犬小屋:す~さんの無祿(ブログ)

犬と楽器と日々
ゲゲゲの調布住まいの須山。
雑種犬カバサ&ジーロと戯れ、
音楽をこねくりつつ、
鍼灸する。

いってらっしゃい

2017年03月21日 | イキモノタチ
朝8時。
隣の家の子が、小学校に登校する。

家の前に立って、見送るのはおばあちゃんの役目だ。
道は、100mくらい先までまっすぐ伸びている。

その間、彼は何度も何度も振り返り手を振り、全力で叫ぶ。
「行ってきまーす!お仕事がんばってねー!」

私の家は道から一軒奥まっているが、二階にいると声は彼がやめるまでずっと聞こえる。
繰り返し繰り返し、彼は叫ぶ。
「行ってきまーす!お仕事がんばってねー!」
数歩行っては振り返り叫ぶ。
「行ってきまーす!お仕事がんばってねー!」

おばあちゃんは、特に声を張らずに「気を付けてね」と言ったり、
黙って手を振ったりしている。
道が少し曲がって、孫の姿が見えなくなるまで、毎日見送っている。

100mの間に何度言うだろう。
たぶん、近所中の大人が、「よし、お仕事がんばろう。」と思ってるんじゃないかな。

春の雨音にも負けず、聞こえてくる。
ジャンル:
近所に住む人
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世代交代 | トップ | 鰭の名残 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。