自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

ALWAYS 続・三丁目の夕日 [結論として凡作]

2007-11-06 19:49:18 | 映評 2006~2008
「続編が前作を越えることはない」というあまりによく使われるので自分では使いたくないフレーズをためらわずに使うことができる格落ち続編。
前作をせいぜい佳作くらいにしか思っていない自分なので、今回は凡作というところ。
もっともスタートからの4分の3では「駄作だなこりゃ・・・」と思った。しかしクライマックスでやや巻き返して凡作に格上げしたというところ。

前作とのつながりは当然強いけど、前作で感じた現代とのつながりが希薄。
前作では「コミュニケーション」と「東京タワー」と「CGづくし」がうまく結びついて現代へとつながる映画になっていたのだが、今回は単なる前作の後日談で現代と結びつかない。ただの昭和人情劇でしかない。(もっとも原作もただの昭和人情劇だから間違った方向性ではないのだけど)
唯一現代との接点と思えたのが、淳之介が給食費を払わないから給食を食べないというエピソード。

ただの昭和人情劇でも面白ければ別にいいのだが、スタートからの4分の3については全く面白くない。
ミカちゃんのエピソードには豪邸が差し押さえられるシーンがないため彼女のプライドと屈辱感が伝わってこない。
トモエ(薬師丸ひろ子)が昔の想い人と偶然再開するシーンは、恋も知らない子供に父親以外の人との恋愛の思い出を語る不自然さに加え、偶然の再開後の台詞のみで説明される二人の想いに感情移入が不可能な上、前後のエピソードとの繋がりも希薄で、劇場公開時全カットでも問題無し。ディレクターズカットDVD再販時にでも付け足すべきだった。
ノリフミ(堤真一)が死んだと思ってた戦友と同窓会で再会するシーン。戦争で生き残ったものが幸せになってもいいのか・・・というそれ自体は素晴らしいテーマのエピソードであるが、とってつけた感が否めない。戦争を知らない人間が知った顔して描くのはとてもいいことだと思うが、言葉だけでは説得力も感動もない。
ストリップ小屋の女が「私らみたいのがいると迷惑かける」という気持ちも、言葉だけでは感情に訴えかけてこない。
井筒のように映像として凄惨な戦争をでっち上げてメッセージに説得力を持たせたり、ポール・ヴァーホーベンのようにハダカをさらしまくることで、物語に理屈で理解するのではなく感情を揺すぶる力が生まれる。
もちろん「三丁目の夕日」で血やセックスを描いても仕方ないのだけど、ただテーマを喋るだけというのはやめて欲しい。

茶川さん(吉岡秀隆)に芥川賞の選考結果が知らされるまでの展開は全て、あまりにも見え見えでそれなのにもったいぶった展開で、正直イライラさせられる。ブルース・ウィリスが幽霊であることを知った上で初めて観る「シックス・センス」くらい観ていてストレスが溜まる(海外留学していた後輩にバラされてからシックス・センスを見た実体験に基づく)。
茶川さんの書く小説の内容が全く示されないことにもかなり不満を感じたが、その内容がクライマックスで明かされた時、「ちゃんと考えていたんだ」と嬉しい驚きを覚える。(ここから映画を褒める)
小説の内容とともに、三丁目のみんなが賞を金で買おうとする(ゆえにその後の展開がバレバレなのだが)シーンが『計算された不快感』であったことが判り、「金で買えないもの」「現実は甘くない」といったキーワードが気持ちいいくらいに集約されていく。それまでの不満・退屈は消えて、切なさに胸がいっぱいになったところで、金持ちに嫁ぐため去っていったヒロミ(小雪)が茶川の元に戻る。9回裏逆転サヨナラホームラン。「いい話」に素直に酔う。

しかし、やはりこれはただ筋の良さに浸ったに過ぎない。
前作のクライマックスは、二つのエピソードが同時並行で描かれ、それぞれで走る茶川さんと走るオート三輪という疾走感のある映像が繋がれ、そのまま夕日に浮かぶ完成した東京タワーというゴールになだれ込み終わる・・・そんな怒濤の展開がオーバーに言えば映画ならではの感動だったのだが、続編のクライマックスはただ筋を追うだけ。
その後のエピローグも、広げた風呂敷を畳んでいるだけにしか思えず、はっきり言ってエピローグの際にタイトルかぶせて欲しかった。
クライマックスがなければ、たるくて泣けない駄作。クライマックスのおかげでいい気分。差し引きで「凡作」。
以上が私の感想。

ただこの「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズには別の楽しみがある。
それは、「俳優たちの顔や演技よりも背景に目がいく」こと。CGと実景の境目探しが楽しい。俳優が喋るだけが映画ではない。映画はスクリーン全体で作られているということを再認識させてくれる。

おしまいにゴジラ&伊福部昭ファンとしてのボヤキを記す。
オープニングのゴジラ襲来シーンにかかる伊福部昭作曲の「ゴジラ・メインタイトル」だが、あの曲は昭和29年の「ゴジラ」では自衛隊のテーマとして作られたものである。あの曲が晴れてゴジラのテーマとして使われるのは昭和50年の「メカゴジラの逆襲」で、しかも正義の怪獣ゴジラのテーマとして使われる。昭和29年から50年までの間にあの曲が、ゴジラシリーズはじめ東宝特撮映画で使われたことはない。
したがって三丁目の夕日の舞台となる昭和34年にあの曲がゴジラ襲撃シーンに使われるのは(私の感覚では)おかしい。
ちなみに東京タワーが破壊されるシーンが初めて映画に出るのは昭和36年の「モスラ」である。
イッペイ(小清水一揮)の「ゴジラが東京タワー壊したらどうするの?」という台詞に違和感を覚えるのは私だけだろうか?
私だけだろう。


********
↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログ再開するぞ | トップ | ボルベール 帰郷 [監督:ペ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (sakurai)
2007-11-13 08:02:06
皆様、褒めてらっしゃる中で、見ててなんか釈然としなかったもので、すっきりしました。
やたら説明してんですよね。それを映像で語れなかったのがこの映画の限界ということで。
もろに二匹目のどじょうでしたが、ここは須賀ケンタが成長しきってしまわないうちに撮ってしまおうという意思が見えちゃいましたね。
まあ、たくさんの人を映画館に動員する大いなる力は賞賛します。
絵の出るラジオ (にら)
2007-11-14 15:42:34
かつてテレビはそう呼ばれたことを、台詞に頼った説明過多の今作を見てて思い出しましたよ。
薬師丸と再会した大川隆法、じゃなくて上川隆也が「もし戦争がなければ、僕たちは・・・」で止めておけばいいものを「結婚して、云々」と言われなくても観客が察することができることまで、ぜーんぶ喋っちまうんですよね。ベタを目指した作品とはいえ、やり過ぎです。

ちなみに、ミカちゃんがお嬢さまだった頃の映像が出てこないのは、どうしてもお金持ちの顔に見えない平田満が父親役だったから、というのが真相です(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
コメントどうもっす (しん)
2007-11-23 16:07:30
>sakuraiさま
いっそ、うんヶ月後なんて設定にしないで、リアルに2年後とかにするとか、早くも二代目淳之介をキャスティングするが不評のため第三作目でまた須賀くんに戻るみたいなジェームズ・ボンド状態にするとか、すればよかったのに、と思います。

>にら様
ミカちゃんの父親役を石田純一とかにすれば、金持ちっぽさも落ちぶれっぽさも出たかもしれないですね

ゴジラシーンは ()
2007-11-30 09:27:54
TBありがとうございました。
ゴジラシーンは 原作で一平が夢見るところがあるので
(舞台の年にこだわらなければ)
私は あまり きになりませんでした。
音楽は・・・そういえばそうですね
(といっても29年ものはリバイバルで観たのですが音楽は全く覚えていません)
こちらからもTBさせて頂きます。よろしくお願いします。
コメントどうもです (しん)
2007-11-30 19:45:45
>猫さま
まあ、もともと昭和3x年の再現ではなく、現代の客を楽しませるためのシーンですからね。
エキサイティングなシーンだったのでいいと思うんですけど、ゴジラオタクのたわごとだと思ってください。ははは
ご無沙汰です。 (冨田弘嗣)
2007-12-01 02:30:35
 トラックバック、ありがとうございます。昭和36年のモスラ、私は生まれていませんでしたが、リバイバルで映画館で観ました。年代をしっかり把握していれば、違和感があったのでしょうが、私は不勉強で、ただ、唖然と観ていた次第です。思ってもなかったオープニングだったので・・・。初作品のゴジラの音楽も観たのに覚えていませんでした・・・。
 いつもながら、めった斬りしていますね。よく知り、学んでいて、才能があるからこそ、こういう評が書けるのだと驚いてしまいました。私は最近、初めからあまりなかったのに、どんどん言葉の引き出しが閉じられ、駄作でもどこかなにかを見つけて誉めてしまっています。本作は、つまらなかった前作よりもよかったと評しました。護りに入っているようで、お恥ずかしいかぎりです。また、時々、お邪魔します。読ませていただき、ありがとうございました。  冨田弘嗣
コメントどうもです (しん)
2007-12-04 19:51:47
> 冨田弘嗣さま
いえいえ、過去の再現でなく、現代人へのサービスだからあれでいいんです。
ゴジラ登場のショートモチーフは昭和38年に初作曲だから茶川さんの想像に出てくる筈ないとか、そんなゴジヲタの戯言は聞き流してくださいな
芥川賞 (aq99)
2007-12-13 20:23:44
「芥川賞がとれるかも?」とドキドキしてる三丁目の住人達を見て笑う風に見ないとダメやったんですね。
私も詐欺師登場時点で、興ざめしましたが、芥川賞にノミネートされただけでも、仕事が増えるんちゃうの?って思うねんけどな~。

コメントどうもです (しん)
2007-12-23 09:47:21
>aq99さま
うーん・・・でもアカデミーにノミネートされても仕事の増えない俳優もいますからねえ・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
テレビのドラマ~♪、ヤクザのドラマ~♪と、嵐を呼ぶ男がやってきました。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 【称号:良作】 (映画細胞~CinemaCell)
昭和34年。貧乏作家の茶川は、自宅に預かる少年・淳之介に安定した生活をさせよう
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 nostalgia for the good old days (俺の明日はどっちだ)
前作に続いて冒頭に「TOHO SCOPE」のロゴが映し出されたあと突然始まるVFXを駆使した『ゴジラ』に苦笑。 そしてなんとミゼットがドリフトまでしてしまうその疾走感には思わず笑ってしまった。 それはともかく、そんな贅沢なオープニングの後に展開される物語は、テイ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ■...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 昭和34年春、東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れる事になるこの年。黙って去って行ったヒロミ(小雪さん)を思い続け乍ら、淳之介(須賀健太君)と暮らしていた芥川(吉...
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 58点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ゴジラは東京タワーを破壊した事が……ある。 公式サイト 西岸良平の漫画『三丁目の夕日』シリーズを原作とした、山崎貴監督による2005年公開映画の続編。スタッフ、キャストともども、ほぼ前作と同じメンバーが揃っているのは嬉しい。 本シリーズの売りは何と言っ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和は遠くなりにけり・・・・ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。 前作は、昭和という人々の思い出の中に存在する「時間」その物を、VFXを駆使してテ
Always 続・三丁目の夕日 (迷宮映画館)
淳之介はそろそろ限界かなああ・・・。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
茶川さんの小説は、東京~横浜間で読める程度の短編です。 (執筆完了とはいうものの、読むに値しないシロモノになっちゃって、林家三平風にどーもすいませーん)
ALWAYS 続・三丁目の夕日~ネタバレ感想! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
栄養不良(?)でも淳之介は4ヶ月で育ちまくりw
真・映画日記『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (          )
JUGEMテーマ:映画 11月6日(火)◆616日目◆ この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。 CGは凄いねぇ(笑)。 エピソード盛りだくさんでそこそこ。 ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町...
映画 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (花ごよみ)
吉岡秀隆、堤真一、小雪、 堀北真希、前作のキャストが今回も勢揃い。 見る前からワクワクします。 監督は最初、続編を作る気持ちはなくて、 周囲から勧められて やっと、重い腰を上げて、 この映画を作ったということです。 出演者達も、はじめは2年のブランクを気に...
【劇場映画】 ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(07・日) (no movie no life)
何かは、いつも「三丁目」の街角からやってくる。まるで寅さんがふらっと団子屋に帰ってくるかのように。 1作目は、親子・擬似親子の関係がクローズアップされていた。淳之介と親、淳之介と茶川、ヒロミと母親、鈴木オート親子、鈴木オートと六子、六子と母親、「アク...
今日も夕陽は綺麗・・・。  ~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (シニカル・ヒストリー・タワー)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 話題作ですね。さすがというか、映画館の客席も老若男女が万遍なく分布しているように見えました。 1作目はテレビで見て、堤真一さんが演じる鈴木オートのお父さんが好きになりました。 突然キレやすい親父...
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 -堀北真希はうまいと思う。 (海を見ていた)
 続で完成となった。主人公である作家が幸せな家族を持ったのだ。  最初のALWA
『 ALWAYS 続・三丁目の夕日 』 (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
全く情報を得ていなかったので知らなかったのだけれど 「 前評判は あんまり良くない 」 らしい。 でも 続編モノで 前作を超える作品・・というのは なかなかないから それほどの期待もせずに 臨みました。 まぁ・・・・・ いいんじゃないでしょうか・・?(笑...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (活動写真放浪家人生)
 <TOHOシネマズなんば>  この頃、テレビ局がよく映画を作る。本作は日本テレビが制作している。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (2007) 146分 (極私的映画論+α)
 昭和34年、日本の空は広かった。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 主人公って誰? (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『寅さん』?と思うほど、確信犯的な夢のシーンから始まりましたな。 「こんなん見れるとは、ちょっと意外やったでしょ?」って思惑が見え見え(ちょっと良かった)やねんけど、 その後続くシーンが、寅さんの甥っ子吉岡秀隆演ずる茶川さんと、後期『寅さん』の常連メンバ...
Always 続・三丁目の夕日 07206 (猫姫じゃ)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 2007年   山崎貴 監督・脚本・VFX吉岡秀隆 小雪 堤真一 堀北真希 薬師丸ひろ子 もたいまさこ 三浦友和 須賀健太 小清水一揮 小日向文世 ピエール瀧 福士誠治 小池彩夢 あの名作ALWAYS 三丁目の夕日 は、もう2年前か...
078)ALWAYS 続・三丁目の夕日 (「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」)
昭和の映像を素晴らしいCGにて再現した「ALWAYS 続・三丁目の夕日」。エンドロールの映像に出てくる昭和ならではのおもちゃは? 1)ビー球 2)めんこ 3)ベーゴマ 4)おはじき 正解は次号にて。。 by織田 拳 RANKING ←応援お願いしま~す!
映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観て (KINTYRE’SDIARY)
101.ALWAYS 続・三丁目の夕日■制作:東宝■製作年・国:2007年、日本■上映時間:146分■鑑賞日:12月8日、有楽座(有楽町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・VFX:山崎貴□脚本:古沢良太□原作:西岸良平□プロデューサー:安藤親広、山....
ALWAYS 続・三丁目の夕日 吉岡君、もたいさん、受賞! (銅版画制作の日々)
吉岡秀隆君、日本アカデミー賞最優秀男優賞、受賞! もたいまさこさん、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、受賞!   おめでとうございます 昨年12月11日に、東宝シネマ二条にて鑑賞しました。宮沢りえちゃんの「オリヲン座からの招待状」と同じ日からロー...
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの...