ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

ファンと記念日

2017-07-11 04:22:58 | Weblog
某鉄道番組を見た。
とある区間の蒸気機関車が最後のダイヤということで、鉄道ファンが大勢集まったという話であった。

ふと思う。
「最後の記念」に集まるのは、はたして「ファン」なのだろうかと。

日本人は当ブログ並みに極端が好きな民族なので、これを展開してみよう。

ファンならば「最後の記念」とか「見納め」だから集まる、では失格ではなかろうか。
最後でない普段の日、ファンは何をしていたのであろうか。

もちろん、365日集まれとは言わない。それはそれで日常生活に問題のある≒社会的にも問題のある、様態である。

だが、「最後だから記念に」というのは、「転売ヤーの心境」に似ているのではあるまいか。

真にファンならば、その鉄道が廃線にならない広報活動を普段からする、あるいはそれが「区間改良による除籍」ならば、新しいものを迎え入れる柔軟性が必要ではなかろうか。

こと最後に、記念に、が多い「ファンなるもの」について、思ったことである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次の大規模航空事故はユナイ... | トップ | 便秘、新世界より、老化しな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL