ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

ダーウィン賞再定住対象者

2017-07-14 04:29:22 | Weblog
さて、私は障害者であるが、その他もろもろの病気を抱えている。

先日の整形外科にて、器質性の病気が悪化・表出化したとの診断結果が出た。

器質性の病気2種、現在根治法の無い病気4種、その他、医師のカルテだけでも10行程度、独立した病気にかかっている。

もちろんその中には、器質性の病気から併発した全く別の病気も含まれる。


これはもうダーウィン賞を授与されるべきというか、「させるべき」かもしれない。

現代日本に期待していないが、世が世なら最終解決対象者であっただろう。
まあ、それでいいかもしれない。
安易な現日本社会より、端的な世界の方が好きである。
「高い城の男」(ドラマ版)のジョン・スミスも万が一息子がこの状態だったら迷わず安楽死送りにするレベルなので、それはそれで個人の一つの「解決法」なのは確かであり、そこに「生の尊厳」などという単純な考えを持ち込むことこそ、健常者達の自己満足であると当ブログは思う。

従って、当ブログは安楽死等を現段階では否定はしないスタンスを取る。

もちろん、だからといって当ブログ自身が死を選択するかといえば、それは別問題である。

現日本社会に期待していないからこそ、現日本社会になるべくの損害を与えることはメリットと言えなくもない。
病人が非常に生きにくい現日本社会であるが、だからこそこちらもしゃぶりつくす精神で対応したい。

「個は全体の為に」が、日本社会の“本音の美徳”であるように、当ブログの美徳もまた違うのである。

いやしかし、今回の器質性の病気は加齢とともに表出することが多く、対症療法しかないので患者も我慢できずに医者に八つ当たりするというが、これまでの病歴からしてあれだな、健常者はこの程度で喚き散らすのか、とつくづくうんざりさせられる。

やはり、ダーティボムとかバイオテロとかに期待するしかないのだろうか。
非人道的?
だからこそではないか。

4人そろってサリンジャー!
地下鉄に参上!
喰らえ傘突き!ビニール袋!

不謹慎?
そういう言葉自体(以下略。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 便秘、新世界より、老化しな... | トップ | 優劣 追記:支持率 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL