イタリア料理

今迄訪れたイタリアレストランやイタリア料理の事等を書いています。

仔牛の脳みそのバター焼き(Cervello di vitello impanato)

2017-06-14 07:31:05 | レシピ
今回は少し特殊な食材、仔牛の脳みその料理です。

この記事を見て気分を悪くされた方がいたなら申し訳ありません。

日本ではほとんどなじみの無い食材だと思います。

イタリアでは、仔牛の他に仔羊、豚等の脳みそもお肉屋さんで売られています。

フライにして食べる事が多いようです。

好きな人と嫌いな人に分かれるようですが、脳みそが好きな人にはたまらない料理の様です。


仔牛の脳みそは表面の薄皮と血管を丁寧に取り除いてから氷水にしばらくさらします。




鍋に水、レモン、玉ねぎ、セロリ、ニンジン、塩を入れてしばらく煮ます。野菜を取り除いて脳みそを入れて数分間、弱火で煮ます。




茹であがったら水気を取って、スライスします。




塩コショウをして、小麦粉を薄くつけ、溶き卵にくぐらせて、パン粉をつけます。
澄ましバターで両面をこんがりと焼き上げます。




食感はとてもなめらかで白子に似ています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラテッロ ディ ジベッロ... | トップ | 今日のパスタ80 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL