地名アラカルト

各地の難読地名や珍しい地名についての由来やエピソードなどについて調べてみたいと思います。

難読駅名を楽しもう 幾つ読めますか 中角,名越,仁方,大山寺,高角

2016年10月31日 10時16分37秒 | Weblog
①中角  えちぜん鉄道 三国芦原線。福井市中角町
②名越  水(みず)間(ま)鉄道 水間線。大阪府貝塚市名越
③仁方  (JR西日本)呉線。広島県呉市仁方本町(ほんまち)二丁目
④大山寺  (名鉄)犬山線。愛知県岩倉市大山寺町
⑤高角  (近鉄)湯の山線。三重県四日市市高角町

読みと由来等

①なかつの この地が九頭竜川へ角状に突き出ていることに由来するという。
②なごせ 近木川中流域に位置。崩壊地名を意味するナギ(薙)・ヘ(辺)の転訛ともいう。
③にがた 戦国期に仁賀田村,江戸期に仁方村とみえる。大洪水の際に新潟が生まれことによるともいわれている。
④たいさんじ かつて大山寺というお寺があったともいう。
⑤たかつの 鎌倉期 (「吾妻鏡」五月六日条など)からみえる地名。由来等不明。


『難読駅名を楽しむ,和食,糒,飯給は何と読みますか』(筑波書房)参照


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 難読駅名を楽しもう 幾つ読... | トップ | 難読駅名を楽しもう 幾つ読... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む