自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

妖怪大戦争 [妖怪が見えなくなってしまった私]

2005-08-07 21:20:59 | 映評 2003〜2005
中盤の30〜40分間、意識を失っていた。その間に、妖怪会議のシーンとかあったのをおぼろげに覚えているが、そのシーンでしか出ない妖怪も結構いたようだ。残念。

オープニングの、廃墟と化した東京に、うおぉぉぉっと驚愕し、「未知との遭遇」のデビルズタワーそっくりの天狗山、字幕スーパーの挿入「小豆は体にいい by じいちゃん」だの、アイデアは素晴らしいと思う。
さんざん盛り上げたバトルを、ギャグ一発で決着つけるのも、唖然とさせられ、そんなに酷い映画だったとは思わないけど、なんで寝てしまったのか?

やっぱ、脚本が酷すぎるからではないだろうか。
ハリウッドの娯楽映画には、15分ルール(20分だったかも)があり、映画スタートから15分(あるいは20分)以内に、主人公の最終目標を提示する。そうしないと、観客は主人公に感情移入できず、平たく言い換えれば、飽きてしまって、退屈な映画と化してしまうという。
娯楽映画は必ずそのルール通りにしなきゃならんという事ではないが、「妖怪大戦争」がそれを無視しているのは明確で、しかも効果的ではない。
少年が加藤を倒す!と決意するまで、この映画は一体何分かけているんだ。
剣を取りに天狗山に行くが、怖くて逃げ帰る。次はじいちゃんを探しに天狗山に行く。とりあえずの目的だけで、加藤や機怪が主人公に絡んでこない。
ようやく敵に襲われた辺りから、僕は意識が朦朧とし、所々覚えてはいるが、きちんと目を覚ましたのは、都庁が大変なことになった辺りから。
誰だ脚本書いたの? チーム「怪」?だっけ? ひょっとして貴方たちのせいではないですか?
三池崇史はいつものように、その場その場を面白くすることしか考えていないので、いい脚本が必要なのだ。
そういえば、警官が誤射で機怪につかまった人を射殺してしまうシーン・・・なんであそこだけブラックユーモア?(お願い、一個だけ入れさせて、ブラックなギャグ・・・って感じだったのか?)

・・・でも、隣の方に座っていた子供たちは、食い入るように映画に見入っていたと一緒に鑑賞したカノジョが言っていた。
僕も妖怪の見えない大人になってしまったということか?と思ってすごく寂しい気分になった。
宮迫はビール飲んで妖怪が見えるようになったけど、ビール飲みながら鑑賞していた僕はむしろ妖怪が見えなくなった・・・キリンの一番絞りじゃなくてアサヒのスーパードライだったけど
「なんでキリンだったのかな?露骨なスポンサーのヨイショ?」
「いや、「麒麟」だからでしょ」
「な!・・な・る・ほ・ど!!!」

相当どうでもいいけど、ビール飲んで妖怪が見えるなら、日本有数の酔っぱらい密集地新宿では多くの人が妖怪を見たんだろうな・・・いや、サッポロ、アサヒ、サントリー飲んでた人には見えないか・・・

妖怪120万匹のモブシーンはさすがに大迫力でした。

↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コメディ 男たちのバッカ野郎 | トップ | 皇帝ペンギン [ぺたぺた歩いて... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知事 (kossy)
2005-08-07 21:33:40
あの会議は面白かったですよ!

ろくろ首の「イヤン」とか・・・

タダシの顔を舐めるなまめかしさとか・・・



ちょっと思い出せなくなってきてるんですけど、

「東京都知事を食べた」のは何でしたっけ?
コメントどうもです (しん)
2005-08-09 00:59:10
妖怪会議・・・見たかった

途中で寝てしまったのですごくテンション低い記事になりました。

都知事を食べた?そんなシーンあったっけ(そこも寝てたかな?)
あはは。寝ちゃったのですね? (こっちゃん)
2005-08-09 09:22:03
それも妖怪のしわざかも?



15分のルールですかぁ?

なるほど〜

阿部サダヲさんの台詞まわしが妙に面白くて

気になりませんでした

ははは。

スネコスリ1匹お持ち帰りしたかった。



    こっちゃん
カンパイ (にら)
2005-08-26 08:31:20
妖怪の見えない大人で幸いです。

もしも、妖怪の見えない子供だったら、日本の法律では子供がビールを飲んではいけないことになってるらしいので、妖怪を見たいと思っても見ることができないんですから。



とはいうものの、川姫が見たいからと泥酔して川に入るのは、危険というよりバカ呼ばわりされる恐れがあるので、よい大人のみんなはマネしないように。



てなわけで、TBありがとうございました。
Unknown (えい)
2005-10-15 09:55:38
TBありがとうございます。



いやあ、同感です。

三池監督って、秘湯の物語を解体しながら

また新しい物語を作り出すと言う手法をとっているようなところがあって、

それが好きな人にはたまらないのでしょうが、

ぼくも、その「15分ルール」で作られた映画の方が好きですね。

確かに『DEAD OR ALIVE/犯罪者』には驚かされましたが、

毎回、あれでは疲れてしまいます。
訂正(^^ゞ (えい)
2005-10-15 09:59:22
×秘湯(ひとう)

○ひとつ



です。(^^ゞ

すごいタイプミスしちゃいました。m(_ _)m

残念でした (猩猩)
2006-08-01 12:31:19
15分ルールなんてものを知らなかったら楽しめたのかもしれないね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
妖怪大戦争 (ネタバレ映画館)
 かつてはアントニオ猪木も務めたといわれる麒麟送子。彼はブラジルに移住していたこともあるので、小豆パワーではなくてコーヒー豆パワーによって強くなったのかもしれない…  舞台は水木しげるの生地鳥取。ゲゲゲの鬼太郎や多くの妖怪のブロンズ像が立ち並ぶ水木しげる
妖怪大戦争(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】三池崇史【出演】神木隆之介/宮迫博之/近藤正臣/阿部サダヲ/高橋真唯/栗山千明/菅原文太/豊岡悦司【公開日】2005/8.6【製作】日本【ストーリー】両親の離婚の為に母の故郷、鳥取で暮し始めた都会っ子のタダシ(神木隆之介)は、クラスメートとも馴染めないい
★「妖怪大戦争」 (ひらりん的映画ブログ)
ニッポンの夏・・妖怪の夏・・って事で、公開初日のナイトショウ鑑賞。 京極繋がり(「姑獲鳥の夏」)であり、 戦争物対決(「宇宙戦争」)だったりして・・・ ひらりん的には注目の一品。 2005年製作の日本映画・冒険ファンタジー、124分もの。 あらすじ 親の離婚で母方
「妖怪大戦争」評/イッタンモメンくらしか知らないので余談ですが・・・ (I N T R O+blog)
『妖怪大戦争』(2005 / 日本 / 三池 崇史) Text By 百恵 紳之助  いきなり余談ですが、ボクは鳥取県出身です。鳥取県出身者は自分の故郷が映画の舞台になるだけでとても嬉しいのですが、微妙な気恥ずかしさも感じてしまいます。(ボクだけか?)  一応砂丘はありますが、ほ
妖怪大戦争 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
妖怪っていうものは、大人になると見えないらしいですネ。純粋な心を持つ子供達は、大人の嘘を覚える頃、その世界を見ることが出来なくなってしまうんですって。そーいえば、こっちゃんも子供の頃(今でも子供ですが)、親戚の古い家に泊まりに行った夜、妖怪が怖くてトイレ
妖怪大戦争 (まったりでいこう〜)
あまり何も考えず見ましたがけっこうおもしろくて楽しめました!しょっぱなにいきなり加藤が出てきたときには「なんなの?」って思いましたが、実はあまりいろいろと考えないほうが逆に話に入り込みやすくて楽しめる? この映画の見所はやはりなんといっても多種多様な妖怪た
妖怪大戦争 (Akira\'s VOICE)
ワクワクする思いに満ちた愛と平和の冒険ドラマ!
妖怪大戦争 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
僕は、生まれて初めて「真っ白な嘘」をついた。 自分の為につく嘘が、「真っ赤な嘘」。 他人の為につく嘘が、「真っ白な嘘」。 それが、大人になるための入り口らしい・・・ 公開初日、「劇場版NARUTO2」を鑑賞後、レイトショーにて鑑賞。 夏休みのせいか、公開初
妖怪大戦争 栗山千明さんはマルファン症候群ですか?? (Blog・キネマ文化論)
●妖怪大戦争をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取
妖怪大戦争★★★☆+小豆は好きですか?!…大爆笑でした! (kaoritalyたる所以)
特に予告を見たわけでもなく、まぁ面白そうかな〜って気軽な気持ちで観に行った妖怪大戦争、面白かったです〜!大好きな子役、神木隆之介くんが主演ってことも知りませんでしたが〜色が白くてちょっと中性的で可愛かったなぁ〜(アブナイ危ない・・)。役者だね、この子は...
妖怪大戦争 (メディア遊歩道)
MOVIX橋本のレイトショーにて ナンナンダ? 悪のりしすぎ いや、ゴジラファイナルウォーズとか、まかせてイルカ!の悪のりはいい。 突き抜けた感じがあるから。 これは、何か閉塞している。自家中毒しすぎ 三池監督が脚本ということで誰もコントロールできなかったのね
祭りに行こう 「妖怪大戦争」 (わたしの見た(モノ))
荒俣 宏 妖怪大戦争 「妖怪大戦争」   今の時代に“妖怪モノ”ってどうなの? 観るまでは不安だらけだったが、 娯楽性、笑い、メッセージ性もあり、冒頭からラストまで楽しめました。 子供向けなんかじゃなく、各世代が楽しめる作品だと思います。 ここ最近
妖怪への愛『妖怪大戦争』 (再出発日記)
さて、盆休みだ。仕事のことは忘れて、携帯が鳴らない事を祈りつつ、一日中涼しいところにいた。子供だましという説と、傑作だ、という説が入り乱れている『妖怪大戦争』をやはりチェックすることにした。カップルやら、子供連れやら、熟年夫婦やら、いろんなタイプが見に...
子どもにとって怖い映画に《妖怪大戦争》 (アロハ坊主の日がな一日)
ボクのフェイバリットディレクター三池崇史作品『妖怪大戦争』。 角川グループも創立60周年賭けてますという大作。撮影中は「角川大映撮影所」が全焼に見舞われ、たたりじゃないかという噂があったとかなかったとか。でも無事上映にこぎつけ、観客の入りも好調。 神木
妖怪大戦争 (まつさんの映画伝道師)
第174回 ★★★☆(劇場) (核心に触れておりませんが、鑑賞前に知らない方がいい記述もあるのでご注意あそばせ) 「モンスターズ・インク」(2001)のモンスターたちや、「エルム街の悪夢」シリーズのフレディは「恐怖」をエネルギーに変えていた。  
#37:妖怪大戦争 (::あしたはアタシの風が吹く::)
麒麟送子に選ばれ、麒麟送子になり、麒麟送子として戦い、麒麟に乗って空を飛ぶ。その姿が見えるのはKIRIN(麒麟)ビールを飲んだ時だけ?! お祭りでしたね〜 大人たちが寄ってたかって子供の頃戻って妖怪の映画を作ろう!!とした意気込みが感じられました{/kirakira/}
「妖怪大戦争」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は理恵子と久しぶりに試写会に行って来ました。なんか今年は去年以上に邦画を見に行っているような・・・そしてこの秋公開の映画も結構気になる作品が多いな。 {/kaeru_en2/}STORY 日本語オフィシャルサイト 両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取に移り、母と祖
妖怪大戦争 (かぶきものにあこがれて…)
妖怪大戦争という映画を観て来ました。 今回は妖怪の検証に、水木しげる・荒俣宏・京極夏彦という大御所が参加しているというので、大変楽しみにしてました。なんとも言えない味のある展開でした。 いまどきのヒーロー映画とは全く違う、妖怪の立場とか性質みたいな感じが
妖怪大戦争 (利用価値のない日々の雑学)
このタイトルの作品を観るのは何年ぶりだろうか。確か、何作か続編が作成されて、ガメラかなんかとの2本立てで、最後に観た作品には、タイトルに「東海道」と着いていた筈だ。以前から筆者は邦画に対して、素材は良いものが沢山あるのだから、後は時間とお金の使い方次第だと
『 妖怪大戦争 』 (やっぱり邦画好き…)
『 妖怪大戦争  』 [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日  本 監 督:三池崇史 プロデュースチーム 「怪」 水木しげる・荒俣宏・京極夏彦・宮部みゆき [ キャスト ] 神木隆之介、豊川悦司、竹中直人 他 愛と平和の大冒険ファンタジー 魔人・加藤
妖怪大戦争 ([混]ミックスランチ)
子供の頃の夏休みと言えば、「東映まんがまつり」や「仮面ライダーまつり」 やゴジラ...
妖怪大戦争<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
笑える所が沢山たくさんあって楽しめたので良しって感じ。んで、俳優人が豪華!しかし妖怪になっているので 特殊メイクでパッと見は分かりません。ワタクシ、河童の川太郎が一番好き。かなり笑かしてくれるキャラで喋り方もおもろいっ!d(^_^o)すねこすりは 明らかにぬ...
妖怪大戦争・鑑賞 (Cafeアリス)
土曜日に、妖怪大戦争鑑賞しました。 マダガスカルと、どちらにするか悩んだのですけど。 アニメが続くかなぁと思い、けっこう評判のよい妖怪大戦争を、 観ることにしましたが、面白かったですね。 B級映画の面白さ、マニアにはたまらない作品なんて、 映画の好き...
『妖怪大戦争』 (ねこのひたい〜絵日記室)
極々私的な事情で、約半月も映画館に通えず、禁断症状を起こしていたのです。 とはいうものの、ホントは映画なんか観に行ってる場合じゃないんです。 そうは言っても、三池崇史監督だし、水木しげる先生だし、見逃したくはないわけです。
妖怪大戦争 (日々徒然ゆ〜だけ)
 …惜しいなぁ…どこか,何か,少し欠けてる。もうちょっとなんだけど,惜しいなぁ。まぁある意味プロジェクト「怪」の巨大自主映画企画に,大映映画の古ぅい『妖怪大戦争』ノスタルジー世代を取り込んでのお祭り映画ってヤツだからなぁ。あんまり深刻に評しても仕方ない気
妖怪大戦争 (欧風)
昨日、「マダガスカル」の感想を書いたときに、「メンズデーが無いじゃん!謝罪と賠償!」と、9月でもまだ暑い中、松岡修三並に無駄にアツくなってしまいましたが、皆様の情報によると、他のシネコンでもやってるところがあるみたいですね。教えて頂き、ありがとうございま
妖怪大戦争【映画感想】 (日々の戯言)
例によって1日は映画の日なので観に行ってきました。 ホントはアイランドが観たかったのに既に終わってた(TT) 亡国のイージスと妖怪大戦争で迷い、悩んだ結果の妖怪大戦争にしました。 (亡国のイージスは映画の終了時間が23時過ぎだったので見送り)
妖怪大戦争 (any\'s cinediary)
この夏―― 史上最大の>が始まる。 <ストーリー> 今年10歳になるタダシ(神
『妖怪大戦争』(☆☆☆) (ど風呂グ)
今日は、日本全国で妖怪大戦争が繰り広げられていますが、 先日、期待に胸をすごく膨らませて観に行ってきました!『妖怪大戦争』。 ストーリーにもうちょっとリアリティーが欲しかったところですが、 それでもけっこう楽しめました。 何といっても、小学校の時に勉強して
「DIGIDOGHEADLOCK」ザ・マッドカプセルマーケッツ (君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮))
興奮するオーディエンス! モッシュの渦! ダイブの嵐! それに呼応する清志郎! 場内は大爆発だ! これこそ、夏フェス! これは、この夏に目撃したロックフェスの風景、 などでは断じて無い。 さっき観てきた「妖怪大戦争」のワンシーンである。 というわ
妖怪大戦争 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
感想あげるのだいぶ遅くなりましたが、 公開終了前日(ギリギリ)に観に行ってきました! 「妖怪大戦争」2005年公開・邦画 監督/三池崇史 脚本/三池崇史、沢村光彦、板倉剛彦 出演/神木隆之介、宮迫博之、菅原文太、高橋真唯、阿部サダヲ、栗山千明 他 *今...
『妖怪大戦争』 (ラムの大通り)
-----この映画、まだやってたんだ。 「そう。都内ではとっくに終わってるんだけど、ちょっと遠出をね」 ----三池崇史って、あんまり相性がよくないんじゃなかったっけ? 「うん。この映画を観てその理由が分かった気がする」 ----どういうこと? 「監督が映画のここを見せよ
妖怪大戦争 (泥海ニ爆ゼル)
「妖怪大戦争」 シネコンの上映最終日に観にいった作品。なかなか観にいく気が起こらなかったんです。お粗末なの見せられたら萎えますからね。 約20年くらい前に(そんなに昔?)ゲゲゲの鬼太郎の実写版があり、当時の本にはガキの自分もがっかりするようなキャラが載っ
妖怪大戦争 06年27本目 (猫姫じゃ)
妖怪大戦争 日本の妖怪関係総出、総力を挙げた映画!ですか?!妖怪大戦争 と言えば、あの着ぐるみ、さくや妖怪伝 でも、使ってなかった?? 神木隆之介  クン、上手いわねぇ。子役のうちに、ダコタちゃん と、競演してください! 見所は、、、なんなんでしょ?とに.
妖怪大戦争 (土曜の夜は・・・)
story 今年10歳になるタダシは両親の離婚により、父親と4歳年上の姉と別れ、母親と祖父と共に母の故郷・鳥取で暮らす日々。漁港で働く母は家を留守にしがちで、タダシは最近呆けが
映画「妖怪大戦争」 〜世界支配を目論む男の最期は小豆に消える〜 (混沌と勇気日記。 〜華麗に生きれ、荒れ果てし混沌の大地で〜)
今年10歳になるタダシは両親の離婚により、父親と4歳年上の姉と別れ、母親と祖父と共に母の故郷・鳥取で暮らす日々。漁港で働く母は家を留守にしがちで、タダシは最近呆けが始まったちょっぴりおちゃめな祖父の対応に四苦八苦していた。東京から引っ越してきた都会 ...
映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督)★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督)★★ 一番恐ろしかったのが、 神木隆之介さんの演技力Σ( ̄□ ̄;) その若さで、ぐんを抜いていたよΣ( ̄□ ̄;) 内容的にもエンターテインメント映画でしたねー。 ところどころ、 ...
【邦画】妖怪大戦争 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  C+ (演技2/演出1/脚本1/撮影1/音響3/音楽2/美術1/衣装2/配役3/魅力1/テンポ2/合計19) 『評論』 妖怪
DVD『妖怪大戦争』 (みかんのReading Diary♪)
妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) (2005/日本) 今年10歳のタダシは、両親の離婚により、母の故郷・鳥取で暮らす日々。東京から引っ越してきた都会のもやしっ子であるタダシは、クラスメートともいまいち馴染めない。そんなある日、 ...