自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

抱擁のかけら [監督:ペドロ・アルモドバル]

2010-03-10 22:45:43 | 映評 2010
ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン
↑この度、「ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン」を選出しました。映画好きブロガーを中心とした37名による選出になります。どうぞ00年代の名作・傑作・人気作・問題作の数々を振り返っていってください
-------

個人的評価: ■■■■■□
[6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)]

【映評概要】
きれいすぎる起承転結の構成と、複雑な人間関係で血の通ったキャラクターを作り出した見事な脚本。そしてペネロペ・クルス。華やかで激しくて美しい。見応えたっぷりの女優の映画にして緻密なドラマ。やっぱりアルモドバルは外さない。観てよかったぁぁぁ!!!っと心の底から思える、めちゃくちゃ面白い映画だった!!

-----
【映評詳細・・・ネタバレ】
ペネロペ、すげー。マジ惚れ。世界で二番目に好きだ。一番は妻。

女優も凄いのだが、脚本もものすごく面白い。
主人公の元映画監督、今は失明した初老の作家。
監督は本名のマテオとして、作家ではペンネームのハリーとして活動していた彼が、失明により本来の自分を失い、仮の自分が生き残った旨を伝える冒頭のモノローグ。その喪失感が心をつかむ。
にもかかわらず道路を一緒にわたってくれた親切な若くて美人の女を真っ昼間から自宅に連れ込んでセックスを始める、その落差。いったいどんな面白い人生を送ってきたのかと登場から彼の人生への興味をかき立てる、巧すぎる導入。
そうかと思えばその家に次々と我が家のごとく入ってくる初老の女と、イケメン男子。「作家ハリー」とは家族なのか友人なのか仕事仲間なのか判然としない我々観客だが、それとと同様に若い女も事態が飲み込めずにオロオロしている様が面白い。
わけがわからない状況を見てて楽しいものに変えてしまう辺りが巧い。
(初老の女は、「作家ハリー」のマネージャー、ジュディット。イケメン男子はその息子)
そしてドキュメンタリー監督が自分の父に関する物語を作りたいと「作家ハリー」に脚本執筆を依頼。
その父親と過去に何事かあったらしい「作家ハリー」。
物語に関連しそうな人物たちを手際よく盤面に配置するような序盤。

そうして「作家ハリー」はイケメン男子ディエゴに語りだす。
「監督マテオ」の愛と嫉妬と悲しみの物語を・・・

こうして起承転結における起の部は終わり、承の部へ
ここから10数年前の回想シーンを主体に物語は進み、そして、いよっ、待ってましたとばかりに最高にいい女ペネロペ・クルスの登場だ。じらしにじらして遂に登場するいい女。この出方。いいねえ。
いや、その前にも回想でちろっと登場していたかな?何にせよペネロペが輝きだし、物語が大きく動き出すのは監督と女優の恋が始まってからだ。

などと書いていると、この映画きれいに「起承転結」の構成になっていたことに気づいた。
興味をかき立てながら後々重要となる人物配置を済ませていく「起」
いよいよ主演女優登場で物語の根幹となる監督と女優の愛の物語が紡がれていく「承」
やがて起こる悲劇とその裏に隠された事情、さらには裏の裏のまさかまさかの事情が明かされる「転」
そして再び現代において物語の関係者たちが愛の嫉妬と情欲の物語に決着をつけ大団円を迎える「決」

脚本とはかくあるべし、と思わせる。
無駄なく隙なく、深く熱く悲しくそして最後にスッキリ。
この見事なホンを支えているのは、キャラクターたちの魅力である。
監督、女優、女優の夫の老実業家、老実業家の息子、監督のマネージャー、その息子、この6人の10数年の複雑かつ激しい愛と嫉妬。やや定型的な人物設定ではあるが、物語の中でキャラたちを大きく振り回し、いい奴も悪い奴も皆が活き活きとしていている。複雑な人間関係も話を難しくするのでなく、キャラに魂を入れるのに役立っている。

けどもなんといっても、本作を何よりも輝かせているのはペネロペ・クルス演じるレナである。
監督マテオと激しく求め合うときのあの至福そのものといった顔。演技であんな顔ができるなんて信じられない。
監督マテオとゴロゴロしながらテレビを見ている姿にすら満ち足りた思いが顔に出ている。
そして夫とのベッドシーンにおける自己嫌悪のあまり壊れてしまったような姿。
アルモドバルお得意の極彩色な世界を彩るペネロペの衣装。
マリリンに似せたりオードリーに似せたりとした遊びも全然イヤミでない。
苦く悲しい思い出の中でも彼女は様々な姿、色とりどりの衣装、ありとあらゆる感情と表情で、常に一番輝き続ける。
華やかで激しくて美しい。見応えある女優の映画だ。

やっぱりアルモドバルは外さない。観てよかったぁぁぁ!!!っと心の底から思える、めちゃくちゃ面白い映画だった!!



[追記1]
---印象的な場面1---
ペネロペが、隠し撮り映像を見ている夫の映写室に乗り込み、自分で自分の映像にアフレコするように発言を再現する場面。
夫を激しくなじりながら、何気にアフレコ的にも一発OKの巧さを見せる。

---印象的な場面2---
事故の後、ディエゴとともに海岸に立つ監督マテオを見るマネージャー・ジュディット。浜辺には意外と人が多くキャッキャキャッキャと楽しげな声が響いている。失明した彼には思い出の海岸に響く歓声がどう聞こえるのか・・・寂しく悲しい心情と、海岸の楽しげな雰囲気との対比が見事だ。

[追記2]
松本ではまだ未公開のこの映画。東京マラソン出場のため上京した際の、出走前日に鑑賞。あまりの面白さにかなりテンション上がり、そのおかげでマラソンも完走できました。

********
↓面白かったらクリックしてね
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アカデミー賞 結果と雑感 | トップ | 第二回 商店街映画祭 3月22日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
抱擁のかけら (LOVE Cinemas 調布)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマ...
[映画][2010年]抱擁のかけら (タニプロダクション)
ペドロ・アルモドバル監督&ぺネロぺ・クルス氏の組み合わせの新作。 どういう物語なのか知らずに観賞。 久しぶりに、自分の心の中のどこかをくすぐられているような、そんな感覚になりながらうまいこと最後まで構成に翻弄されながら観てしまったという感じでした。 実は...
抱擁のかけら (映画的・絵画的・音楽的)
 『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運んでみました。 (1)この映画は、どうしてどうして、な...
抱擁のかけら (映画道)
盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、自分の監督作の脚本をハリーに依頼。それをきっかけに、ハリーは封印していた過去に向き合う。今から14年前、失明する前のハリーは、新進監督...
『抱擁のかけら』 (ラムの大通り)
(原題:Los abrazos rotos) ----これって、今日から始まった映画だよね。 ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの黄金コンビ! 「そう。始まった映画について話すときの通例で、 ストーリーはほとんど省略しちゃうけど、 ざっと、こういう流れ。 主人公は執筆...
「抱擁のかけら」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Los abrazos rotos」...aka「Broken Embraces」「Broken Hugs」 2009 スペイン レナに「ノエル/2004」「ボルベール/帰郷/2006」「恋愛上手になるために/2007」「エレジー/2008」「それでも恋するバルセロナ/2008」のペネロペ・クルス。 ハリー・ケイン(マテ...
抱擁のかけら (to Heart)
愛から逃げて、愛と出逢う 原題 LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES 製作年度 2009年 上映時間 128分 脚本・監督 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ペネロペ・クルス/ルイス・オマール/ブランカ・ポルティージョ/ホセ・ルイス・ゴメス/ルーベン...
映画レビュー「抱擁のかけら」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Broken Embraces◆プチレビュー◆視力を失くした男がたどる愛の誕生、崩壊、再生の道。アルモドバルの物語はいつも原色で濃厚だ。 【70点】 盲目の脚本家ハリー・ケインは、実業家エルネストが死亡したことを知る。直後にエルネストの息子がハリーを訪れ、ある脚本を依...
抱擁のかけら (キノ2)
 鮮やかな花柄のカーテン、ミントグリーンの壁、オレンジ色のソファ、真っ赤なドレス。とりどりの色。リズミカルな色。ヴィヴィッドな色。豊穣の色彩。モノトーンとか同系色とか、われわれは日ごろ、なんと色についてストイックなんだろう。色はこうやって組み合わせても...
抱擁のかけら (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛から逃げて、愛と出逢う』  コチラの「抱擁のかけら」は、4度目のコンビとなるペドロ・アルモドバル監督、ペネロぺ・クルス主演で、<究極の愛>の誕生から崩壊、そして再生を描いた2/6公開のPG12のラブ・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪14...
◆『抱擁のかけら』◆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&脚本、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オカンディアノ出演。
抱擁のかけら (心のままに映画の風景)
新進気鋭の映画監督だったマテオ(ルイス・オマール)は、14年前の事故で視力を失った。 現在は脚本家としてのペンネームであるハリーと名...
美しすぎる女~『抱擁のかけら』 (真紅のthinkingdays)
 LOS ABRAZOS ROTOS  BROKEN EMBRACES  盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある日ライ・Xと名乗る男 から映画を共作しよ...
「抱擁のかけら」:浅草雷門バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}まっ赤な人力車なんて、派手ねえ。 {/kaeru_en4/}「抱擁のかけら」にでも出てきそうな人力車だな。 {/hiyo_en2/}ああ、ペドロ・アルモドバル監督の新作ね。赤いドレスに、赤い靴、赤いセーターに、赤い車。たしかに、赤が目立つ映画だった。 {/kaeru_en4/}情...
抱擁のかけら はい!ペネロペ目当てだけでした!r(^ω^*)))テレマスナ (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=10 -4-】 いやはや、もちろんPenelope Cruzが観たいから、それだけがこの映画を見た動機ですわ・・・(///o///)ゞ テレテレ 今日はかなり緊張高めの一日やったし、精神的に癒されたかったのだ~もちろん視覚的にも~。  盲目の脚本家のハリー・ケインは...
『抱擁のかけら』 (シネマな時間に考察を。)
愛とは抱擁であり、壊された愛は<抱擁のかけら>となる。 『抱擁のかけら』 英題:Broken Embarances 2009年/スペイン/138min 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール 【introduction】 『オール・アバウト・マイ・マ...
『NINE』 (Cinema + Sweets = ∞)
この春話題のミュージカル映画『NINE』。 先日、PROUD×CSGyao PRESENTS の試写会でよみうりホールで少し早めに観賞することが出来ました。 あいにくの雨の日の試写会でしたが、客入りが悪いようで2階席はかなりガラガラの状態でした。 ミュージカル映画は敬遠される人...
映画批評「恋するベーカリー」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2010.2.19 映画批評 本日公開の「恋するベーカリー」。 監督・製作・脚本...
映画批評「抱擁のかけら」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2010.2.9 公開中の「抱擁のかけら」。 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル ...
mini review 10475「抱擁のかけら」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バ...
「抱擁のかけら」(BROKEN EMBRACES) (シネマ・ワンダーランド)
スペインのオスカー女優、ペネロペ・クルス主演のミステリ仕立てのラブ・ロマンス「抱擁のかけら」(2009年、西、128分、PG-12指定、ユニバーサル映画配給)。この映画は、生涯をかけた愛が崩壊し、視力や人生までも失った映画監督が、これまで封印していた悲...