ON THE ROAD

OVER30の青春LIFE

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白夜行 第一話

2006-01-14 22:01:22 | MOVIE・TV
 このクールで一番期待しているドラマである「白夜行」が始まった。やっぱり映像化されるとイメージが違うね。それに思うところがいくつかあった。

①武田鉄矢の変な関西弁(ていうか関西弁になっていない
②子役の演技は素晴らしかったが、大人なの汚い部分のシーンなので倫理上どうなの
③亮司のイメージが違う
④原作と違って15年が経過していないので2005年では時効になっていない

 ①に関していえば、九州の人間だから仕方ないのかもしれないがちゃんと役作りしようよって感じだね。
 ②については特に雪穂役の子が演技派だよ。亮司が父親を殺害したシーンで身代わりになると言った彼女の悲しげな笑顔は素晴らしかったと思う。そんな子役達にこのようなシーンを演じさせるのは倫理上どうなんだろう最近の子供たちはませているから、そんなもんなんだろうか?
 次の③については亮司がどうも弱々しく見えるのは気のせい原作では暗くても誰にも何事にも屈しない強い亮司のイメージが強かったと思う。今回は子供時代のシーンが多かったせいもあるのかもしれないので今後気をつけて見てみたいと思う。
 最後の④は原作では20年にも及ぶ彼らの話であったがドラマの14年では時効になっていないという事でドラマならではの展開もあるのではないか。

 セカチューコンビが主演で話題を集めているこのドラマだが、セカチューとは違った悲しいお話だよね。セカチューのノリで見ると期待外れになるのかもしれないけど、これだけのキャストを揃えてTBSもいわばホンキのこのドラマは見る価値あるね。何てったって原作がいいから


追記:子役の二人の会話で何故チャゲ&飛鳥が出てきたんだろうと考えるとこの1991年にはチャゲアスの「SAY YES」が主題歌だった「101回目のプロポーズ」が夏に放映されていたんだよね。だからあの有名な“僕は死にましぇ~ん”のシーンもあったのかなと・・・ただこの「101回目~」はTBSじゃなくてフジテレビのドラマだったよなぁ。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲームの名は誘拐 | トップ | 小早川信木の恋 第1話 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルル)
2006-01-14 14:50:54
こんにちは!



原作と違うと言う噂は

小耳にしてます(笑)

ドラマとしてはいい出来かな、

と思ってますが。



二人の未来が暗いとわかっていても

ひかれる作品ですね~。

東野圭吾の力かな。。



今後もよろしくお願いします!
こんにちは (たかとう)
2006-01-15 02:04:46
先日はTBありがとうございました。

言われて初めて気がつきました>時効になっていない

た、確かに……

それが今後ストーリーに関わってくるのかも、気になりますね。
TBありがとうございましたm(_ _)m (まこ)
2006-01-15 16:27:12
「僕は死にましぇ~ん!」おっしゃるとおり、

他局なのに、いいのかっと突っ込みそうになりました(笑)。

全体的に重くて暗い展開なので、せめてものというスタッフの遊び心なんでしょか

原作は未読なので、読まれた方のご感想はとても

参考になります。亮司のイメージや時間の経過の違いは

ドラマ化にあたり、あえて変更したのかどうかも

今後の楽しみになりそうです
こんにちは、小春です♪ (小春)
2006-01-15 17:44:58
武田鉄矢の関西弁、確かにちょっと変でしたね。

自然な大阪弁をしゃべろうとするがあまりに

船場や泉南などの大阪弁が混ざってるように、私には聞こえました。

どうせなら、わざとらしいぐらいの大阪弁にしたら良かったのに…と思ってしまいましたわ。



ところで警察署が『西布施』になってたと思うのですが、

小説の設定は大阪だったのですか?

武田鉄矢と八千草薫だけが関西弁をしゃべってるのは、ちょっと違和感あったので。

でも脚本がセカチューの森下佳子なので期待はしてます。

っていうか、個人的には『アンフェア』より好きかもしれません。

>101回目のプロポーズ

武田鉄也が出てるせいもあったのでしょうか(笑)

時代設定といえば、うちの相方が、青年になった亮司が図書館で読んでる本が『VB』だったのを見て、『時代設定はあってるなぁ』と言ってましたわ☆
こんばんわ (kutsurogi1024)
2006-01-15 18:45:24
コメント、TBありがとうございます。

今後の展開、楽しみですね。

僕も浜省、大好きです。

巨人、嫌いです。
こんばんは (みる)
2006-01-15 21:09:45
先日はTBありがとうございました。

今日は1話の再放送をやってましたね。

懲りずに見ましたが、

やはり喉に魚の骨が引っかかってる感じです(^_^;)

やはり、ドラマはドラマと割り切って

見るべきだと思いました。



コメント&TBありがとうございました。 (ミモザ)
2006-01-16 23:26:53
>子役の二人の会話で何故チャゲ&飛鳥が出てきたんだろうと考えるとこの1991年にはチャゲアスの「SAY YES」が主題歌だった「101回目のプロポーズ」が夏に放映されていたんだよね



そこらへんの”遊び心”もいいと思いました。で、そのドラマの主演は(浅野温子と)武田鉄矢さんだったんですよ。そういえば武田鉄矢さんは、「関西弁」だったんですか?どうなんだろう・・私は原作は存じ上げないせいかわかりませんが、関西弁でも九州弁でも東北弁でもいいような気がしてしまいますが・・。
TBありがとうございます (秋日子)
2006-01-20 23:17:51
遅くなってしまいましたが、TBありがとうございます。

福田麻由子ちゃんの名演技で、すっかり彼女と白夜行の世界に

引き込まれました。目が離せませんな^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
白夜行(1話) (ドラマで語ろう!)
1/12(木)21:00~(初回2時間SP)TBS ●原作/東野圭吾●脚本/森下
白夜行 第1話 (宝物のフレンドリーBlog)
白夜行 少し遅れましたが「白夜行」の感想を… 1話は、ほぼ亮司(山田孝之)と雪穂(綾瀬はるか)の 幼少時代がメインでしたね。 そこで驚いたのは、亮司の幼少時代・泉澤祐希と 雪穂の幼少時代・福田麻由子の演技力です。 この年齢でここまで、演じれるのかと言う.
『白夜行』 第1話 ー第1部ー (老舗ワタクシ本舗)
「白夜行」  ー第1部ー 2005年12月24日 クリスマスのイルミネーションが煌めく街並、行きかう人々舞い散る雪 「ありがとうございました。」唐沢雪穂(綾瀬はるか)はお祝いに来た人を 見送りながら、外に出た。黒のロングドレスに白いファーのボレロ。 建物に戻
ドラマ「白夜行」 (今夜、地球の裏側で)
 さあて、どうなるものやら……と、じっくりしっかり見させてもらいました、ドラマ版「白夜行」。  初回を二時間の拡大版にして、そのほとんどが子供時代ってとこがまずよかったです。亮司と雪穂の根幹をしっかり描こうとしていたので。  原作のファンとしては、「あ...
白夜行 (できるだけ・ケータイ写真日記)
今クールのドラマの第一話を見た感想を書きます。 ネタバレしてるから、この先を読ん
『白夜行』 (The only chance in my life)
見ようかどうしようか迷った。けど見てよかった。 関東地区限定で、第1話の再放送が決まったとのこと。ビデオに撮ろう。絶対に、最終回まで見たら、見返したくなるはず。 見逃した方も、是非見て欲しい。 原作は、未読。あまりの評判の良さと、結構な分量と、「絶対に
白夜行 (寛いだ気分で書き綴る平凡な幸)
先週から始まった白夜行、今日やっと全部見た。 \'91年といえば、バブル崩壊の年で、人は殺さないまでも 心に傷を負った人は沢山いただろうし、今も引きずっている人はいる。 子役の2人が大人以上に魅せてくれていて、最後の電車のシーンは切ない気分にさせられました。 武
白夜行 第1話 (あるがまま・・・)
切な過ぎる…。・゜・{/namida/}(ノД`){/namida/}・゜・。 うえええん 東野圭吾記念碑的名作奇跡のドラマ化!! 少年はなぜ父を?少女はなぜ母を?14年間の壮大な愛と絶望の物語 初回は2時間かぁ・・・内容も重たそうだしなぁ・・・ と、あまり気乗りして無かったのです
白夜行/ドラマ (ひこうき雲)
白夜行作者: 東野 圭吾出版社/メーカー: 集英社発売日: 2002/05メディア: 文庫 かなり前に原作を読んだ・・・東野さんの小説はわりと好きで その中でも記憶に残ってる1冊である・・・ 普段あまりドラマは集中して見ないんだけど気になって見てしまった 初回は2時間のスペシ
白夜行 (My Favorite)
昨日新聞のTV欄の簡単な番組紹介を見るまでは全く見ようとも思ってませんでした。 簡単な番組紹介で、11歳にしては重すぎる体験(不幸を背負った)をした2人の男女が主人公であり、「2005年のクリスマスイヴ、サンタクロースの格好をした主人公の青年が倒れており、その胸
ドラマで話題の「白夜行」東野圭吾 (ぽちの読書の部屋)
ドラマで話題になっている「白夜行」ですが、3年程前に読みました。 この二人の主人公はガラスのように壊れやすい、ある意味純粋な心をもったまま大人になってしまいました。大人に
白夜行 第1話 (★Crystal Blue★)
TBS 木曜21時~ 「あたしの上には太陽なんかなかった。いつも夜。 でも太陽に代わるものがあったから。 太陽ほど明るくはないけれど、あたしには十分だった。」 東野圭吾の同名小説のドラマ化。 わずか11歳で、親殺しという罪を背負ってしまった少年と少女の14年
白夜行 第一話 (Fukusaki 日記)
ついに始まりました。白夜行・・・