自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

佐賀のがばいばあちゃん [監督 : 倉内均]

2006-11-16 19:27:18 | 映評 2006~2008
けっこう面白かった。
最初から最後まで思い出話に徹しているのがいい。主人公の少年が知りえないことは全く描かれない。母への想いから始まる物語において、少年はいつも母ちゃん母ちゃんで、ばあちゃんが少しかわいそうに思えてくる。でもばあちゃんはそんな子供の愛情を代金代わりにもらおうなどとさらさら思っちゃいない。金かけずに生きていく方法を少年に伝授する。剣道は防具に金かかる、柔道は胴着に金かかるし道場に金はらわなきゃならん、だからスポーツしたかったら走れ。ただ走れ。ただし靴が減るから裸足で走れ。バカ正直に従う少年も意地らしいし、なんかバカ家族って感じが微笑ましいが、結局それで構内屈指の俊足に育っていくのだから、バカは侮れない。中学で彼が野球部入るのをあのばあちゃんがよく承諾したものだと、気になる。その後主人公に一番いいスパイクを買ってやってるから、だんだん豪気になってきたのかもしれない。
いつも母ちゃん母ちゃんとめそめそしていた主人公が、お母さんを題材にした作文で「お母さんは二人いる」、とおばあちゃんへの感謝を述べたところで、ようやく物語は少年とばあちゃんの絆を描く物語として一本にまとまる。
しかしクライマックスはある意味残酷であった。少年はやはり母を求め、母の姿に泣き、中学卒業であっさりと母の元に帰る。母を思う子の気持ちのなんと強いことか。あれだけ苦労して育ててくれたばあちゃんもやはり実の親には勝てないのか。そして行くなと叫ぶばあちやんのなんと切ないことか。
低予算でごくごくシンプルな作品だが、それだけに突っ込まれるような無駄もなく、総じていい気分で観賞できる佳作。シンプルすぎて書く事もあまりないのだけど

*******
↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うえだ城下町映画祭 | トップ | 恋する日曜日 [監督 : 廣木... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
佐賀のがばいばあちゃん (ネタバレ映画館)
 公開2週目に土曜日だけレイトショーがあるとわかり、隣県まで・・・節約ですよ!節約!ケチだからじゃありません。
『佐賀のがばいばあちゃん』 (Cinema雑感)
『佐賀のがばいばあちゃん』 ★★★★ (2006年 日本 104分) 監督:倉内均 キャスト:吉行和子、浅田美代子、工藤夕貴、山本太郎、緒形拳、鈴木祐真、池田晃信、池田壮磨、穂積ペペ、三宅裕司、島田紳助、島田洋八 泣
『佐賀のがばいばあちゃん』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
佐賀のがばいばあちゃんあらすじ戦後間もない広島に住む明広は、母の元を離れ佐賀にある祖母(吉行和子)の家で暮らすことになった。感想島田洋七のベストセラーの映画化。明るい貧乏のススメあの時代に比べ、今は豊かになったがそれと引き換えに失った心の豊かさを気付か...