ロード・マーシャル時事報告場

ロード・マーシャルによる日記等である。閲覧するにはトップページにある警告(規約)に同意すること。

あたしのロジーナ

2017-06-18 11:26:32 | Weblog
あれはあたしがまだ8つの頃の話

パパ(ロシア)とママ(共産党)と行った夢の楽園

大きなパンが欲しくって 泣いた

そんなあたしにパパが与えたのは 空想の理論「共産党宣言」

作り手(レーニン)の過ちで口がないから 何も言えない思想 ロジーナ

それを両手に抱えてみつめるあたしに パパが言ったのよ 全てはロジーナ

あなたに服は似合わない(強制徴発) 脱がして輸出してしまいましょう(飢餓輸出)

裸になったあなたを抱くと ひとつになれた気がしたわ(同一階級)

あたしのロジーナ 眠れない夜も(NKVD夜の訪問) 何も言わず ただ側にいてくれた

あたしのロジーナ その目にあたしが映るたび想う 楽園の牢獄

裸の私を見て 西側が言ったわ “自分をなくしちゃったの? じゃあ 教えましょう”

親戚の国がいろんな自由化を それはたくさん作ってくれたわ “でも全部 捨てられた”

どうしてと西側は怒るけど じゃあ西側 どうしてわからないの? 平等の美しさを…

わたしのことは 祖国が 一番よくわかってるのよ(ソヴィエト・ロシアでは祖国があなたを作る)

(ナチスからソ連を)守るように言われた時 あなたの声が聴こえた気がしたわ

あたしのロジーナ 声にならない声が響くのは 督戦の恐怖

あたしのロジーナ その鼻に耳に テープを貼って いいこね 瞼を閉じて

あたしのロジーナ あたしが死ぬ時は あの部屋を思い出してね

あたしのロジーナ そして新しい 淋しがりの誰かを共産党員にしてあげて

ウララー ウララララー...



ロジーナ:故郷・祖国の意
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘタレの伝統 | トップ | 宇宙人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL