犬小屋:す~さんの無祿(ブログ)

犬と楽器と日々
ゲゲゲの調布住まいの須山。
雑種犬カバサ&ジーロと戯れ、
音楽をこねくりつつ、
鍼灸する。

亀の甲より亀の香

2017年02月24日 | たべもののみもの

[あらすじ] 友人の部屋にカメムシが大発生。天井がまるでプラネタリウム★


一昨年の夏を思い出す。
万願寺唐辛子と何かを庭で作ったのだが、カメムシがやたらと付いた。
我が庭はどうもカメムシが多いが、作物のできるものはことに他の植物よりも
好むようだ。
みっしりと並んで、汁を吸う。

実を食うわけではないのだが、爆発的に増えるので、
汁を吸われ過ぎて枯死する場合もあるらしい。
http://blog.goo.ne.jp/su-san43/e/a36d9c2ea3cfe885068110376ff764ea

昆虫はわき腹から呼吸をする。
気孔周辺には脂があって水をはじくので、溺れない。
だから、洗剤を溶いた水に入れて溺れさせる。

洗剤の中に投げ込まれたカメムシは、苦しさのせいか、例のニオイを放つ。
それが何十匹とまとまるので、缶からは異様なニオイが立ち上る。
なんとも言えない、果物のような、甘みもある青臭いニオイだ。

※※※

カメネタリウムシの友人からもらった梅酒の蓋が開かないので、
酒を飲むことにする。

先日、また別の友人の父君が酒をくださった。
角右衛門、直汲み、純米、しぼりたて、生酒。

新酒なんか、と期待しなかった私は大馬鹿垂れ。
ぴちぴちと舌の上でかすかにはぜる按配がなんとも言えない。
香り良く、爽やかでありつつ、口中にうまみが残る。
ちぇっ、うめえや。
格別だ。

これはお礼をしたい。

ちょっと良さげな酒を売っている酒屋へ行き、酒を選ぶ。
日頃は冷蔵庫の中に納まっている酒など、見ることはあまりない。
知らない酒を贈りたくない。
やっぱり自分で味見してからじゃないとね、
なんて言い訳して、まず自分のために買う。

亀齢、特別純米原酒。
精米歩合60%、日本酒度4度、酸度1度8分。

なるほど、あまみもあるが、きりっと輪郭もはっきりしていて、
後味も適度。第一印象の香りも良し。

香り。
そう、
吟醸香。

飲めるようになった吟醸酒。
嗅げるようになった吟醸香。

果物のような、でもちょっと青臭い香り。
だから、メロンにたとえられる香り。



私は果物の中では、メロンはちょっと苦手なのだ。
だから吟醸香も苦手だったのかな。
果物も酒も安上がりな私。

この香り、
・・・
何かに似ている。
よーく似ている。
そっくりと言える。

そうだ。
イヤってほど退治した、
ホオズキカメムシの断末魔のニオイ。
あれだ・・・

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お部屋でプラネタリウム | トップ | 旅立つのか »

コメントを投稿

たべもののみもの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL