・学生の団結を強めるコーナーです

8・24実名国賠裁判-8・27崇仁こん談会に集まろう

2017-08-23 22:04:26 | 全国水平同盟
■8・24実名国賠裁判-8・27崇仁こん談会に集まろう
全国水平同盟ブログ 2017年8月23日

実名国賠裁判 8月24日(木)午後2時~ 京都地裁

崇仁こん談会 8月27日(日) 午後2時~ 
  下京いきいき活動センター本館 うるおい館東棟第4会議室






  
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7・16全国水平同盟第6回大会(2) 写真速報

2017-07-20 06:27:17 | 全国水平同盟
全国水平同盟ブログ 2017年7月19日
















   



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7・16全国水平同盟第6回大会(1)全国から150名が参加。

2017-07-19 06:12:35 | 全国水平同盟
■2018年改憲決戦と一体で狭山闘争を闘い、ゼネストを切りひらくことを宣言
全国水平同盟ブログ 2017年7月19日






   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7・16全国水平同盟第6回大会に結集しよう

2017-07-09 18:26:53 | 全国水平同盟
■7・16全国水平同盟第6回大会に結集しよう
全国水平同盟ブログ 2017年7月8日





   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全国水平同盟 機関紙18号発行(12頁)

2017-04-04 20:03:36 | 全国水平同盟
■機関紙18号発行(12頁)
全国水平同盟ブログ 2017年4月4日


記事紹介

4頁:2・2狭山闘争の地平を発展させ、労働者階級の先頭で5・23狭山闘争に総決起しよう
6頁:植木団地闘争は高槻市の不当性と嘘を暴いた
   5・3決起集会-5・10証人尋問に総結集を!
5頁:2・17徳島刑務所集団面会闘争-「星野闘争と狭山闘争は一体」
7頁:1・31崇仁住宅裁判控訴審追い出し判決弾劾!
住民には住み続ける権利がある
8頁:4月13日実名国賠裁判、原告の意見陳述に結集を!
8頁:2月12日「舞鶴・狭山の集い」勝ちとる
9頁:西郡国賠控訴審判決弾劾!絶対反対の旗高く8家族先頭に国家権力打倒まで闘う
10頁:指定管理者は住民の追い出し、更地化と総非正規職化攻撃だ!
     住宅追い出し絶対許さん!
12頁:下水道民間委託絶対反対!解雇・不当配転許すな! 
     4月13日奈良地裁「義務付け訴訟」第1回裁判に結集を!

1部20円です。購読希望者は本部に申し込んで下さい。
基金会員など協力していただいている方には既に発送しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月15日西郡国賠控訴審判決闘争

2017-03-14 06:38:52 | 全国水平同盟
■3月15日西郡国賠控訴審判決闘争
全国水平同盟ブログ 2017年3月13日3月15日

西郡国賠判決闘争に結集を
3月15日10時大阪高裁別館ロビーに集まって下さい



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全国水平同盟西郡第4回大会勝ち取る

2017-02-19 18:37:14 | 全国水平同盟
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西郡住宅国賠控訴審 〝痛さがわかるか!〟 佃青年部長、追い出しを弾劾

2017-02-16 21:11:59 | 全国水平同盟


■西郡住宅国賠控訴審 〝痛さがわかるか!〟 佃青年部長、追い出しを弾劾

前進 速報版 2017年2月16日 13:13

 「私は本日の意見陳述を、2千万青年労働者の代表として、また2月2日の闘いを引き継ぎ石川一雄さんと一つになって闘います」。全国水平同盟西郡支部の佃文弘青年部長は、2月8日の西郡j住宅国賠裁判の第1回控訴審闘争で最初に宣言し、意見陳述に入った。
 「住宅追い出し強制執行は、私が育ってきたコミュニティ、共同体から暴力的に引きはがすものだった。それは私にとって身を切ることと同じだった。この痛さが、裁判長、分かりますか!」「仮執行宣言付住宅追い出し判決を書いた一審古財裁判長を証人として法廷に呼ぶべきだ」

 気迫のこもった陳述は大阪地裁202大法廷に響き、大阪高裁第1民事部・佐村浩之裁判長に迫った。弁護団も弁論に立ち、古財判決は「8家族を痛めつけ踏みにじり、苦しませることだけを目的とする判決で、司法権力の横暴だ」「裁判所は身内をかばうな」「証人採用せよ」と語気鋭く迫った。2人の陳述に傍聴団から戦闘的な合いの手と拍手が送られた。
 陳述に圧倒された裁判長は、何ひとつ答えることができない。結審と次回の3月15日(判決日)を述べ、一目散に法廷から逃げ去った。
 佃青年部長は大傍聴団を前に、「みなさんと一緒に裁判闘争をやりきり勝利した」と語った。
 総括集会の最初に原告団が発言した。「住宅闘争20年の集約であり、住宅闘争を通じて石川一雄さんと結びついた陳述としてやりきった」(佃青年部長)。「裁判官の顔を見ていたが、引きつっていた」(Yさん)。「どんな判決があろうと、われわれの闘いは間違っていない。今日の闘いを足がかりに全国に組織を拡大していく」(佃照夫副支部長)。「何があっても8家族は頑張って闘う」(91歳の島瀨とよ子さん)
 弁護団は「一つひとつの裁判の結果ではなく、それをのりこえ闘い続けることが大事」と訴えた。全国水平同盟の杉並支部、高槻支部、崇仁・東三条支部、さらに八尾北医療センター労組、命と健康を守る会などがともに闘う決意を述べた。
 西郡支部は、2月19日の第4回支部大会の大成功、さらに2月21日から5回にわたり開催される市営住宅への指定管理者導入のための八尾市説明会を決戦として闘い、2月26日の舞鶴大行動に総決起する。(全国水平同盟西郡支部・錦織進)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全国水平同盟 西郡第4回大会に集まろう

2017-02-14 18:31:16 | 全国水平同盟
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高槻・植木団地裁判 4証人の採用を決定 次回、植木団地組合員が証言

2017-02-10 06:21:00 | 全国水平同盟
■高槻・植木団地裁判 4証人の採用を決定 次回、植木団地組合員が証言

前進 速報版 2017年2月 9日 18:29

 2月3日、大阪地裁大法廷で「植木団地追い出し絶対反対! 高槻市弾劾!」裁判と高槻市が「明け渡しを求める」裁判(いずれも第2民事部・西田隆裕裁判長)の第8回目が行われました。植木団地労働組合の仲間が勢ぞろいし、全国水平同盟や労働組合、地域の仲間が駆けつけ意気高く闘いぬきました。
 今回の裁判は、植木団地側が申請した植木団地労組の3人と高槻市農林課特命チーム責任者・徳島の計4人の証人が採用されるかどうかが焦点です。高槻市は「書面だけで十分」と証人を1人も申請せず、早く裁判を終われというふざけきった態度でしたが、4人とも採用されました。

植木団地労組は、高槻市の追い出しの不当性、デタラメさを徹底的に暴き、植木・園芸業の労働者にとって植木団地がかけがえのない、生き働くための拠点であることを明らかにして高槻市を追い詰めてきました。
 追い出し絶対反対の闘いが証人を採用させたのです。さらに裁判長は高槻市に「市の責任ある誰かを証人申請することを検討したら」と促しました。高槻市側は予想外の展開にうろたえていました。植木団地労組は勝利感で一杯です。
 裁判後、植木団地労組の仲間と弁護団は「次回公判で高槻市を徹底的に追及する」と決意を述べ、証言する青年たちは「自分たちの思いをぶつける」と語りました。家族も「いつもあっという間に裁判が終わるが、次はやっと裁判らしくなる。ぜひ傍聴を」と訴えました。集まった仲間がともに闘う決意を次々と表明しました。全国水平同盟本部は前日に狭山裁判の再審を求める東京高裁包囲デモと要請行動を120人で闘い、石川さんと熱く合流したと報告しました。
 植木団地闘争は、高槻市の数々の妨害や国家権力による弾圧を打ち破って不屈に闘い団結を守りぬき、17―18年階級決戦の団結の砦(とりで)としてそびえ立っています。韓国やアメリカのようにゼネストの実現へともに闘いましょう。5月10日の次回裁判に結集しましょう。(北摂労組交流センター・上園耕作)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月8日(水)西郡国賠裁判 3時大阪高裁202大法廷へ

2017-02-08 07:44:49 | 全国水平同盟
■ムラの団結と共同体を守り、分断と民営化・非正規化とのたたかいの先頭に立つ8家族とともに闘おう
全国水平同盟ブログ 2017年2月8日





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年賀状 全国水平同盟

2017-01-02 13:40:00 | 全国水平同盟
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月18日東三条住宅裁判勝利報告会に集まろう!

2016-12-18 06:19:43 | 全国水平同盟
■12月18日東三条住宅裁判勝利報告会
全国水平同盟ブログ 2016年12月18日
午後2時東山いきいき市民活動センター集会場


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植木団地闘争 弾圧破り2周年集会 デモで富寿栄住民と合流

2016-12-01 21:19:32 | 全国水平同盟


■植木団地闘争 弾圧破り2周年集会 デモで富寿栄住民と合流
前進 速報版 2016年12月 1日 14:20

 11月27日、民主労総ゼネストと連帯する「植木団地追い出し絶対反対2周年集会」が、植木団地労働組合と全国水平同盟高槻支部の主催でかちとられた。会場の大阪・高槻市の植木団地事務所を埋め尽くす130人の結集で、勝利感にあふれるものとなった。
 冒頭、14日の植木団地労働組合員への弾圧をはね返して翌日奪還して今日を迎えたこと、植木団地からのデモ出発を認めないという高槻警察・高槻市一体の攻撃を打ち破ったことが伝えられた。これに大きな拍手が起こり集会が始まった。
 全国金属機械労組港合同、動労水戸、動労西日本、全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部が連帯発言に立ち、団結する仲間とともに弾圧をはね返して闘い抜いてきた植木団地労組を力強く激励した。
 主催者が基調報告に立った。「①大弾圧を完全に打ち破った。労働組合の団結には社会を根底から変革する無限の力がある。植木団地の自主管理闘争も民主労総のゼネスト決起と同じ闘いだ。②植木団地追い出しは、労働者を分断して職場を奪い、生活を破壊する攻撃だ。水平同盟高槻支部と植木団地労働組合を結成して攻撃をはね返してきた。③解放住宅建て替えは駅前再開発計画に組み込まれた富田地域一帯の更地化攻撃、『植木団地跡地利用』は追い出し・更地化のための口実だ。④市の主張は破綻している。水平同盟高槻支部の組織建設を進めよう」と訴えた。
 続いて全国水平同盟の各支部が発言した。西郡支部は「住宅追い出しの仮執行を認めた一審の大阪地裁裁判長を国賠闘争で追及する」と決意を述べた。同支部青年部長は「労働組合には世の中をひっくり返す力がある。西郡支部と八尾北労組の交流は団結・共同体をつくり、新しい青年が参加した。自分自身が責任を取ると決断したことで前進した」と報告した。京都・東三条の仲間は「住宅裁判に勝利した。母の住居の継承が却下されたのは許せない。最高裁まで闘う」と決意を表明。杉並支部は狭山闘争での東京高裁包囲デモを報告した。
 地元の高槻医療福祉労働組合は、動労千葉訪韓団220人の闘いの歴史的意義を提起した。大阪北部ユニオンに続き、婦人民主クラブ全国協議会大阪北摂支部は「A2―B―C」上映会の画期的成功を報告した。京都大学同学会の作部羊平委員長は「全学ストに向け闘う」と決意表明した。
 植木団地労働組合員が「水平同盟、各労働組合の皆さん、力強く団結していきましょう!」「2年間闘いました。やれる限り闘います!」と口々に決意を表明し、家族もともに闘う決意を述べ、会場の熱気が高まった。
 水平同盟の久原正子委員長のまとめを受け、雨の中を元気よくデモに出発。富寿栄住宅では家の外でデモを迎える人、子どもと一緒にベランダから手を振る人などと交歓し、水平同盟高槻支部の組織拡大へ向け勝利を確信できる闘争となった。
(北摂労組交流センター・三瓶鶴清)

〔写真〕植木団地事務所に130人が結集。水平同盟高槻支部建設へ大きく踏み出した(11月27日 高槻市)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東三条住宅高裁判決 "追い出しは信義に反する" Bさんの住居を承認

2016-11-26 06:44:19 | 全国水平同盟


■東三条住宅高裁判決 "追い出しは信義に反する" Bさんの住居を承認
前進 速報版 2016年11月24日 17:48

 画期的な勝利をついにもぎとりました。京都・東三条の改良住宅に住むBさんの住宅追い出し反対裁判の判決が、11月17日に大阪高裁第11民事部(山下郁夫裁判長)で出されました。Bさんが当然の権利として主張していた亡母名義の部屋の相続は却下されましたが、Bさん名義の部屋の賃借権は認められ、Bさんのものと認定されました。
 「母名義の部屋を返せ!」と立ち上がったBさんに、京都市は報復的にBさん名義の部屋からの追い出しにかかりました。しかし、京都市の主張を認めた一審判決(3月28日)をひっくり返し、住居を守りぬいたのです。京都市によるBさん名義の部屋の契約解除は、東三条を更地化するために住民を追い出す攻撃です。これを裁判所が「信義に反する」と言わざるを得ない力関係を強制したのです。
 また、この勝利は、応能応益家賃制度の導入による家賃値上げに反対する住民を裁判で追い出し地域を更地化する市の攻撃を止める闘いの橋頭堡(きょうとうほ)を築きました。なによりも団結を守りぬき、すべてを奪い返す闘い、資本主義打倒の闘いとして、着実に地域拠点の建設に向かって進んでいます。
 裁判後の勝利報告会には全国水平同盟西郡支部・高槻支部・崇仁(すうじん)支部準備会、関西各地の仲間がかけつけました。Bさんと全国水平同盟は、直ちに完全勝利をめざして最高裁に上告しました。
地域の絆を回復
 更地化は地域の団結、共同体を破壊する攻撃です。Bさんの闘いは、あきらめずに絶対反対で闘えば勝てることを示し、団結と共同体を守りぬきました。この勝利は、これまで住宅・市営浴場・診療所などを奪われ破壊されてきた地域の絆を回復させるきっかけになります。また、高槻・植木団地闘争への弾圧を粉砕した勝利とともに団結を取り戻す闘いのうねりをつくります。
 判決から3日後の20日に東三条と同じく京都で住宅からの追い出し・更地化する攻撃と闘う崇仁で懇談会が開かれました。Bさんは「わずかな勝利だが、京都市のこれまでの更地化攻撃に風穴を開けた。希望の光が見えた。闘ってきてよかった」と述べました。
 崇仁支部準備会は東三条裁判の地平を崇仁裁判につなげ、診療所廃止反対署名運動を進め、更地化を粉砕する闘いの責任をとる決意でいます。
水平同盟建設を
 「こんな腐った社会を変えよう」と、労働者を先頭に韓国全土でパククネ打倒の闘いが爆発しています。新自由主義による住宅追い出し・更地化反対の東三条・崇仁の闘いも一体です。11月国際共同行動の力が、更地化絶対反対の闘いを「奪われた住宅、医療など生きる糧を取り戻す闘い」へと押し上げています。
 勝利するためには新自由主義に絶対反対の旗を掲げる全国水平同盟の存在が決定的です。住宅からの追い出し、地域の更地化に反対するすべての人は全国水平同盟に加盟して闘おう! 強大な全国水平同盟を建設しよう!
  (京都 朝霧広巳)
〔写真〕裁判後の勝利報告会で上告審での完全勝利を誓った(11月17日 大阪弁護士会館)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加