ご当地キティでお勉強♪

旅先で必ずと言っていいほど見かけるご当地キティ。
そのご当地キティから日本各地の歴史や特産について勉強するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6.いちごキティ(栃木)

2006-01-29 01:56:36 | 関東(東京以外)


いちごの女王といった感じのキティ。かわいいいちごの杖を持っています。

栃木のいちごといえば「とちおとめ」。ということで、今回はとちおとめについて調べてみました。

とちおとめは、1996年に開発された品種で、「とちおとめ」という名前が示すように、栃木を中心に生産されています。粒が大きめで酸味が少なく、甘味が強いいちごです。いちごといえば、長い間「東の女峰、西のとよのか」と言われてきましたが、最近では女峰よりもとちおとめの方が出回っているそうです。

ちなみにいちごは、桜・梅・桃・林檎・枇杷・アーモンドなどと同じバラ科の植物です。いちごの果実は赤い部分ではなく、表面の黒いつぶつぶなのだそうです。ちょっとビックリです。ビタミンCが豊富で、7~8個のいちごで、1日に必要なビタミンCを摂ることができるそうです。


私はいちごが大好きで、スーパーで買ってきても、家族が気が付かないうちに、ひとりで1パックペロリと食べてしまいます。去年いちご狩りに行ったときのこと。長年の夢だったいちご狩り。もちろん食べ放題なので、パクパクパクパク食べ続け、30分という制限時間の間に55個も食べてしまいました。小さかったんですけどね。そしてその日の夜、なぜか体中に蕁麻疹が出てしまい、いちごが原因じゃないかと真剣に悩みました。もしいちごアレルギー(聞いたことないけど)だったら、もう大好きないちごが食べられないじゃないですか。結局、前日に飲んだ薬の副作用だということがわかって一安心。いちごアレルギーじゃなくてよかった~。
コメント (16)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

5.餃子キティ(栃木・宇都宮)

2006-01-26 11:51:22 | 関東(東京以外)


久々の更新となってしまった今回は、餃子キティを取り上げてみました。頭が餃子になっています・・・。最初に見たときはもちろん、今でも衝撃的です。頭の後ろのこげ具合が絶妙でおいしそうです。

ということで、今回は宇都宮と餃子の関係について調べてみました。

宇都宮は餃子の消費量日本一。こんなデータに目をつけた市の職員が、餃子で町おこしをしようと思いついたとか。宇都宮では、駅前に『餃子の像』があったり、メニューに「ご飯」がない餃子屋さんがあったりするそうです。

では、なぜ宇都宮でこんなに餃子が広まったのでしょうか。戦後、中国から引き揚げてきた人々が口にしていたとか、餃子の材料の産地だったとか、いろいろと考察されているようです。詳しくは宇都宮餃子共和国のHPをご覧ください。

餃子を焼くのって意外と難しいですよね(私だけ?)。おいしい餃子の作り方と、失敗しない焼き方を知っている方、ぜひ教えてください。



1日1キティを目標にしてきましたが、早くも挫折してしまいました。これからはボチボチ更新していきたいと思います。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

4.犬張子キティ(東京)

2006-01-12 22:09:03 | 関東(東京)


戌年にちなんで犬張子キティです。赤い傘を背負って、デンデン太鼓を持っています。

今回は犬張子について調べてみました。

犬張子は、江戸玩具のひとつで、子供の健やかな成長を願う飾り物です。犬は多産で安産であることから、出産祝いや子供の成長を願って犬張子が贈られます。起源は平安時代までさかのぼり、狛犬を置いて身の汚れや災いを取り除くお祓いの道具として用いられたことが始まりとなったようです。

デンデン太鼓を背負ったものは子供の魔除けとして、ザルをかぶったものは、ザルが竹でできていることから竹+犬=笑で「よく笑うように」、またザルはよく水を通すので「鼻の通りがよくなるように」、そしてザルの上に傘を乗せることで「重ね重ね笑うように」、という願いが込められています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3.ほおずき市キティ(東京)

2006-01-11 21:58:49 | 関東(東京)


鮮やかなオレンジ色のほおずきにくるまっているキティ。気持ちよさそうに眠っているように見えます。

ということで、今回はほおずきほおずき市について調べてみました。

ほおずき(鬼灯・酸漿)は、ナス科ホオズキ属の多年草で、6月ごろに黄白色の小さな花が咲きます。キティのリボンやタグの背景に描いてある花は、ほおずきの花だったのですね。花が咲いた後にガクが大きくなって、丸い形の果実を包んで袋状になり、7月~8月ごろ赤く色づきます。こちらのサイト(Greenのお気に入り)で、花が咲いてからの移り変わりがご覧になれます。可憐でかわいらしいお花です。

ほおずきと言って思い浮かぶのがほおずき市。毎年7月9日10日に浅草・浅草寺の境内で開かれる、鉢植えのほおずきを売る縁日です。この日は「四万六千日」という観音様の功徳日にあたり、この日にお参りすると、4万6千日お参りするのと同じご利益があるといわれ、江戸時代から参拝する人たちでにぎわったようです。
コメント (3)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2.東京ミレナリオキティ(東京)

2006-01-06 23:15:00 | 関東(東京)


背中に羽が生えていて、まるで妖精のようなキティ。ミレナリオの光に輝いているかのように、キラキラと光っています。

ということで、今回は東京ミレナリオについて調べてみました。

東京ミレナリオは、毎年12月24日から1月1日まで開催される、今や冬の東京の風物詩ともなっているイベントです。期間中は、アートディレクターのヴァレリオ・フェスティ氏(伊)とプロデューサーの今岡寛和氏によって創り出される光の彫刻で、東京丸の内の街全体が飾られます。メイン会場である仲通りでは、約400mにもわたる光の回廊(ガリレア)を、また、東京丸の内駅前や東京国際フォーラムでも、光の彫刻を見ることができます。

1999年から始まったミレナリオですが、東京駅の復元・保存工事(2003年にJR東京駅丸の内駅舎が国の重要文化財に指定されたため)が行われることによって、美観や安全上の問題が発生するとして、2005年を最後に休止することになっています。

東京ミレナリオ公式ページより抜粋
「東京ミレナリオ」は、東京の街を舞台装置に見立て、人々が夢や喜びとともに出会い・触れ合う「東京の新しい祝祭」として1999年から開催しております。昨年の第6回は約210万人ものお客様にご覧いただき、第1回目からの通算累計も1,439万人となり、東京の新しい祝祭として定着し、東京の冬の風物詩となりました。



次回の更新は、1月10日(火)の予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1.日本橋キティ(東京)

2006-01-05 16:25:00 | 関東(東京)


まさに時代劇に出てくる飛脚の格好をしているキティ。写真では小さすぎてわかりませんが、タグに描いてあるように、箱のところに赤い字で小さく「日本橋」って書いてあります。

ということで、今回は日本橋飛脚について調べてみました。

まず日本橋について。
江戸幕府が開かれた1603年ごろに初めて架けられて、五街道(東海道・中山道・日光街道・甲州街道・奥州街道)の起点となったそうです。橋の中央には日本道路元標が設置されていて、各地でよく見る「東京まで○キロ」というのは、ここからの距離となっています。現在の石造りの橋になったのは1911年(明治44年)で、1999年(平成11年)に国の重要文化財に指定されました。

次に飛脚についてです。
時代劇でたまに見かける、昔の郵便屋さんです。江戸時代に盛んに利用されていたようですが、さかのぼることなんと鎌倉時代からいたとのことです。1871年に郵便制度が制定されたときに廃止されました。

ここまではわかったのですが・・・。
なぜ日本橋と飛脚の組み合わせなのかが分かりません。

さらに調べてみたところ、飛脚が活躍していた頃、日本橋付近に飛脚問屋が並んでいたそうなので、そこからきているみたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目次(1~)

2006-01-05 16:21:42 | 目次
1.日本橋キティ(東京)
2.東京ミレナリオキティ(東京)
3.ほおずき市キティ(東京)
4.犬張子キティ(東京)
5.餃子キティ(栃木・宇都宮)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カテゴリについて

2006-01-05 16:20:57 | ごあいさつ
47都道府県を以下の地域にわけて、地域ごとにカテゴリを作ろうと思います。ご当地キティ完全カタログを参考にしました。

【北海道】北海道
【東北】青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
【関東(東京)】東京都
【関東(東京以外)】神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
【甲信越】山梨県・長野県・新潟県
【北陸】富山県・石川県・福井県
【東海】静岡県・愛知県・岐阜県・三重県
【近畿】滋賀県・京都府・奈良県・和歌山県・大阪府・兵庫県
【中国】岡山県・広島県・鳥取県・島根県・山口県
【四国】徳島県・香川県・愛媛県・高知県
【九州】福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
【沖縄】沖縄県
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごあいさつ

2006-01-05 16:18:04 | ごあいさつ


旅行に行くと、必ずと言っていいほど見かけるご当地キティ。

最初は、後輩が集めていて、お土産に買って行くだけだったのですが、よく見てみると、かわいいキティがたくさんいて、いつの間にか自分がはまってしまいました。通販やオークションに頼らず、出かけた先で見つけたキティしか買わないことにしているので、地域がすごく偏っているのですが、47都道府県制覇が今の目標です。

集めていくうちに、自分の知らない名物があることを知ったり、名前は知っているけど詳しいことを知らなかったりと、ご当地キティたちが生まれた由来が気になるようになって、最近いろいろと調べ始めたところです。けっこう勉強になってます。せっかく調べたことだし、手持ちのキティと一緒にどこかに記録しておきたい!ということで、ブログを立ち上げてみました。

一応1日1キティを目標にしています。精一杯調べていますが、私の勝手な推測だったり、事実と異なる情報があったりするかもしれません。もし気が付いた場合は、ご指摘ください。コメント・TB・追加情報等もお待ちしております。

それから、画像についてですが、買った状態のまま保存したいので、ビニール袋つきで写真を撮っています。あまりきれいに撮れていなくてすみません。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加