自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メッセージ [監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ]

2017-08-05 18:21:24 | 映評 2013~

87点 [100点満点中]
言葉は武器だ!

国民性とか人の性格とかは使用する言語に左右される、という説がある。
それだけで決まるはずはないけど、全く影響していないこともないだろう。
中国人の考えが全く理解できない、と思ったら、中国語を学ぶというのも、相手を理解するためには必要かもしれない。
アメリカ人の思考の体系も英語に強く影響されてんのでは
いや、でも同じ英語を使うって言っても、アメリカ人とイギリス人は随分違う気がする。とはいえ、オーストラリア人は、フランス人やドイツ人よりアメリカ人に似ている気がする。偏見かもしれないけど。
そういえば日本人のやたら礼儀を気にする姿勢は、日本語の敬語のバリエーションの多さと関係があるだろうし、曖昧にしてしまう日本人の悪い癖も、曖昧言葉の沢山ある日本語だからではないか。
話ずれるけど、星野源がCMで、「恋」って英語に訳せない独特の言葉と言ってた。なるほどLOVEだと「愛」だ。「愛」と「恋」は違う。定義は曖昧だが、絶対違う。
だからアメリカ人はすぐI love you.といい、すぐ付き合って、すぐ結婚して、すぐ別れる。
アメリカ人にとって愛はある時突然生まれるものだ。だから「ウェストサイド物語」なんてストーリーが思いつく。日本人にとって「愛」は時間をかけて熟成させることでいつの間にか発生しているものだ。愛の前に、恋があったり、慕う、とか、好き、とか「愛未満」の言葉がいっぱいある。これは間違いなくアメリカ人と日本人の恋愛観に影響している。

で、「メッセージ」
言語に性格左右される説をさらに飛躍させ、能力の習得も言語に左右される、という、今まで「超能力」「スーパーナチュラル」「魔法」とかで片付けられてきた人智を超越した能力に、なにがしかの新しい解釈をもたらした映画として、今後のSF史に残る映画になるかもしれない。

なるほど、そう思えば「ロード・オブ・ザ・リング」でエルフたちが特殊な能力を持っているのは彼らには彼ら独特の言葉があったからか。
スタートレックのバルカン人の特殊能力も、バルカン語を習得することで身につけることができるのかもしれない。スポックは私の本名は地球人には発声不可能です、と言ってたりもしてたけど。

主人公が言語学者で、発声はしないタコ宇宙人たちだから、日本語の達者なアメリカ人に考える時も日本語かい?的な感じで思考していたわけではないけれども、主人公は彼らの文字を理解し、あの◯型の文字を頭に思い浮かべて思考していたのだろう。それが彼らの時間超越思考につながる。
フラッシュバックの多用しすぎか、もしくは少し前のイニャリトゥ映画のような「時制崩し」かな、と冷めた目で見ていたシナリオ構成が実は、説明のためでも、奇をてらったものでもなんでもなく、ヒロインにとっての普通思考をそのままなぞっただけだった、というのが、最大の驚き。
未来がどうなるかわかっていても、生きていく。美しいしカッコいいと思うし、それこそ人類の進化の次のステージではないかと思う。
あ、そう思えばジョジョの奇妙な冒険の第6部空条ジョリーンのやつ。すごい。「メッセージ」の15年前にそれをテーマにしてたじゃないか!

余談
それにしても毎年一つくらいはSF映画がアカデミー賞作品賞にノミネートされるようになった。いい時代だ。これも映画がCGという「新言語」を手に入れたことで進化したということなのかもしれない。

----
鑑賞直後のツイッター短評

そうじゃないかとずっと思ってた。宇宙人ってぜったいタコだよ。ほらやっぱり
コミュニケーションはSF映画の鉄板ネタだ
重力、時間、言語と高度に練られた物語にしびれつつ、タコ焼きと柿の種を食べたくなるSF映画の傑作
----
メッセージ で異星人を攻撃しようとした中国軍はきっとミサイルや戦闘機などは使わずに、サモハンを送り込もうとしたに違いない
「サモハン先生お願いします」
「うむ」
「念のためドニーイェンを部下につけましょうか」
「必要ない」
みたいなやりとりがあったに違いない
----
エイリアンとコンタクトする映画で成功すると「ブレードランナー」監督できる法則
#メッセージ

----
メッセージ ARRIVAL
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本 エリック・ハイセラー
原作 テッド・チャン
出演 エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー
2017年6月25日 TOHOシネマズ六本木ヒルズにて鑑賞
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボン・ボヤージュ〜家族旅行... | トップ |   
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サモハンとゲン (kossy)
2017-08-07 17:12:55
ジャンプの集合写真でゲンを見つけるなんてすごいです!
自分のジャンプ人生は「北斗の拳」で終わってるので、
懐かしいキャラばかりで楽しいです。

サモハンは「イップ・マン誕生」でイップ・マンの師匠までやってますよね。
香港映画といえばサモハン!
頼まれたらエイリアン退治にも行きそうなので笑った。
相互リンクのご検討をお願い申し上げます。 (管理人 富樫)
2017-09-27 17:54:30
自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ管理人様お忙しいところ恐れ入ります。

「面白いミュージカル映画20選!思わずからだがリズムを刻む!」というサイトを運営しております富樫と申します。
この度、相互リンクをお願いしたくご連絡させていただきました。
誠に勝手ながら、自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページという名前で、
すでに下記ページに貴サイトへのリンクを掲載させて頂きました。
http://musical-movies.com/link1/
69番目に掲載しております。
(リンク集ページを整理した場合、掲載番号に変更がある場合もございます。)


相互リンクの許可を頂けるようでしたら下記の当サイト情報にて掲載頂けると嬉しく思います。
加筆修正などありましたらお手数おかけしますが、
よろしくお願い致します。

■当サイト情報~~~~~
サイト名 アニメとしては異例、数々の記録を打ち立てた『アナと雪の女王』
URL http://musical-movies.com/frozen/
紹介文 ミュージカル苦手?でも、思わず体がリズムを刻むことありますよね?
~~~~~~~~~~~~


相互リンクをお受け頂ける際は、
お手数ですがご一報頂けると助かります。

以上です。
ご多忙中恐れ入りますが、ご対応の程よろしくお願いします。
※サイトデザインも未熟なサイトですが記事はちゃんとしておりますので、
  是非、ご覧いただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイト管理人:富樫
サイト:http://musical-movies.com/
メール:azarashi673@gmail.com
ありがとうこざいます (アリクイフィルム しん)
2017-09-29 22:15:39
富樫様

相互リンクの申し出光栄でございます
もちろん構いません。
最近、当ブログの更新が滞ってますが、書く気力が湧いてきました

よろしくお願いいたします

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映評 2013~」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
メッセージ (ネタバレ映画館)
『コンタクト』にも似た異星人とのファーストコンタクト作品。その『コンタクト』が苦手なだけに鑑賞中は眠くて眠くて・・・