自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

ホテル・ルワンダ

2006-03-15 19:47:22 | 映評 2006~2008
近年作られたメイド・イン・ジャパンの戦争映画のどれよりも、「ホテル・ルワンダ」は地獄に近い。

戦争はかっこよくない。美しくない。
恐ろしく、醜く、汚い

お国のため、名誉のため・・・ぬかせ
国益のため、領土拡張、発言力の増大、新しい秩序・・・
何もかもきれい事だ。
末端まで下がってみれば、暴徒化した集団が敵対組織を隷属はおろか根絶やしにしようと、一片の慈悲もなく殺戮を繰り広げる。
殺されそうになる側も、生き残るため嘘をつき騙し泥まみれ血まみれ、なりふりかまっちゃいられない。

この映画はルワンダ内戦で、1200人もの人々を虐殺から救った男を描いたものだ。フツ族とツチ族の内戦で実権を握ったフツ族はラジオで公然とツチ族をゴキブリと呼び、虐殺を奨励する。彼らは本気でツチ族の最後の一人を殺すまで殺戮を続けると言い、根絶やしは必ず成し遂げると信じている。
歴史が動くとき必ず“狂”の集団が現れる、みたいなことを司馬遼太郎が書いていたが、この時のルワンダもそんな感じだったのかもしれない。
(アフリカの黒人はバカだなあ、などと思ってはいけない。我れらがジャパンだって似たようなもんだ。異人と見るや問答無用で斬りまくり尊皇攘夷なんかよりただ殺人が好きなだけだった奴らが大勢いた)
フツ族である主人公は、ヨーロッパ人が経営するホテルで支配人を務めている。彼の妻はツチ族で政情の成り行きでは殺されかねない。
しかしフツ族民兵もホテルには手を出せない。そんなことをすれば白人社会を敵に回すことが判っているからだ。
国連の平和維持軍(発砲禁止、人数も数名、装備も大したことなく、重機はトラック程度)も、話の判る支配人のいるホテルを拠点の一つとし、ホテルを警備する(その実、ホテルに守られている)
支配人は妻と子供たちをホテルに匿い、あわせて多くのツチ族をホテルに隠す。

アフリカのシンドラーなどともどこかで書かれているが、映画の中では英雄的に描かれるわけではない。
彼も自分と家族を守るため必死だ。
フツ族はラジオで主人公を裏切り者と批判、欧米は静観を決め込み何もしようとしない(同じ頃のユーゴスラビア内戦には散々介入し、メディアもさかんに報じていたのに)。ヨーロッパの後ろ盾など幻にすぎないし、それでなくてもエスカレートした民衆がいつホテルに押し寄せるか判らない。
賄賂、脅し、泣きつき、嘘、慇懃無礼、地位も友情も利用、時には尻尾まいて逃げ時には度胸で乗り越える・・・生き残るためありとあらゆる手を使う
家族を守る、人々を救うという美談と平行して、土壇場に追い込まれた人間の汚さも見せる。
それは国連軍の大佐にも言える。100万対10くらいの100%勝ち目のないどころか生き残れば御の字の状況で、しかも発砲も許されない。やむを得ずの威嚇射撃、そして射殺。
内戦中の国に安全な場所などないのだ。

ゴキブリどもを殺せとわめき続ける公共ラジオと、霧の中浮かび上がってくる虐殺死体の山。この状況で俺ならどうする。命乞いも恥ではない地獄のような状況で

いろいろな意味で、去年のあるゆるーい映画の台詞が頭をよぎる
「良く見ろ日本人、これが戦争だ」

絶望的な状況の中のサバイバル、極限状態でふと垣間見せる人間の変わった一面(時にユーモア)などもよく描けていて、社会性だけでなく娯楽性の面でも一級品である。
監督のテリー・ジョージ。「父の祈りを」の脚本書いてる。こういうドラマが得意なのだろうか。IRAとの関係を疑われイギリスで逮捕されたこともあるとか、そんな話も武勇伝みたく聞こえ、不謹慎かもしれんが実際地獄をかいくぐってきた“本物”だからこれほどの映画が撮れたのかな・・・と思った。
主人公のドン・チードルはアカデミー候補となったこと納得の熱演。一本の映画でこれだけ色んな面を見せてしまった「ドン・チードルを知りたきゃこれを観ろ映画」。国連軍大佐のニック・ノルティもいい。凶暴そうな感じがぴったり。シン・レッド・ラインの役とかぶるが

ともかく必見の傑作
見逃すと損するぜ

*******
↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュンヘン | トップ | ヴェニスの商人 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドン・チードル (マダムクニコ)
2006-03-16 23:18:56
>社会性だけでなく娯楽性の面でも一級品である。



ドン・チードルのすばらしい演技は、まさに神がかり的でした。それを観るだけでも値打ちのある秀作。さらに、今日の世界に問題を突きつけている重さもある。必見ですね。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-03-29 09:03:02
こんにちは♪

いままでドン・チードルは風貌が印象的で、脇で光る人なのかと思っていましたが、なんのなんの堂々主役で魅せてくれました。

「クラッシュ」も同時期に見たのですがこれまた別タイプの人物でよかったです。

TBありがとうございました (charlotte)
2006-03-29 18:35:56
ドン・チードル良かったですねえ。

自分達の家族さえ無事なら、という状態から、ただ目の前にあることを自分のもてる全てを駆使して乗り越えて変わっていく様が、普通の人としての共感を呼びます。

映画が見られるように動いてくださった方にひたすら感謝です。
TBありがとうございます。 (カオリ)
2006-03-31 22:11:27
「よく見ろ日本人、これが戦争だ」は私も見ました。

この映画を見て、現代日本人がどう感じるのか?非常に興味深いところもあります。

「大変だね」と言いながら食事を続ける人間には、なりたくないと思いました・・・
Unknown (座敷童)
2006-04-16 17:59:18
いつ終了するか分からないので、会社休んで観に行ってしまいました。その甲斐はありました。

事実を伝えながらエンターテイメント性を失わない、見事な映画でした。主役の人はオーシャンズの人と同一人物とは気付きませんでした(笑)

上映のために署名活動をしてくれた方たちに感謝です。

すっごい文才 (冨田弘嗣)
2006-04-18 01:08:18
 この文才に脅威を感じ、トラックバックしました。本当に才能溢れる文章力ですね。キネ旬のプロの評論なんか蹴散らしてしまうほどの評論です。無料公開しているのがもったいない。確かな視点と筆によって、ここまでの読み物になるとは。ミーハー映画ファンには通じないでしょうが、プロの映画評論家が読むべきホームページです。薄くて高い「映画評論」の中で、最も上をいく評論です。私の知るかぎり、ホームページ評論としては最高峰だと思います(ちなみに・・・奇麗事ではありません)。これからも読ませて下さい。宜しくお願いします。
久々のコメント返し (しん)
2006-04-18 02:58:36
>マダクニさま

見た目は地味なドン・チードルだけに最初で最後のオスカー(主演賞)チャンスだったのかもしれないんですが



>ミチさま

そんなわけでクラッシュではさくっと脇で光る人物に戻ってしまい



>charlotteさま

そういう意味できわめて普通の人でした。だから良かったのですが



>カオリさま

で、チードルがいくら熱演しようとも、日本人は大変だねと言って食事を続け



>座敷童さま

それでも上映のため署名集める人たちだっているところがかすかな希望です



>冨田弘嗣さま

そんなこんなで、並の文才なんですけど

誤字の多さとボキャブラリイの薄っぺらさで有料公開したら「ゴキブリめ」と言われナタで殺されそうです



にらさんとか、マダムクニコさんとか、丞相さんとかネットの世界には天才たちが多いので、日々肩身の狭い思いをしております。



でもめずらしく褒められたのでぶっちゃけちょっといい気分です。ありがとうございました。
見逃さずにすみました! (ミヤ)
2006-04-23 00:32:54
こんばんわ。

しんさんの評論を読んでから、ずっと見たいなぁと思い続けていた

ホテルルワンダですが、ようやく見に行くことが出来ました。

「見逃すと損する」の言葉の意味が、わかりました。

人生で1度は、見て欲しい映画の1つ。
コメどうもです (しん)
2006-04-30 00:15:44
>ミヤさま



大学合格おめでとうです。そして早々に見たのがホテル・ルワンダとは幸運です。

人生で一度は観てほしい映画!!そうですね。そういう映画は2~300本はあったりするんですが、すくなくともこの映画は2006年を代表する一本にはちがいないでしょう。

貴方の大学生活に幸あらんことを



私も大学生にもどりたいーん
こんにちわ。しんさん。 (こっちゃん)
2006-11-19 07:40:18
TBありがとうございます。

これ、観てよかった。
ほんと「見逃すと損するぜ」でした。
娯楽性ということではないですけど、
とても分かりやすく当時の実情を教えてくれたなという印象です。
(一方の側からだけなのでしょうが)

ドン・チードルの見事なハマリ役に唸っちゃいました。

TBがNGワードに引っ掛かってしまったようなので、
このコメントにて失礼いたします。ははっ
コメどうもです (しん)
2006-11-24 05:06:41
>こっちゃんさま

TBがNGワードに・・・って、なんかまずいこと書いてたかな?
スパムはTBできるのに、拒否したくない人のは通んなくて、ほんとこまります。
ドンチーはほんと見事でしたね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ホテル・ルワンダ/イメージの力  (マダム・クニコの映画解体新書)
力作であり、必見である。観た後、しばらくは言葉を失った。  同じ日に 「ロード・オブ・ウオー」を観たが、この二つの作品がみごとに繋がり、問題の根の深さに愕然とした。 ホテル・ルワンダ  「ホテル・ルワンダ」では、主人公ポールが、体制派のフツ族でありながら
[ ホテル・ルワンダ ]あなたは何を感じますか (アロハ坊主の日がな一日)
[ ホテル・ルワンダ ]@シアターN渋谷で鑑賞。 すごい人気である。老若男女問わず、多くの人が観に来て いる。シアターN渋谷も毎回、満席に近い状態だ。 [ ホテル・ルワンダ ]は2004年度アカデミー賞の主要3 部門(脚本賞、主演男優賞、助演女優賞)にノミネートと
「ホテル・ルワンダ」 5000人にありがとうといいたい (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
映画ファンの署名による上映というのは、アカデミー脚色賞を受賞した「Gods and Monsters」以来でしょうか。 署名活動のきっかけは、「アカデミー賞に3部門もノミネートされ、アメリカでもヒットした映画がなんで公開されへんのや!」という単純な疑問から。 黒人、アフリカ
「ホテル・ルワンダ」~混迷と冷静さと (お茶の間オレンジシート)
2004年イギリス/イタリア/南アフリカ監督/テリー・ジョージ出演/ドン・チードル ソフィー・オコネドー ニック・ノルティ    ホアキン・フェニックス ジャン・レノ1994年、アフリカのルワンダでは民族間の対立によって国内は混乱を極め、大量虐殺事件も日常茶飯...
映画「ホテル・ルワンダ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ホテル・ルワンダ」★★★★★ 1994年、アフリカのルワンダで内紛が大虐殺に発展し100日で100万もの人々が惨殺された。たった十数年前のことだけれどどれだけの人がこの事件を覚えているだろうか。 この映画を見ることによって「アフリカのシンドラー」と呼ばれ
ホテル・ルワンダ (シャーロットの涙)
「よかった」とか、「感動した」とかそんなことじゃない何か…。言葉が見つからない。やるせなさと哀しさと恐さ・・・またそれ以上になんて言ったらいいのか。 涙腺弱いのを自分で認めているので、前評判からしてどんなに泣くのかとちょっと恐かった。しかし・・・泣くなん
ホテル・ルワンダ(04・南アフリカ・英・伊) (no movie no life)
ミニ歴史講座、ドリンク、資料つき、プレミアムナイトで1000円。素晴らしい企画だと思いませんか? 日本での上映がなかなか実現されず、署名が集められてやっと上映にこぎつけたと言う本作。とうとう山形でも3月25日から本格上映。 昨日は、その前日と言うことでプ
ホテル・ルワンダ (映画評論家人生)
九条シネ・ヌーヴォ 前評判より、公開されてから意外なヒットとなっている。遅れて遅れて・・・よくやく観ることになった。フツ族、ツチ族の内紛は知っていたものの、単にニュースの上っ面しか見ていなかった。恥
『ホテル・ルワンダ』 (女子大生の映画評論)
『ホテル・ルワンダ』 公式サイトhttp://www.hotelrwanda.jp/ 2006年、私は今、18歳だ。 1994年、私は、6歳だった。 6歳の私は、親の愛に恵まれ、衣食住にも恵まれ、いたって普通に毎日を過ごしていた。 何も知らなかった。いや、今も何も知らない人間なのかもしれ.
ホテル・ルワンダ (日々徒然ゆ~だけ)
 知らないコトを知るコトは,昔の過ちだろうと目を背けたくなることだろうと,必要である。そういった意味でも,この作品は珠玉の一品である。
一方通行の重圧@ホテル・ルワンダ (憔悴報告)
「アフリカの『シンドラー』」という売り文句はとても有効だと思うが、映画自体は『シンドラーのリスト』とはまったくベクトルが違う、予想はできたけど。 これは、『ドーン・オブ・ザ・デッド』(間違っても『ゾンビ』ではない)を『ブラックホーク・ダウン』の ...
ホテル・ルワンダ (ネタバレ映画館)
 どうしてイギリスのようにアフリカ連合国にならないの?
念願のホテル・ルワンダ! (銅版画制作の日々)
             私はこの映画を観るまで、アフリカ情勢をほとんど知る事はありませんでした。  ルワンダという国がアフリカにあるのは知っていましたが、アフリカのどの場所  にあり、どのような国かも分からずにいました。「ホテル・ルワンダ ...
ホテル・ルワンダ (Hotel Rwanda) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 テリー・ジョージ 主演 ドン・チードル 2004年 イギリス/イタリア/南アフリカ映画 122分 ドラマ 採点★★★★ 人が出来る事には限界があり、どう足掻いても出来ないことは出来ない。愛する人がボブ・サップのような巨漢に襲われていても、自分には映画のヒ ...
ホテル・ルワンダ(DVD) (映画とはずがたり)
1994年、ルワンダで起きた大虐殺の実話を映画化。 凄惨な民族対立と無反応な人々・・・ 冷徹な視線が心に突き刺さる硬派ドラマの傑作!! 劇場鑑賞時の感想はコチラ! STORY:フツ族とツチ族の間で 長く続いていた内戦が終息、 和平協定が結ばれようとして ...
家族愛の美しさ (藻、たくさんの日々。)
次は、「ホテル・ルワンダ」について。 この映画は、アフリカのシンドラーと呼ばれた人のお話です。 シンドラーって誰? 歴史に疎かったもので、調べてみました。 オスカー・シンドラーは、第二次世界大戦の際に、 千人以上のユダヤ人をホロコーストから ...
ホテル・ルワンダ ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
この作品で描かれているルワンダのツチ族とフツ族の紛争に関して、筆者が当時一番最初に知り得たのは、週刊雑誌「News week日本版」である。他のどのメディアよりも早くそして詳しく記事が掲載されており、特に、見開き4ページか何かの特集の時には、このふたつの ...