自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

トニー滝谷 【「喪失フェチ」を満足させる素晴らしき実験映画】

2005-03-28 01:58:24 | 映評 2003~2005
好きな台詞・・・というかナレーション
「トニー滝谷の本当の名前は、本当にトニー滝谷だった」
という面白すぎるナレーションで始まる本作は、全編映画演出の粋をこらした実験精神あふれる衝撃作だった。

余談
私の好きなタイプの映画・・・タイプなど関係なく面白い映画が好きなんだ・・と思ってきたけど、最近一つの傾向に気付いた。「喪失感」。これに弱い。小津安二郎の映画は前から大好きなのだが、小津映画が好きなのもその大半が家族の分解という喪失の過程を描いているからと気付いた。「東京物語」のラスト近くの笠智衆の「いい夜明けじゃったあ。今日も暑うなるわい」が心を打つのは、いつもと変わらぬ風景を語ることで妻の喪失がより強調されるからだ。「秋刀魚の味」はもっと顕著で、嫁いだ娘が寝起きしていた部屋へと続く階段を見つめる父、娘の部屋に残された姿見を写すショット、これらは露骨すぎるほどに娘の喪失を印象づけ、それゆえに感動的だ。
候孝賢も好きだ(台湾の巨匠。ハリウッド人が間違っても撮らないようなドラマを排した静寂な映画を撮る。「悲情城市」「恋恋風塵」「珈琲時光)。彼がよく小津と比較されるのは、彼の映画に横たわる「喪失感」ゆえではないか?
市川準だって「東京兄妹」「東京夜曲」「大阪物語」といったタイトルが示すように小津を強く意識している監督だ。やはりその「喪失感」に共感しているのだろうと解釈する。
「充足感」とか「開放感」とかを軸にした映画が嫌いとかダメとか言うつもりはないし、実際そういうのも好きなのだが、私にとっては「喪失感」こそがツボにはまりまくる。
・・・で、今まであまり意識しなかったがこの映画の原作者・村上春樹も、作品に漂う「喪失感」が良いとされる(「羊をめぐる冒険」は私の好きな本ベスト5に入れてもいい好きな本だ)。「トニー滝谷」のパンフレットを買ってみたが「喪失感」という単語が何度も出てきた。
この映画はそんな「喪失フェチ」である私を感動させるにはもってこいの、喪失感ばりばり、心にぽっかり穴の開いた感覚を堪能できる傑作だった。
この映画を傑作と言い張るのは私の市川準偏愛と喪失感に依っているところもある。喪失感の映画なんて興味ない人、市川準なんてつまんない奴だよ、村上春樹??ああ、あのつまんない本ばっか書く奴ね・・・とか思ってる人はこの映画を観ない方がいい。
余談終わり

映画を観た後で原作を読んだ。原作は30ページ程度の短編で、小説というより設定資料みたいなものだ。淡々と三人称の解説で進む原作を市川準は忠実に再現しただけではない。ところどころでモノローグを一人称に切り替え俳優にカメラ(つまり我々)に向かって語りかけさせる。これは映画ならではのテクニックで村上春樹には絶対できない。カメラに語りかける程度の演出自体は別に珍しくもない。しかしこの映画の語りかけは演じる俳優に極めて高度な技術を要求する。圧巻なのは、宮沢りえが持ち主を失った膨大な量の衣装が収納された部屋でむせび泣くシーン。1カットの長回し。イッセー尾形に案内された衣装部屋の中で、コートに袖を通したり、靴を履いてみたりしている内、何故か自分でも判らずに泣き出してしまう。その迫真の演技に胸を打たれている僕に向かって彼女は泣いたまま語りかける
「しばらくして彼が様子を観に部屋に入ってきました」(泣き声)
登場人物に感情移入して泣いているハズの女優が同時に、「演じている」ということを客観視して説明する。この相反する芝居。俳優は役を演じているに過ぎないということをここまであからさまにフィルムに焼きつけてしまう監督。村上春樹よりよほどクールだ。観客から世界に入り込む余地を奪い、それが故にすぐ傍にありながら全く手の届かないもどかしさと切なさ。登場人物を慰めてめてやろうにも決して入り込めない疎外感。市川準のこれまでの映画(「病院で死ぬということ」など)でも使われてきた手法だが、それを純化し演出テクニックだけで塗り固めた映画なのだ。ストーリーで「喪失感」を語り、演出で「疎外感」を与える。
カメラワークも計算されている。覗き見しているようなカット割。常に一歩ひいた位置に観客を置き、それでいてカメラへの語りかけにより、観客に映画に参加していることを意識付けもする。

実験段階の域を出ていない映画ではあるかもしれない。ストーリーだけを追おうとすると置いてきぼりにされてしまう。だから一般受けは絶対しないだろう。つまんないよこれ、という人はきっとわんさかいるだろう。だが監督の新しい映画スタイルへの挑戦という志を買うべきだ。実験は失敗かもしれない。テーマと手法が結びつくことで感動は生まれるが本作では完全に融合していない。これを発展させ洗練させた作品が作られた時、それは市川準の最高傑作となるだろう。そのための布石とするなら、これが世間的には失敗作ととられたとしても、偉大な失敗なのだ。

尤も失敗作との烙印が押されることはないだろう。一応、市川準は本作で、ロカルノ映画祭監督賞を獲っている。
ちなみに私の感覚では、映画祭を東京の私大に例えると「カンヌ」「ベルリン」「ヴェネチア」が「早慶上智」で、「ロカルノ」「ナント」「モスクワ」「モントリオール」が「日東駒専」という感じ(知名度・権威・歴史とかから考えて・・・)
市川準は「東京夜曲」でモントリオール映画祭の監督賞を獲っている。もう少し踏んばって「早慶上智」クラスの覇者となってほしいなあ。

イッセー尾形はこの作品にピタリはまった。映画そのものとなった息づかい。
宮沢りえは先に書いたように難役を見事にこなし女優としてますます魅力的になってきた。しかし宮沢りえの存在感はやや強調され過ぎ(ひらたく言えば、りえちゃんのアイドル映画っぽくなってる)。彼女の自然な振る舞いや涼しげな笑顔がこの物語においては若干だが浮いていた気もする。イッセー尾形の分をわきまえた引き具合と比較するとまだまだだな、と偉そうなこと思ったりして。そうは言っても「父と暮らせば」に続いての好演で本年度のしんくんの私的アカデミー賞主演女優賞の最有力候補であります。

↓面白かったらクリックしてね
人気blogランキング

自主映画撮ってます。松本自主映画製作工房 スタジオゆんふぁのHP
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モーターサイクル・ダイアリ... | トップ | あずみ2 【最悪のアイドル映... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (まつさん)
2005-03-28 03:19:02
トラックバックありがとうございました。

濃厚な考察見事です。これからもお邪魔させて頂きます。

市川準ってロカルノ好みっぽいと思っていたので、受賞のニュースを聞いたときは「ふふふん」と微笑んでしまいました。

マイブログは愛をもっって映画を語っております。またご興味ありましたらご来店お待ちしております。
こんばんは☆ (Rica)
2005-03-29 00:10:03
TBありがとうございます!!

とても興味深いレビューでまた違った側面を知ることができました(^-^)

とても参考になりました。



『トニー滝谷』はとても好きな映画です。

アレだけ静に淡々と物語が進む中、

作品のテーマがとてもはっきりとしていて、

とてもいい時間が流れていたと思います。
お返事 (しん)
2005-03-29 04:47:13
>まつさん

でもやっぱカンヌ狙ってほしいですね。あとオスカー

・・・無理か??



>Rica様

時間が流れている・・・って表現のぴったりくる映画でした
TB感謝です! (tategamineko)
2005-03-30 00:25:40
TBありがとうございました。

カメラへの役者の語りかけについての考察、スバラシイです。

私は一緒に「晴れた家」というメイキングもみたのですが、こちらも、監督の画づくりやこだわりや「こ、こんな風に撮影してたんだー!(目から鱗がポロリ)」というのがよくわかって、良かったです。ご覧になりましたか?



では。
>tategamineko様 (ライオンってこと?) (しん)
2005-03-30 02:47:33
メイキングは観てないです。観たいです。

こんな映画撮ろうとする奴は相当クレージーなハズ

何を語っているのか興味あります。
Unknown (まっきい)
2005-04-01 00:13:18
TBありがとうございます。



こちらからもTBしております。

僕も原作読みたいと思ってまだ読んでないんです。

はやく読まなきゃ。

映画ももう一度部屋でゆっくり見たいです。
TBありがとうございました (yocco)
2005-04-05 02:16:21
なるほど...

先にここに来てから映画を観たら、もっと広がりがあったに違いないと思いながらレビュー読ませて頂きました
Unknown (ツボヤキ)
2005-04-08 00:19:37
TBいただき有難うございます。

沢山の方々にもっともっと見てもらいたい、映画だと思いますよね。市川監督は、邦画の最後の砦みたいな気がするですよ(苦笑)。
コメントどうもです (しん)
2005-04-22 00:31:16
>まっきい様

原作・・・すごい短いから一瞬で読み終わりますよ。

あの短編を80分に引き延ばす市川準は、弛緩の名匠と呼んでいいかもしれない



>yocco様

ありがとうございます。

でも先にここ来てたらネタバレしまくってるから・・・



>ツボヤキ様

でも私は市川準は世界に飛び出して映画撮ってほしい気もします。まずは台湾あたりで
TBどうもありがとうございます。 (yas0233)
2005-04-22 02:45:43
はじめまして、こんばんは。

力の入った面白いレビューでした。トラックバックいただき、感謝。



ところで、「サマリア」やっぱり良さそうですね。僕も見たいと思っています。

TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-05-10 03:20:02
たいへん興味深く拝読しました。

透明感のある空気を感じた映画でした。

「喪失感」に反応されるということですが、それはなぜでしょう? ふと思いました。
TBありがとうございます (Q-Taka)
2005-05-12 00:07:20
濃いーー解説勉強になりました。

確かに、その「喪失感」ね。

ん、小津監督や候孝賢監督も交えたお話、面白いです。

小津監督は大好きですし、候孝賢監督は「珈琲時光」を去年見ました。小津つながりで。

この二人は、そのカメラワークというか、光の捉え方で共通点を覚えていましたが、そうですか「喪失感」ですか。

ん、それを念頭において候孝賢監督を見直してみたいです。
おはようございます (朱雀門)
2005-05-12 06:34:47
「甘い人生」の方にトラックバックありがとうございました



個性なき個性、思想なき思想、哲学なき哲学・・・

とでも形容できそうなトニー滝谷を演じたイッセー尾形、ぴったりの役柄でした。



独特の無機質な感じが面白い映画だと思います。

なるほど!の視点 (kumakuma)
2005-05-13 13:12:11
TBありがとうございました。



「喪失感」というキーワードで、小津監督や候孝賢監督作品もつながっているというお話、興味深く拝見しました。映画祭を私大に例える「早慶上智」&「日東駒専」、とても面白かったです(笑)









TBありがとうございます。 (健太郎)
2005-05-16 20:13:07
TBありがとうございます。

僕が観るには未だ早かったようです。

この作品の良さが分かる様になった頃にもう一度観てみたいです。
喪失フェチ (kimion20002000)
2006-05-06 11:51:02
TBありがとう。

おもしろいblogでした。



>この映画はそんな「喪失フェチ」である私を感動させるにはもってこいの、喪失感ばりばり、心にぽっかり穴の開いた感覚を堪能できる傑作だった。



ふつう、「喪失」好きは、もっと根暗そうだけど、明るくて、いいですね。

コメどうもです (しん)
2006-05-08 22:12:21
>kimion20002000さま

自分にないもの求めるのが人間ですから

ぬはは

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
トニー滝谷 (まつさんの映画伝道師)
第20回 (核心に触れる文面あるので御注意あそばせ) ★★★★☆(劇場)  もしも愛する人が自分よりも先に死んでしまったらどうするだろう?  この映画の主人公トニー滝谷は、死んだ妻を忘れるために、妻と同じ体型の女性を助手に雇い、彼女の残した服を制
トニー滝谷 (gantakurin\'s シネまだん)
監:市川準 出:イッセー尾形 宮沢りえ     4点  劇場予告編を観てどうしても観たくなった作品。でも、予告編をみて「こんなものを観せてもらえそう」あるいは「観たい」と思った期待と、実際の作品とにギャップがあったみたい。響く人にはすごく響くけど、
『トニー滝谷』:レビュー(バレ有り) (空の色)
『トニー滝谷』 ・2005年 アメリカ・サンダンス映画祭 ワールド・シネマ・ドラマティック・コンペティション ノミネート作品 ・第57回 ロカルノ国際映画祭 審査員特別賞・国際批評家連盟賞・ヤング審査員賞 トリプル受賞作品 市川 準 監督・脚本 村上 春樹 原作(『
トニー滝谷 (日々徒然ゆ~だけ)
 映画,と呼んでいいモノなのか,その辺は実に微妙な部分があって,硬派な映画観のヒトは「こんなん,映画じゃねぇやぃ!」と一蹴すると思われる。でも,好きだなぁ。  作り込まないイッセー尾形の佇まいや,ナチュラルな宮沢りえの空気感とかが実にいい。
トニー滝谷 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「トニー滝谷の本名は、トニー滝谷だ。」 エジプト帰国後、初の自腹鑑賞はトニー滝谷。今日はサービスdayなので、1000円で鑑賞。 村上春樹の短編小説を市川準が監督した作品。主演はイッセー尾形と宮沢りえ。75分の短編(?)映画。 孤独な人生をすごしてきたトニー滝
トニー滝谷 (日々の、あれこれ)
村上春樹の短編の映画化です。 ベストセラーの映画化をはじめとする原作ものの映画ってたいていは「映画と原作本は別モノ」って結果になるから、これもきっとそうだろうと思って鑑賞しました。 けど、私の場合、これはかなり原作に忠実な映画ではないか、と思いました。
トニー滝谷を観たよ (今日のつぼたさん)
映画「トニー滝谷」を観てきました。 トニー滝谷という名前を持った人の孤独感が主題の物語だと思います。 終始静寂なたたずまいで、流れる音楽と言えば龍一っつあんの一曲(イメージはそう)のみ。 宮沢理恵の儚さ・美しさ・存在感はめちゃくちゃ出ていましたが、イッセー尾
僕が観た映画その71 (黒子童話集)
  トニー滝谷  原作:村上春樹 『レキシントンの幽霊』 文蔭春秋  監督:市川準  脚本:市川準  音楽:坂本龍一  撮影:広川泰士  照明:中須岳士  美術:市田喜一  録音:橋本泰夫  編集:三条知生出演:イッセー尾形   宮沢りえ   西島秀俊あ
トニー滝谷 (まっきいの「今が好き」)
宮沢りえ、イッセー尾形出演作品。 75分という映画としてはとても短いもの。 そして、今まで体験したことのない手法がたくさん。 まずは、ナレーションの量の多さ。 敢えて映像で見せないことで、観ているものの想像力が掻き立てられる。 そのナレーションは西嶋秀俊が声
トニー 滝谷 (2アウト満塁!)
村上春樹が10年以上も前に発表した同名の短編を映画化した作品 市川 準監督が映画化に当たって一番難しく感じたと言う ...原作からは登場人物の表情が読み取れない、極端に言うと「顔」の無い物語をどのように村上春樹ファンを裏切ることなく描くか... この問題は
■ 「トニー滝谷」を観た。 (◇ 日々是、ジョイトイ。)
「トニー滝谷」 を観てきた。 映画というよりは、イメージフィルム。 或いは写真集。 「寄り」 を使わず、定点からの 「引きっぱなし」 の絵中心の構成で、 それはある意味、小劇場での 「舞台観劇」 にも似た感覚。 ナレーションの台詞は、まんま 「原作小説の文
「 トニー滝谷 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 市川準主演 : イッセー尾形 / 宮沢りえ /      / 音楽 : 坂本龍一 / 語り :西島秀俊公式HP:http://www.tonytakitani.com/ 村上春樹が今から10年以上も前に発表した短編「トニー滝谷」を映画化したもので、村上春樹小説のファン必見の作品...
トニー滝谷 (befounddead)
TONY TAKITANI (2004年 日本) 2005/4/4@ユーロ これ、今んとこ今年のベスト。 もしくは『ビフォア・サンセット』と並んで同率1位。 駆け込みだったけど、観れて本当によかった。 ちなみに原作は、映画を観た時点では未読だった。 あらすじはどこかほかのと
映画『トニー滝谷』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『トニー滝谷』公式サイト『トニー滝谷』を上映している映画館は?『トニー滝谷』が東京で1月に公開されて遅れること約3カ月。ようやく広島でも公開されました。原作は村上春樹の短編小説『トニー滝谷』です。村上春樹の映画は過去に数本製作されています。私は『風の歌を聴
トニー滝谷 (LM * The Letters about a MOVIE.)
前略、元気ですか?こちらは今日も寒かったです。 そっちはきっともっと寒いんだろうね。温かい飲み物でも飲みながら、読んで下さい。 今日は、仕事の合間を縫って、映画を見てきました。「トニー滝谷」という映画です。
トニー滝谷 (cococo)
忙殺の日々からやっと脱出した。 もう少し体力・気力とも復活してから観るべきだった
映画:『トニー滝谷』 (映画・本etc(From札幌))
愛おしさが、孤独への恐怖を掻き立てる。切なさが、あまりにも辛い。 セリフがト書きになり、ト書きがセリフになり・・・ まるで、小説を読むかのような、そんな中で場面は流れる。
『トニー滝谷』を観る (日日是好日~つれづれ日記~)
2/11、ずっと観たかった映画のひとつ、『トニー滝谷』を渋谷・ユーロスペースで観ました。 ちょうどこの前観た、『ベルリンフィルの子供たち』が終了間際ということで、狭いロビーはごった返していた。(この内容はコチラ) 何とも言えない空気感が漂う、”余白”のあ
トニー滝谷 (ネタバレ映画館)
 トニー滝谷の名前は、本当は“トニー谷”を参考にしたのではないのか?予告編を初めて見たときには、すっかり“トニー谷”の伝記だと勘違いしていた・・・  父正三郎のシーンや、全編に渡るオフィスと小高い丘を上手くとらえた外の映像。孤独を表現するかのような坂本龍
『トニー滝谷』2005年51本目 (映画とJ-POPの日々)
村上春樹の同名の短編小説をイッセー尾形、宮沢りえ主演で市川準監督が映画化。 『トニー滝谷』 村上春樹は名前しか知らない。元々小説は読まないたちだから。 市川準監督もまたしかり。数々の作品を撮られいる名監督ですが、健太郎は1本も観ていません。 だったら「
映画『トニー滝谷』 (EVERSMILE)
『トニー滝谷』が東京で1月に公開されて遅れること約3カ月。ようやく広島でも公開されました。原作は村上春樹の短編小説『トニー滝谷』です。村上春樹の映画は過去に数本製作されています。私は『風の歌を聴け』の映画作品をビデオで観たことはあるのですが、その時、映画よ
トニー滝谷 (いつか深夜特急に乗って)
「トニー滝谷」★★★(DVD) 2004年日本 監督:市川準
「トニー滝谷」 (NUMB)
 トニー滝谷 プレミアム・エディション 「トニー滝谷」 ★★★ TONY TAKITANI (2004年日本) 監督:市川準 原作:村上春樹「トニー滝谷」(「レキシントンの幽霊」収録) 音楽:坂
映画のご紹介(8) トニー滝谷 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介 トニー滝谷- 「トニー滝谷」を見た。 これは、村上春樹の短編小説集 「レキシントンの幽霊」(1996年 文藝春秋社刊)からの同名の短編の映画化だ。 短編自身の発表は文藝春秋の1990.
NO.145「トニー滝谷」(日本/市川準監督) (サーカスな日々)
英語の字幕を見やりながら、 デラシネな孤独を思い遣った。 邦画を鑑賞するに際して、僕としては、初めてのちょっとした体験をした。この「トニー滝谷」という作品は、DVDで鑑賞したわけだが、英語の字幕というものを、体験してみたのだ。 理由は単純だ。1996年 ...