goo

「木々との対話」




明日で終ってしまう展覧会なのですが、
土屋仁応さんの作品を観たくて、
上野の都美術館に、慌てて行って来ました。
犬や猫、羊など実在の動物と架空の動物、龍やユニコーン、鳳凰など、
かわいらしく、静かな雰囲気の中に、
軽んじることの出来ない、神秘的な美しさを感じます。
土屋さんの印象的な言葉として、
「森林もそうですが、木材は作者や観る人の『気』のようなものを、
吸収したり浄化したりしてくれる実感があります。」
やはり、植物と深く関わってゆくと、このようなことを
自然と感じるのだろうなと思いました。
他の方も展示されていたのですが、その中で
須田悦弘さんという方の作品も興味深いものでした。
この写真の赤いバラも、なんと木彫りなのです。
花びらの一枚一枚、葉っぱもとてもリアルです。
他にユリもありました。
雑草の作品も多くあるそうで、思いがけない場所に
展示してあって、ユーモラスでした。



















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 雑草流フラワ... 2017 卓... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。