46歳・独身男が完成したよ

46歳の僕がいまだに独身なのは「これが影響している」と思う事をただ書く、ひたすら書く。なんとなく書く。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

僕は20歳の時、東京ラブストーリーに色々影響された

2017-02-08 23:18:38 | 日記
誰もが一度は東京ラブストーリーを観て「あ、このシーンいい!真似しよう!」と思ったことがあるだろう。僕はある。僕ら世代のバイブル的ドラマ、東京ラブストーリー。織田さんも鈴木さんもこのドラマで一気にスターへとのし上がったのではないでしょうか。僕は当時20歳の大学2年生でした。当時の僕といえばサークルの部長になりたてで、何かとバタバタしていたのを覚えています。しかしながら、好きな女の子がいて、ちょっとドキドキしながらキャンパスライフを送っていました。そんな僕の心に土足で入ってきたのがこのドラマでした。正直、ドラマを楽しめたのは5話くらいまで。つまりカンチとリカが色々あって付き合い出してラブラブだった頃までです。最後の方は、あんまり面白くなかったかもです。前半は笑えてキュンとするシーンが多かったんですよね。後半はイライラすることが多かったんです。特に関口に!
 さて僕がこのドラマのどこに影響を受けたか、みなさん知りたいと思いますので解説していきます。まずは!

①深夜のアーリータイムス
リカが夜中にカンチに電話をするシーンがあります。そのとき、カンチは話をしながらアーリータイムスを飲み始めるのです。このシーンに憧れた僕は、高校時代の友達と夜中に電話をしたとき、アーリータイムスを飲みながら2時間話をしました。友達は男性ですが何か?それで話終わって電話切った瞬間、酔いが回って吐きまくりです。でもカンチはかっこよくアーリータイムスを飲んでリカと話すわけですよ。それに憧れたわけです。

②冷蔵庫のバドワイザー
三上がリカの家に行ったとき、冷蔵庫にバドワイザーがいっぱい入っていたシーンを見て、僕は次の日、バドワイザーを買いにいき、冷蔵庫をいっぱいにしました。

③ジャックダニエルのロック!
カンチと三上がバーで飲んでるとき、三上が注文したのがジャックダニエルのロックでした。そのオーダーの仕方がかっこよくてねー。

 その他にもカンチやリカや三上が住んでいた部屋に憧れました。東京に行けばこんな部屋に住めると思い込んだものです。けれど東京には怖くていけず、熊本に就職したのでした。もう一つ、彼女と行く温泉旅行なんてのもいいなーって思ってましたが当時は実現できなかったんですよねえ。

 1991年の1月~3月の空気や匂いを思い出したいときは、何も考えず、思い切り東京ラブストーリーを観ます。それで僕はあの頃の戻れるのです。あの日あの時あの場所で君に会えたから、46歳独身の僕がいるのです、たぶん。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕は13歳の時、「時をかける... | トップ | 僕は16歳の時、蒲田行進曲に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。