地名アラカルト

各地の難読地名や珍しい地名についての由来やエピソードなどについて調べてみたいと思います。

難読駅名を楽しもう  いくつ読めますか 平城山,野馳,上道,文挟,榎井

2016年10月14日 11時44分36秒 | Weblog
 ①木上  くま川鉄道 湯前線。熊本県球磨郡錦町木上。
②平城山 (JR西日本)関西本線。奈良市佐保(さほ)台(だい)一丁目
③真布  (JR北海道)留萌本線。雨竜郡沼田町(ちょう)真布
④和寒  (JR北海道)宗谷本線。上川郡和寒町(ちょう)北町
⑤木次 (JR西日本)木次線。島根県雲南市木次町里(さと)方(がた)。
⑥野馳  (JR西日本)芸備線。岡山県新(にい)見(み)市哲西(てつせい)町畑木
⑦別当賀 (JR北海道)根室本線(花咲線)。根室市別当賀
⑧上道 (JR西日本)山陽本線。岡山市東区中尾
⑨文挾  (JR東日本)日光線。栃木県日光市小倉。
⑩榎井    高松琴平電鉄 琴平線。香川県仲多度郡琴平町榎井



読みと由来等

 ①きのえ 球磨川流域にあり,木材の河川輸送に関係ある地名か。Kinoue→kinoe uの略か。

②ならやま 京都府との境にあり,草木を踏み平(なら)した所を意味する説や樹名の楢に因む説があるという。なお,近鉄京都線の平城駅(奈良市山陵町宮の前)は平城城に由来し「へいじょう」と読む。

③まっぷ アイヌ語由来であるが,未詳。

④わっさむ アイヌ語「ワッ・サム」(ニレの木の傍)の転訛という。

⑤きすき 来次神社に由来。「次」の「す」で始まる語彙に歴史用語の次官(すけ,律令制官職の四等官の第2 位の官)がある。

⑥のち 旧阿哲郡野馳村名(明治22~昭和30)から。馳は御馳走(ごちそう)の馳。
⑦べっとが アイヌ語「ペッ・ウッカ」(川の・浅瀬)の転訛という。地名は「べっとうが」と読む。地名と駅名の読みが異なるのは語呂の関係か。

⑧じょうとう 駅開設は昭和61年11月。旧上道郡上道町(昭和28~46)に因む。「みち」を「とう」と清音で読む所は少ないようである。なお,JR境線の上道駅(鳥取県境港市)は「あがりみち」と読む。

⑨ふばさみ 駅名は駅に近接する文挾町による。文挾は道の両側が小さな高台に挟まれたような地形をさす地形語に由来か。また,例幣使(れいへいし,例幣をささげるために遣わされる勅使)が日光東照宮へ行くとき,文挾(勅旨を納めた木箱)を掲げて先導したことに因むともいう。駅の左側に旧例幣使街道がある。県内には同地名がある(塩谷郡高根沢町文挾 ,河内郡上三川町上文挾)。姓氏あり。

⑩えない 江内とも書いた。江戸期からみえる地名。


注)『難読駅名を楽しむ,和食,糒,飯給は何と読みますか』(筑波書房)参照    

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 難読駅名を楽しもう   ... | トップ | 難読駅名を楽しもう 何と読... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む