イタリア料理

今迄訪れたイタリアレストランやイタリア料理の事等を書いています。

カルチョーフィ

2016-11-20 08:54:56 | レシピ
カルチョフィ(アーティーチョーク)が出回り始めました。

日本ではあまりなじみのない野菜ですが、イタリアでは、前菜や付け合わせの野菜として食べられる野菜です。

花が咲く前の蕾の部分を食べます。あくが強いので、手早くした処理をして、レモン汁を混ぜた水に漬けて変色を防ぎます。

生の物を薄く切ってサラダにしたり、煮てたべたり、パスタのbソースにするなど、色々な調理法があります。

今回は、熱い灰の中に丸ごとのカルチョフィを入れ調理しました。


カルチョフィの蕾を広げて中に塩、オリーブオイル、野生のミントを入れます。


熱い灰の中に埋め込み、さらに灰を被せて15分位そのまま調理します。


焼きあがったら、取り出して、外側の葉の硬い部分と焦げた所を取り除きます。


蒸し焼き状になり、炭火の香りがする熱々のカルチョーフィの出来上がりです。
食感は、少しタケノコに似ているでしょうか。少し苦みのあるホクホクした感じがとても良い感じです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パネットーネ(Panettone) | トップ | 猪のレバー(Fegato di cingi... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL