名古屋の絞りマン

会社員の独り言 (辛口の社会批判記事)

     SU3824で一位検索できます

漱石の一目ぼれ

2016-10-18 05:18:34 | 歴史

ドラマではヒステリックな漱石が強調されていましたが実際はどうなんでしよう。

実際の結婚エピソードは漱石が大学を出て2年目、明治28年の秋トラホームを患って眼科へ通っていた。その患者の中に背が高くて美しい女性を見つけ、この女性なら嫁にしても良いと思い込み、勝手に自分の嫁にすることを決めた。

一方女の母親は漱石が娘を嫁にもらいたがったのを知り、漱石が当時住居にしていた尼寺の尼にさぐらせ、娘がほしいなら、夏目家側の方から縁談を申し込むのがスジだといいはった。

漱石は漱石で、俺が嫁にしてやるるので、嫁の母親の方からお願いに来るのが当たり前だと、つぱっていた。

こんな両家であったがとりあえず結婚したのである。

歴史に名を残す偉大な人物は今も昔も変人が多いいようです。我々普通の生活をしている凡人は偉人にはなれません。

 

『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石原慎太郎の罪 | トップ | 名門高校刃傷(にんじょう)事件 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む