名古屋の絞りマン

会社員の独り言 (辛口の社会批判記事)

     SU3824で一位検索できます

国宝犬山城

2017-07-15 05:33:31 | 文化

尾張上四郡守護織田信康が1537年に築城、関ヶ原の合戦後尾張清州藩主となった松平忠吉の家老小笠原吉次が入城、1607年には徳川義直が尾張藩主になると付け家老平岩親吉が城主となる。子がいなかったため付け家老の成瀬正成が城主となり、以後9代にわたり城主を勤め、明治維新を迎えている。

1868年明治政府は犬山を犬山藩に格上げしている。

 

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【日本遺産】やばけい遊覧~... | トップ | 九州北部豪雨は昔から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む