名古屋の絞りマン

会社員の独り言 (辛口の社会批判記事)

     SU3824で一位検索できます

COP10によせて( 日本オオカミも絶滅しました)

2010-10-23 05:43:21 | 社会
当事者にとって、熊の、射殺はやむ得ないかもしれません。しかし人間の都合で、絶滅された動物はたまりません。

かって、日本にはオオカミが住んでいました。北海道に住んでいた、エドオオカミと本州、四国、九州に住んでいた、ニホンオオカミです。人間にとって、オオカミは危険な動物です。

このうち、明治の初めまで、北海道に数多く住んでいた、エドオオカミは人間に駆除され、明治29年には、滅んでしまいました。

また、ニホンオオカミのほうも、明治38年には、人間様にほろぼされてしまいました。一説では伝染病の影響かともいわれています。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奄美の豪雨 | トップ | 疲労回復には食べ物です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事