ピラティススタジオ”フェルマータ”

三鷹のスタジオでピラティスクラスを開催しています!
7名様ほどの規模の、充実感のあるクラスを実践しています。

予防医学としてのピラティス

2017-03-07 16:46:38 | 日記
こんにちは!春ですね。近所を散歩していると、
すでに桜が咲き始めているのがみられます。季節の変化を敏感に察知して、
花を咲かせる樹木のエネルギーに感動します

 さて先日生徒さんのひとりから、介護保険制度の改正についてのお話しを
うかがいました。介護保険制度は、65歳以上で介護が必要な高齢者を国が
財政的に支援する仕組みのことですが、近年では社会保障費が膨らみ、財政が
悪化している、とのことでした。

 当スタジオにいらっしゃる方のなかにも、

「将来、誰の手も借りずに身の回りのことを自分で出来るようにしておきたい」

という目的でピラティスワークに取り組んでいらっしゃる方も多いです。
社会保障の枠組みも、これからは予防医学といった視点から行われる可能性も
大いにあるようです。

~~~~~~~

 先日ある方から、「眠りが浅くて困っている」というご相談を受けました。
毎週熱心に通ってくださる方なので、なんとかお力になれればと、いろいろな
アプローチで身体の緊張を取るワークを試していただきました。

 加えて、その方の身体の癖や背骨の歪み(骨盤と肋骨のねじれ)について
ご指摘し、ふだんどのような運動を心がけたら良いのか、お伝えしました。

 それから2~3週間後、経過をうかがってみると、こんな回答が返ってきました。

「依然として眠れない日はあるが、眠れる日も出てきました。」
「眠れる日は、いつもより少し長く眠ることができます。」

 このような改善はひとえにご本人の努力によるものだと感じます。
さらにもうひとつ、興味深いことをおっしゃっていました。

「いつも同じ方向にしか寝返りをうてなかったのですが、反対側にも寝返りを
うてるようになりました。」

 身体が芯からリラックスすることができ、
ふだん動きづらい部分が少しでも動いてきたこと。
それを実感させてくれる言葉としては、あまりあるものでした。

 姿勢が変わること。長年の緊張や癖が少しでも緩和されること。

 それが将来待ち受けている、どれほどのリスクを回避してくれるのか、
想像に難くありません。

 ピラティスは運動が苦手な方、必要を感じてはいても、どんな運動を
していいのか分からない、という方でも、安心して取り組んで頂くことが
できます。

 人に個性があるように、身体はひとりひとり違っています。
そんな「身体の個性」をけっしてネガティブに捉えることなく、しっかりと
取り組むべく、お手伝いさせていただければ幸いです


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜クラス/3月 変更のお知らせ | トップ | 4月のスケジュールです! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。