ゼロから成功をつかんだ僕の話 〜メンターに教わった成功哲学〜

死のうと思ったあの日から、劇的に人生が変わった僕の話。
Twitter ID : @keepgoing756

2016年10月10日講演会2

2016年10月16日 | 講演会
「お金の使い方を学べば、必ずやお金に困らない生活ができますし、お金の使い方を学ばないままでは、いくら稼いだところでお金の心配は尽きません。そして、もっとも難しいことはお金の使い方を学んで、実践すること。それを継続することです。
継続というのは、確実に僕たちを成功の方へ導いてくれますが、継続ができる人はほんの一部です。
例えばダイエット、様々なダイエット方法が巷に溢れています。要は運動して基礎代謝を上げ、消費するカロリーを上げる。食べる量を減らし、摂取するカロリーを減らす。消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せるんですよね。それは誰でもわかっています。しかし、次から次に新たなダイエット法が生み出される。
1日ならできる。でも、1ヶ月は続けられない。そしてまたダイエット情報を買う。その繰り返しです。手に入れるべきは新たな情報ではなくて、継続する手法です。
自己啓発本も同じですね。新たな情報を手に入れて数日は実践する。そして止める。なんの効果も感じられない。この成功法則はダメだと、次の本を買いに行く。この繰り返しです。
どうして僕たちは、わかっているのに継続ができないのでしょうか。ひとつは飽きるということ。もう一つは途中でやめても誰もそれを咎めないということが原因でしょう。
1日1000円貯めていれば1年で365,000円貯まります。それを10年続けていれば3,650,000円貯まります。でも、そんな貯金もっている人はここにいませんよね?1日1000円。1ヶ月31,000円くらいなら貯められそうでしょ?でもそれができない。」

私もNさんの秘書をするようになって、何度もその話を聞いているのに僕自身自分に甘えてしまっていることを恥じた。

「でもどんな人でも継続できていることがありますね。歯磨き、入浴などです。なぜでしょうか?歯磨き、入浴をしなければ不快感があるからでしょう。なにかの継続を始める時に、これをしなければ不快感があるということであれば誰でも苦なく続けられるのです。
あとは、毎日会社に行くことはできてますね?朝起きるのは辛い、満員電車はきつい、冬は寒い、夏は暑い。それでも毎日会社に行くことはできますね?それは強制力があるからでしょう。会社に遅れれば信用を失う。上司に怒られる。だからこそ辛いのですね。
半年くらい前から僕は生徒をとって、正しい方向に向かって継続ができるようサポートするサービスを始めました。3ヶ月で15万円と高額ですが、このお金を払うということも継続の助けになっていることがわかりました。過去に何度か無料で引き受けたことがありましたが、例外なく全員が途中で投げ出しました。今の生徒さんたちは全員が継続できています。中には自分の会社をスタートさせた人、夢を実現した人もいます。
僕の生徒になれとは言いません。それでも成功したければ、なんらかのリスクを背負って、覚悟を決めましょうということです。それと誰かに宣言する。夢に向かった努力ができたかどうかをその誰かに報告する。振り返りと報告する相手を見つけましょう。それが唯一の成功法則です。」

「みなさんも思い返してみてください。ダイエット、勉強、早起き。なんでもいいですが継続するぞ!と決断していつの間にか辞めてしまったという経験はあるはずです。
"いつの間にか"これが継続をストップさせる犯人です。例えばジョギングを毎日続けると決断する。1週間続いて、雨が降っているからと1日休む。その次の日も雨が降って、また1日休む。すると次の日は走るのが億劫になる。そしていつの間にか辞めてしまう。習慣になる前に辞めてしまうのです。継続する何かを辞めてしまった時に、自分がどう感じたか。自分の中の声はどんな言い訳をしたか。それを丁寧に振り返りましょう。
1人で継続に挑戦しようと思った時には、僕は日記をつけることをお勧めしています。継続できたときにどんな感情になったか、休んだ時にはどんな言い訳をしたのか。その日その日の感情を大事にしましょう。」

周りにはメモをとる人もいた。全員が真剣な顔で成功を求めていた。
そしてNさんの話はまだ続いた。

続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月10日講演会1 | トップ | 2016年10月10日講演会3 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。