幸せあるある体験隊

人は誰でも幸せに包まれています。
普段の生活の中にある幸せを探していく探険隊の物語です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

358の法則

2011-06-17 00:00:13 | 小林正観さんの世界
358の法則

徳川幕府は、将軍が15代続きました。初代の家康、末代の慶喜が有名ですが、それ以外に名前を知られている将軍としては、
3代:家光、5題:綱吉、8代吉宗というとこでしょうか。

奈良や京都のことを「都みやこ(385)」といいます。

玄奘三蔵の「西遊記」で、天竺にお経を取りにいったとき、従者として従ったのが3人でした。沙悟浄(3)、悟空(5)、八戒(8)これも358です。

さらにお釈迦様が悟った日は、35歳のときの12月8日の朝。
お釈迦様は、4月8日の生まれですから、35歳とちょうど8ヶ月という日に悟ったことになります。どうも358は、パワフルでおもしろい数字のようなのです。

こんな話を周りの人にしていたら、ある男性が、自分の新しい銀行口座の暗証番号を358にしたということした。
そして、その番号にした口座だけは、お金がまったく減っていかない。増えるだけであったということです。
まわりの人もこぞって、暗証番号を358にしたら、たしかに預金が減らないとういう報告を受けました。358は、不思議な数字らしいのです。

車のナンバーが自由に選べるようになり、この358にした車は、なぜかそれ以前の車に比べて最低でも20%、より高くは、100%の燃費向上が認められました。

因果関係は、よくわかりません。
ただ「358が宇宙的にどうもパワーがある数字であるらしい」というところまでは、少しずつわかってきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「縁起の法則」 | トップ | 「100%幸せな1%の人々」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。