スバラ式生活

酒匠まゆみ
お酒のこと。うちの食卓。美味しいレシピ。

中華風ロールキャベツ

2008-01-31 | 中華


<材料> 2人分

・豚ひき肉.....100グラム
・ネギ.....10センチ
・椎茸.....1個
・生姜.....1/2かけ
・ニンニク.....1かけ
・塩、胡椒.....少々
・老酒.....小さじ1
・ごま油.....小さじ1

・キャベツの葉.....4枚

(煮汁)
・鶏ガラストック.....1カップ
・老酒.....大さじ1
・塩、胡椒.....適宜
・醤油.....小さじ1

・ごま油.....小さじ1


<作り方>

1.キャベツはサッとお湯に通してやわらかくする。

2.ネギと椎茸はみじん切り。
 生姜とニンニクはすり下ろす。
 
3.タネの材料を全部混ぜ合わせる。

4.キャベツにタネを置いて、端からクルクル巻く。

5.鍋に煮汁の材料と巻いたキャベツを入れ
 コトコト煮る。

6.最後にごま油を入れ、皿に盛る。
 お好みでラー油にしても。
--

キャベツが丸ごとあったので、大きい葉っぱを利用してロールキャベツ。
ウチは鰹と昆布のダシで和風に煮ることが多いのだけれど、今回はちょっと中華風に。ガッツリした味付けの割には、キャベツの優しい甘さで全く重くはありません。

--
 
コメント (14)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

里芋の揚げ煮

2008-01-29 | 和食/副菜


<材料> 2~3人分

・里芋.....8個

・片栗粉.....適宜
・揚げ油.....適宜

・だし汁.....1カップ
・みりん.....大さじ1
・醤油.....大さじ1

<作り方>

1.里芋は皮を剥いて、食べやすい大きさに切る。

2.サッと下茹でする。
 水気を拭き取る。

3.片栗粉をまぶし、油で揚げる。

4.煮汁の材料と一緒にコトコト煮る。

5.皿に盛り、好みで生姜と三つ葉を散らす。
--

ただの煮物なんですけどね。一度揚げることによってコクがプラスされ、里芋だけなのにとっても美味しいの。煮汁も絡まってお出汁の香りを堪能出来ます。お酒のアテにピッタリなので、美味しい里芋があるときは必ず作る1品。息子も大好物!

--
 
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

お弁当

2008-01-29 | お弁当


・切り干し大根 ・ゴボウの豚肉巻き  ・レンコンの炒め物 
・インゲンの炒め物 ・ゴボウと人参のきんぴら 
・サツマイモとリンゴのレモン煮  ・ご飯




・スナップエンドウの炒め物 ・ヒジキ煮
・唐揚げ ・レンコンのきんぴら ・ハッサク
・ご飯 梅干し



・ご飯 そぼろ たまご
・絹さやとパプリカの炒め物 ・レンコンの梅和え
・サツマイモの煮物 ・ミニトマト


息子のお弁当が始まったので、主人のお弁当もついでに...。
ところがこの間は、作ってから「今日は荷物が多くて重たいんだよ。」と。それでも無理矢理持たせますけどね。悔しいから、今度はご飯2合くらい入れて、もっと重たい弁当を作ってやるわ。
--
 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

シニフィアンシニフィエ@日本橋高島屋催事

2008-01-28 | パン屋


銀座にお勤めのチキチキさんから「日本橋高島屋で催事しているよ!」との情報を頂き、早速行ってきました。
連絡貰ってからすぐに行ったんですが、今頃アップ...。でも、今回は1ヶ月のロングランです。う、嬉しい!!!バレンタイン用のチョコレートが入ったシュトレンも販売しておりました。食べたいけど、通常のシュトレンと同価格なので購入は躊躇...。

催事は2月19日までなので、お近くの方は是非。
これに伴い、三宿のお店は19時閉店とちょっと早めになっていますのでお気を付けくださいね。

さて、大大大大好きなシニフィアンシニフィエ。
何と言ってもバゲットは最高です。定番のプラタヌもいいけど、実はこのアン・プがとっても好みだったりします。
何度食べても美味しいよぅ。



これは初めてかも。
通常販売されているパン・オ・ショコラの表面にピスタチオ風味のクレームダマンドがのったショコラ・ピスターシュ。
ちょっとピスタチオの風味が弱いのが難点ですが、とにかく生地の美味しさと言ったら。サクサクザクザクいった食感に加えてリッチなバターの風味。それなのに、ちっとも重たくなくてペロリと食べられてしまいます。



褒めることしかできないけど、ここのオリーブのパンもさすがの出来栄え。
そのままで良し、チーズを乗せて良し、なにげに甘いハチミツとも相性いいんだから偉いです。そして、オリーブの美味しいこと美味しいこと。



ピカンは胡椒のピリリとしたアクセントが美味しい、ビールにピッタリのパン。



パンドミは、ちょっとあたしが求めているモノとは違うのだけれど、ワンランク上の食パンって感じ。出来ればこういうのは毎日の朝ご飯に食べたいので、特徴のない至って普通のが好きなのよねぇ...と贅沢な注文。だってこれ、食パンなのにワインに合っちゃいそうなんだもん。

久しぶり(と言っても食べるの1ヶ月ぶりかな)のシニフィアンシニフィエのパン達は、やっぱり感激を与えてくれるものでした。大満足!催事中、通っちゃうわ。

(※ 三宿の店内で味わうのも最高です。
--
 
コメント (28)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鶏肉のオレンジ煮

2008-01-27 | 洋風


最近、レシピネタが無いので、随分前に作った鶏肉のオレンジ煮の画像を引っ張り出してみました。

確かこの日は、鶏もも肉1枚を家族3人で分けるという、何ともケチくさい夕飯。なので、誤魔化すために鶏肉が一口サイズに切られているのです。ハハハハハ。

簡単なレシピを。
鶏肉に、塩、胡椒、おろしたニンニクをすり込みます。
オリーブオイルで両面を焼いたら、チキンストック(固形ブイヨン+水で代用可)でコトコトやわらかくなるまで煮込みます。
鶏肉を取りだし、オレンジをギューと絞って煮詰めます。オレンジが無ければ、100%オレンジジュースでもオッケー。
塩、胡椒で味付けをし、鶏肉を戻してサッと温め直します。

後はお皿に盛りつけたら出来上がり。
フレンチとかのメニューに鴨のオレンジソースってありますが、鶏肉でも相性はバッチリなのです。
息子だけでなく主人にもウケがいいので、たまーに作るの。簡単でオススメ。
--
 

コメント (18)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加