犬小屋:す~さんの無祿(ブログ)

犬と楽器と日々
ゲゲゲの調布住まいの須山。
雑種犬カバサ&ジーロと戯れ、
音楽をこねくりつつ、
鍼灸する。

区議カムアウト

2017年07月13日 | 性的マイノリティ

文京区の区議会議員が、ゲイであるとカムアウトしたというニュースが届いた。
https://www.buzzfeed.com/jp/kazukiwatanabe/20170706?utm_term=.ktD83w9n4#.ipbZ4r1bW

市政区政は、市民の生活に一番近い。
憲法があって法律があれこれあっても、実際の生活に直接に関わってくるのは、
自治体のありかただ。

前田氏も、自身の経験がカムアウトに繋がっていると語る。
同居のパートナーがいた。
入院しても、重篤な場合、家族と認められなければ病室に入れない。
葬儀でも、親族の席には座れない。
賃貸住宅もパートナーの名義だったら住み続けられない。

これらは、通念や国政がどうあれ、自治体が制度として整備していれば、
守れる権利だ。

LGBTとカムアウトしている、自治体の議員が連盟を作った。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070600935&g=pol

私のような、一般の生活者がカムアウトするのでさえ、
勇気は要る。
人間関係がどう変わるか、
面と向かって誰に何を言われるか、どう見られるのか。

ましてや議員であれば、次に当選できるかどうかがかかってくる。
カムアウトによって増える票もあるだろう。
しかし減る票というのも実際にはあるだろう。

5期目にあり、一定の評価を得た上でのカムアウトというわけだ。

少数者の暮らしやすい社会は、多くの人にとっても暮らしやすい。
簡単な例では、私自身は介護保険を必要としていないが、
同居の母は介護保険のおかげでさまざまな支えを得られている。
自分が直接受けるサービスではないから自分とは無関係というわけではない。

市民生活は制度に満ちている。
制度に関わらない生活など無い。
制度を作る役割の人には、暮らしやすさを考えてほしい。
暮らしやすさを考える人に、制度を作ってほしい。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何が雑音か | トップ | 雁皮紙(がんぴし) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。