自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

ALWAYS 三丁目の夕日 [CGオタクの新境地]

2005-11-20 10:16:40 | 映評 2003~2005
CGという技術を手に入れたクリエイターがCGべったりでただCGと遊ぶばかりで、物語とか演出とかそういう部分がまったく面白くなく、というよりそもそもそういう基本的技術を必要としていないかのような映画作りをする。その一番極端な例がエピソード1以降のジョージ・ルーカスだとするなら、ルーカスのミニチュア版となっていたのが山崎貴監督である。正直いってただのCGオタクな二流監督と思っていたのだけど、CGオタクを貫き通したことが次第に映画作家としての力につながっていった、その成果を見せたのが本作である。

この映画が、企画として面白いのは、CG作家を中高年観客層と結びつけたところにあるのではと思う。同世代以下の人たちのためにCGと取り組んできた作家が、逆にもっと上に目を向ける。
場内の観客には、(寅さん終了以降はあまり映画館にも出向かなかったであろう)中高年の方々が多く、映画を観ながら「あれは集団就職っていってねえ・・」「まだ東京タワーはできてなかったんだねえ・・」「なつかしいテレビだねえ・・」とまるでスポーツ中継の解説者のようにいろいろコメントを言っていた。しかし映画も終盤になるとコメントは消えうせ、変わりにすすり泣く声が聞こえてくる。
もし、この映画が大ヒットしたらCG映画の興行面における新しい道が開けるかもしれない。10代~30代の人たちはCGなんてハリウッド映画で飽きるほど見てるし、テレビでもプレステ2でも見慣れていて今更どんなにすごいもの見せられてもあまり新鮮さも驚きもない。だが50代~60代の人には「三丁目の夕日」くらいのCGでも新鮮に映るのではないだろうか?もちろん年に100本も映画をむさぼり観る映画マニアおじさんorおじいさんにとっては珍しくもないだろうが。しかし狙い目の客層だったに違いない。

さて昭和32年か33年という、もろアナログ時代をデジタライズする本作。マトリックスをパクったり、宇宙船やら、小型ロボやら出すわけにはいかない。CGで行うのは30年代に当たり前だった風景を再現すること。セットでは金がかかりすぎるがCGならOK。機関車の壁面に写りこむ人影まで丁寧に再現しポストプロダクションの努力がうかがえる。けれどそれだけのCG利用では面白くないと考えたか、さらに遊び心膨らませ、CGならではの表現・・・長回しにチャレンジ。テオ・アンゲロプロスのアナログ長回しとは全く異なりカメラは狭い隙間をすり抜け、トカゲをアップで写し、模型飛行機と一緒に空を飛ぶ。技術を見せ付けているだけで、ストーリーとの関連が薄く感じられるが、「30年代のデジタライズ」が根本的な企画意図である本作である。これでもかと最新技術を見せ付けることが第一義なのだろうからそれでよしとする。

ただし、CGという技術に依存した長回しにこだわったためか、意地悪な見方するとモンタージュへの不信感が感じられなくもない。例えば、小雪が吉岡秀隆の駄菓子屋を訪れるシーン。「ほんと、小さいわ」と一人言。しかめっ面だけでいいじゃないか。ラストにおける窓から身を乗り出し「完成したんだ」と語るロクちゃん。自分の部屋から見えてたはずなのに。CGに頼りすぎたことの副作用としてこれら説明過剰な演出に繋がったとすると困ったものだ。
それから一平たちが淳之介の小説を読むと教室の壁が崩れ去り未来世界がかっこいいCGで描かれるイメージシーン。(西岸良平の漫画でもそのような演出はあったけど)淳之介の想像力の源となった身近なものでもカットバックしてほしかった。透明なチューブの中を未来の車が・・・と読んでいるとき、ストローの一本のカットでも挿入したら効果的だったなあ、と思うわけだ。ここは好みの問題だけど。

しかし、中高年層が後半しゃべるのをやめて泣き出したことからも伺えるように、演出は物語が進むほど乗りに乗ってくる。
粗大ごみとなった氷冷式冷蔵庫を無言で見つめる氷屋さん。"指輪"をはめるエピソード。お母さんのお守りを見つける一平(原作では継ぎはぎの中の"お守り"を見つけた一平はワーイと大喜びし"お守り"が何かを説明する吹き出しまで付いていたが、映画では一平は無言でむせび泣くのである!!)これら印象的なシーンにおいてデジタル技術は完全に脇に追いやられる。

クライマックスではふたつの手紙が重要な小道具となる。淳之介が茶川さんにプレゼントされた万年筆で書いた"書置き"と、ロクちゃんのお母さんからの"手紙"。メールも携帯も、それどころか電話の普及率も高くなかった時代。人々は手書きのメディアによって想いを伝え合い、絆を深めていたのだ。そんな物語をインターネット直撃世代の監督が、デジタル技術全開で描くという逆説的企画。"手紙"も顔文字多用の携帯メールも、人と人が気持ちを伝え合うことを目的としているという当たり前なことを再認識させられる。手段と目的が混同されているインターネット情報の氾濫した現代へのメッセージとも取れる。

東京タワーの建設過程を視覚的に見せることで時間経過を分かりやすくし、また観客が映画の世界に入り込む手助けとさせるのもうまいと思うが、なにより東京タワーの完成をもって幕を閉じるところに、作り手のメッセージが感じられる。
東京タワーはテレビ時代の幕開けであり、あるいは情報化社会の幕開けを象徴しているとも言え、同時に映画の衰退の始まりを想起させる。しかしそもそも映画作家というよりCG作家である監督にとって、その辺への哀愁はない。自分のようなデジタル作家へと続く未来への幕開けとして、豊かになった現代社会を肯定的に見つめている。また技術革新が始まった時代を生きた人たちへの敬意にも満ちている。若い世代も古い世代も決して悪い気はしない優しい映画なんである。

話は変わって、キャスティングについてであるが、皆、ややオーバーアクトながらも楽しげに演じていて、観ていて気持ちいい。原作とのイメージで考えると、ほぼ全員がイメージと異なるキャスティングであるが、そもそもほぼ全員が原作と異なるキャラ設定なので別にいい。
すっかりおばさん化した薬師丸ひろ子、芸風を超えてスタイリッシュになりつつある吉岡秀隆、そしぶち切れパパの堤真一。つくに堤真一はいい。今作の逆上シーンでも見る者を釘付けにする。激怒・デンジャラスでありながらコミカルであることも決して忘れない。「フライ・ダディ・フライ」も素晴らしかったが、奇しくも両方とも日テレ制作映画。というわけで日本アカデミー最有力。

↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マザー・テレサ [工夫しない生き... | トップ | メゾン・ド・ヒミコ »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
堤真一 (kossy)
2005-11-20 22:01:24
俺も日本アカデミー賞の最有力だと思います。去年は日テレの映画が全くダメでしたもんね。作品賞は『ALWAYS』で、主演男優賞が堤真一。

堤真一はどの作品でノミネートされるのでしょう?まさか『うぶめの夏』ではないだろうけど・・・



すみません・・・ (RIN)
2005-11-24 22:44:20
またもや、TBが二重になってしまってます

一個、削除をお願いいたします。

さすがに、「作り手」からの視点で書かれましたね。

ウチは、「裏記事」もあるんですけど、リンク貼ってあるので、「表記事」

だけTBさせていただきます。

あとですね、ウチの親も観にいったみたいなんですけど、

一般的5、60代のの人間は、(ここに書かれているように、寅さん以降

映画から遠ざかっていたような層です)

は、あれがCGだということに、全然気づかずに映画観ていると思います。

そういうこと、あんまり考えないんですよ。
コメどうもです (しん)
2005-11-25 02:29:31
>kossyさま

意外と「ローレライ」かも(あれはフジか)



>RINさま

CGって思ってくれないからこそ、そいつらのためにCG作っちゃるぜ!!と思っての企画だったのかもしれませんね

でもさすがに東京タワーを実物大ミニチュアとは思ってないでしょうが
カス (にら)
2005-11-30 02:39:48
ニッポン礼賛、昭和礼賛に留まらない、時間と空間の描き方は、この夏、「未来に希望はない」というSF映画を監督した名前に「カス」が付くスカイウォーカー・ランチの住人なんかとは、レベルが違うぜ(笑)。



って、誉めすぎな気がしないでもないんですが、TBありがとうございます。
コメどうもです (しん)
2005-12-03 12:07:47
>にらさま

単なる商売人の「カス」よりゃ、ちゃんと映画監督の山崎貴。

もっとも、「リターナー」なんかは、ヤマザキ・タカスって感じもしたけど
松本 (aq99)
2005-12-08 19:57:20
作品も力作でしたが、記事も力作ですね。

同郷だからでスカ?

山崎演出、もうちょっとここ長く見せてくれよ~という所がいくつかありました。

山崎ノリノリ製作であろう、未来世界のCGは、もうちょっとレトロフューチャーでもよかったんじゃないかな~。

あそこまでイメージできるって、手塚超えてるよ一平!

コメどうもです (しん)
2005-12-11 13:47:58
>aq99さま

手塚こえてましたね。将来が楽しみなガキです。



山崎演出は全体的に凡庸な感じもしたのですが、凡庸さゆえ作品にはまってましたね。



山崎監督は松本出身ということで、33年の東京はそんなに知らないそうですが、だからこそ先入観にとらわれずに画面作りができたとのこと。

私は今でこそ松本に住んでいますが、北海道出身ゆえ、地元びいき的先入観にとらわれずに山崎監督を見ることができる・・・かもしれないです。
TBありがとうございました (ミチ)
2005-12-13 23:20:15
こんにちは♪

制作者サイドからのご意見面白かったです。

若い人はもうCGなんて飽きるほど見ていますから、やっぱりターゲットは5,60代ですね!

この監督さん「ジュブナイル」の人と聞いてイヤな予感がしていたんですが、良い方に外れてよかったです。
コメントどうもです (しん)
2005-12-22 20:02:20
>ミチさま

制作者ってほどじゃないです

ALWAYSの吉岡秀隆の自称作家と同じくらいのレベルの自称映画監督です

ははは

「ジュブナイル」は見てないけど、「リターナー」は最悪でしたから、良いほうに外れて私もよかったです
TBさせて頂きます。 (出田(nao))
2006-01-08 22:34:10
はじめまして、TBさせて頂きます。

この映画、CGが良い方向に使われていましたよね。

最初、この映画の噂を聞いたときは、

誰が監督をしているのか分からなかったのですが、

あのリターナーの監督と分かるとちょっと不安になりました。

でも、観たら見事にヒットしてしまいました。

CGだけではなく、細部までのこだわりもあったのでしょうけれど、

ここまで作ってくれた事で、懐かしくあたたかい映画になったと思います。
コメントどうもです (しん)
2006-01-09 14:46:35
>出田(nao)さま

中途半端よりやり過ぎる方がいいと悟らせたのでしょうね、リターナーは・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
ALWAYS 三丁目の夕日 (Paranoia Vagrant)
特に変わっているわけでもない普通のエピソードなのに、こんなに心を打つのはなぜなんだろう。先を予想する
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (地球が回ればフィルムも回る)
評判の作品で期待していたのですが、それほどでもなかったでしょうか。 CGやセットによる昭和33年の東京の町並みの再現はたしかに素晴らしく、建設中の東京タワーを見ているとなんだか胸騒ぎを覚えて途中まではかなり乗って見ていたのだけど、だんだん平板な展開のように思
ALWAYS 三丁目の夕日 (まつさんの映画伝道師)
第266回 ★★★★(劇場) (万人に薦められる故、核心に触れる文面にご注意あそばせ) 「ALWAYS 三丁目の夕日」は、まさに夕焼けを見たくなるような思いに駆られる作品で、終盤になるとそれぞれのエピソードの結末にいちいち感動させられる。  とこ.
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
極楽浄土「ALWAYS 三丁目の夕日」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
昭和33年かあ・・・。 私は、まだ生まれておりません。 ウチの親が、ちょうどこの映画に出てくる子供ぐらいだったはずです。 「わたすは嘘吐きでねえだっ!{/ase/}」 いやあ、ポスター見て、「堤真一、小川直也みたいだよ・・・{/namida/}」 と思っていたんですけど、あれは
ALWAYS 三丁目の夕日 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
思わずポロリときました。これは勝手な想像なのですが、恐らく今現在、劇場公開されている映画の中で、一番ハートウォーミングなお話ではないでしょうか? ビデオもケータイもプレステも無かったこの時代に、今、モノに何一つ不自由しない我々が一番欲しかった物がいっぱい
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (It\'s a Wonderful Life)
劇場で予告を観たときに、うわ!面白そう!と思ってましたが、 期待通りの楽しい作品になってました。まさに昔ながらの人情喜劇。 予告でも冒頭「TOHO SCOPE」の東宝マークに始まって、 建設中の東京タワー、都電やミゼットの走る街並み等のイメージがおぉ! っと...
ALWAYS 三丁目の夕日 (外部デバイスへの記録)
製作国:日本 公開:2005年11月5日 監督/VFX:山崎貴 脚本:山崎貴、古沢良太 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、もたいまさこ、三浦友和 ほか 川崎で鑑賞するつもりだったけど色んなことがあって、結局いつもの立川シネマシティで鑑賞すること.
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS 三丁目の夕日 (映画を観たよ)
私は生まれた時には何でもあったと思う。 この時代にはそういう便利なものは何もない。 でもこの時代に私はすごく欲しいものがありました。 昭和30年代。知っているわけがありません。 でも冒頭からのCGがとてもよくて映画のノスタルジックな雰囲気に何だか懐かしさを感じて
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
★ALWAYS 三丁目の夕日★ (★☆cause_k の DAILY LIFE☆★)
『ALWAYS 三丁目の夕日』 監督/VFX:?山崎 貴 出演: 吉岡秀隆 堤 真一 小雪 薬師丸ひろ子      堀北真希 須賀健太 小清水一揮 三浦友和 もたいまさこ 他   昭和33年、東京タワーができた年の東京下町の夕日町三町目。 ある日、則文(堤)、トモエ(薬
『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
ALWAYS 三丁目の夕日 (うぞきあ の場)
私の世代よりもひと世代前の物語。 ゆえに観客もその世代が多かった。 いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、 自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。 駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。 見所キャスト 鈴木オート(堤
ALWAYS 三丁目の夕日 (映画を観たよ)
私は生まれた時には何でもあったと思う。 この時代にはそういう便利なものは何もない。 でもこの時代に私はすごく欲しいものがありました。 昭和30年代。知っているわけがありません。 でも冒頭からのCGがとてもよくて映画のノスタルジックな雰囲気に何だか懐かしさを感じて
「ALWAYS 三丁目の夕日」 “スカ”を作ってました。すんません。 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
同じ特撮マンでありながら、“特技監督”という日本の映画界ではこだわっている呼称とその精神を引き継いだ樋口真嗣監督とは対照的に、デビュー以来“VFX”という呼称で通した山崎貴監督は、この映画の大ヒットでこの先何年か、ある程度の予算で、東宝で映画を作らせても
ALWAYS 三丁目の夕日 (映画短歌・せんかいへき blog)
 心地良いホームシックになりました “昭和”に会いに帰れないかな ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★★ 2005 日本 監督:山崎貴                         ALWAYS 三丁目の夕日
美空ひばり(2) (MOONの似顔絵エッセイ)
製作していた美空ひばりの粘土細工であるが、 色塗りをして、なんとか完成にこぎつけた。 完成したものの、つくづく立体造形の難しさを感じている。 これまで私は気の向くまま、昭和に活躍した人を 粘土細工で作ってきた。 手塚治虫、マリリン・モンロー、チャップリン ブル
ALWAYS 三丁目の夕日 (季節が無い毎日 ~映画の影をめざして~)
製作:2005年、日本 原作はビックコミックオリジナルで30年以上も連載し続けている漫画。 舞台は昭和33年の東京。東京タワーも建造中の最中。 VFXでの東京タワーや、東京の街並みの復元は、すばらしい! 自分はまだまだ生まれてもいない。 小さい頃でも、この映画に出て
always 三丁目の夕日 (日々好日)
 小学館 ビックコミック、1975年~2004年までの49冊、2000年~2004年53冊と長期に渡って圧倒的な人気を得てきた西岸良平の原作マンガを映像化した映画だそうです。 高校生以降、コミック系の単行本や、雑誌を買って読んだ記憶がありませんが、
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
ALWAYS 三丁目の夕日 (cinema capsule)
戦後の高度成長期を背景に繰り広げられる人情劇。 人間っていいね、とウェルメイドに浸れる。 ★「ALWAYS 三丁目の夕日」  2005年日本、132分  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子     堀北真希 ★Story 昭和
ALWAYS 三丁目の夕日 (ペ・ンギン日誌)
【ALWAYS 三丁目の夕日】の試写会へ行って来ました。 小学生だった頃、父がビックコミックを買っていて、私はその中の【三丁目~】だけを読んでいた。 小学生の時は成人誌を見ても、絵が凝りすぎていて受け付けなかった。 そんな中【三丁目~】は絵も内容も、ほのぼのし
ALWAYS 三丁目の夕日 (優みゃの辛口映画感想)
監督:山崎貴 出演:堤真一     吉岡秀隆     小雪     薬師丸ひろ子、他 あらすじ{/book/} 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐ
ALWAYS 3丁目の夕日(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和 【公開日】2005/11.5 【製作】日本 【ストーリー】 昭和33年、東京タワーが
always 三丁目の夕日 (日々好日)
 小学館 ビックコミック、1975年~2004年までの49冊、2000年~2004年53冊と長期に渡って圧倒的な人気を得てきた西岸良平の原作マンガを映像化した映画だそうです。 高校生以降、コミック系の単行本や、雑誌を買って読んだ記憶がありませんが、
ALWAYS 3丁目の夕日 (cultyシネマ行状記)
 ブログ復活してようやく邦画の登場。この作品は「ジュブナイル」「Returner リターナー」で知られる山崎貴監督が得意のVFX技術(このVFXという概念はいまひとつ分からない)を駆使して作られた監督第3作目。東京タワーが完成するまでの工程を場面の区切りに見せて時間.
*Cinema* ALWAYS 3丁目の夕日 (猫と映画ときまぐれおんな)
-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子 2005年 日本映画 133分 カラー (MOVIX清水) ★★★★  うん、いい映画です。家族が「見たい!」というので一緒に見に行きました。昭和33年、東京タワーが出来
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
人気blogランキングへ公式HP上映時間:133分監督:山崎貴出演:吉岡秀隆(茶川竜之介)、堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小雪(石崎ヒロミ)、堀北真希(星野六子)、須賀健太(吉行淳之介)、小清水一揮(鈴木一平)、小日向文世(川渕康成)、三浦...
ALWAYS 三丁目の夕日・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この映画を観ていて「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を思い出した。 「昭和」に限りないノスタルジーを感じ、思い出の世界こそ理想と考える一団が、古き
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上
「ALWAYS三丁目の夕日」@イイノホール (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
今年の秋の『泣ける邦画』としてあーちゃんが注目していた2本は不発…という事で今日はめっちゃ楽しみにしていきました。 {/kaeru_cry/}STORY オフィシャルサイト 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、夕日町三丁目では個性豊かな住民たちが暮らしていました。そ
ALWAYS 三丁目の夕日 (Extremelife)
西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴 ...
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。
ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!! (名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★★☆☆ 昭和33年。私にとっては知らない時代の話。だ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...