留学ドットコム-スタッフブログ

留学に関する情報や英語学習方法など様々な情報を、皆さんと共有していけたらいいなと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本人はracist?

2016-12-07 14:28:29 | 日記

こんにちは!留学ドットコムの松尾です。


みなさんracistって聞いたことがあるでしょうか。このracistという言葉、私がオーストラリアに留学していた際に何度も何度も耳にしました。人種差別をする人という意味なのですが、日本ではあまり使わないですよね。しかし、オーストラリアではとーーーーーっても大事な言葉、概念なのです。

オーストラリアは一般的にこのracistが沢山いると言う方もいますが、私はそのような人にはほとんど会いませんでした。むしろ、多国籍な国であるという意識からracistに厳しい人が多いなという印象を私は持ちました。



例えば……
この会話をご覧ください!

日本人A「あなた彼女はいるの?」

オーストラリア人「いないよ。」

日本人A「日本人は白人にすごく憧れを持っているから、あなた日本に来ればモテモテだろうな~!(笑)」

オーストラリア人「……..。」

日本人A「どうしたの?」

オーストラリア人「……今なんて言った?」

日本人A「えっ……ただ日本に来たらモテモテだよって。」

オーストラリア人「……二度と僕の前でそれ言わないでよね。君はいい友達だし、日本のことも大好きだからracistにはなってほしくないんだ。」





このとき日本人Aは、’白人だから’をあえて強調したかったわけではなかったと思います。ただオーストラリアの友人には白人であればモテる、黒人であればモテない。そのように聞こえたのだと思います。




別の例として……

あるFacebookのグループチャットに集まっていたメンバーがたまたま皆アジア出身の留学生だったので、グループ名をAsian girlsと名付けました。日本のLINEグループで「〇〇高校△年卒」のように名付ける、それと同じ感覚でした。それがオーストラリア人の友達に見つかった時、言われてしまいました。

「Don’t be racist……」




このように日本人は意識していなくても、いや、意識しないがために(?) racist発言をしてしまう事があります。
日本人は内と外の区分をはっきりさせたがるとよくいわれますが、それが故にいろんな文化が混ざった国ではracistだと言われてしまいかねないのです。

では日本人は本当にracistなのでしょうか?
その問いに対する私の答えはこうです。



無関心な人、他の文化を知らない人が多いだけでracistではない。


以前YouTubeでアメリカ人男性がこの問いに対する彼なりの意見を話したのを視聴しました。彼は言いました。「日本人はracistではない。日本人は自分の考えや意思によって人を差別することはしない。racistになるために十分な知識もない。ただ、他の文化とかかわる事に慣れていないからたまにracistな言動をとることがあるけれど、それはracistなんじゃなくて知らないだけなんだ。」


まさにその通りだと思います。彼は日本の文化と日本人を本当によく理解しているなと、この動画を見ながら感心したものです。


外国語の習得に文化がかかわるというのはこういうことなのかな~
これから留学される皆さんは、こういったことも考えて現地の方と楽しくお話しして欲しいなと思います(#^^#)


だからといって怖がる必要はないですよ!もし相手にㇺッとされる発言をしてしまったときは知らなかったと正直に言って謝りましょう☺ それですぐ解決です!
このような間違いを繰り返しながら、現地の文化や慣習を自然と身につけていってくださいね。



ではまた!(*^-^*)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« What is your name? | トップ | 留学、何を持って行く? »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事