鈴木卓の気の向くままに 

「ああ、いっぺん言うてみたかった」、「日常のたわいない出来事」など、皆様へのお便りを発信いたします。

今日は「憲法の日」

2017年05月03日 | Weblog
大型連休の真っただ中! 今日は憲法記念日。自民党、そして安倍首相は憲法改正に意欲を燃やしているようだ。現在では改正反対派がやや上回ているようだが、数年前からすると改憲派の数は少しづつ増してきている。70年間、一度も改正することなく続いた現憲法。
 
もっとも注目されるのは第九条だが、果たして現憲法でよいのだろうか?
その中でも自衛隊は違憲か?合憲か?は大問題である。
憲法学者の大多数が自衛隊は違憲だと主張する。たしかにその条文には「戦争の放棄.....」、「武力は持たない.....」、「武力を紛争の解決手段には用いない.....」と書いてある。それなのに日本には自衛隊が居る。
 
「自衛権は認められるのだから当然に武装する権利はある」との解釈から自衛隊は発足しているが「国民の生命と財産を守る」その為にどうしても軍隊が必要ならば明言化すればいい。 やれ「専守防衛だの....」「自衛隊は軍隊ではない....」などと自民党は説明しても、戦車に乗り、銃器を持っていて「これは軍隊に当たらない」と説明するには相当な無理がある。どう見たって軍隊に見える。
 
このように何とかごまかそうとして言葉遊びをしている姿勢が「下手に憲法を改正したらどんなことになるのか?」と油断のならない印象を受けてしまう。
 
集団的自衛権も同様で「当然に認められる権利...」であるとして条文に明文化されていない項目はいくらでも都合よく解釈されてしまう。同盟国に対して給油、物資の運搬。軍隊の中にも補給部隊や給油部隊は当然にいるのだから戦争に参加してるのと同様だと思うのだが。これだけ、その時々でいくらでも都合よく解釈できてしまうのであれば改正も護憲もあったもんじゃない。
 
一方、護憲派の人からは国民の生命と財産をどのような手段で守るのかの明確な考えが伝わってこない。武力を用いないでとことん話し合い平和的に解決できるならばとっくの間に実現している筈であろう。私が中学生だった頃には、少なくとも21世紀になっても「武力による紛争の解決手段」が残っているとは予測していなかった。そんな馬鹿馬鹿しい事は人類はしないだろうと思っていた。だが現実は世界を見渡してみると武力衝突は絶え間なくさらに国と国の交渉には力が背景に働いているらしい。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院生活~2~ | トップ | 「時の過行くままに!」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL