名古屋の絞りマン

会社員の独り言 (辛口の社会批判記事)

     SU3824で一位検索できます

日本が戦争に負けたのはインディアンのせい?

2016-12-10 05:26:40 | どうでも良い知識

太平洋戦争が激しくなった時、日米両国にとって情報活動が大きな関心事になった。情報専門家は敵の暗号を数時間から数日かけて解読していた。米国では自国の暗号を解読できないものにしようと、世界で最も難しいといわれているナヴィァホ語を使うことを考えた。英語のわかるナヴィァホ.インディアンが集められ、日本側に絶対に見破られない暗号が作られた。戦争が終わるまで420人のナヴィァホ.インディアン協力したおかげで、大成功をおさめました。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木造再建サセテチョ | トップ | 帰省土産をお得に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

どうでも良い知識」カテゴリの最新記事