R&Rf Blog "The Ladder To The Stars"

ミニチュア製作を中心に日々感じたことをランダムに綴っていきます。

1/36 華麗なる賭け ロールスロイスとトーマス・クラウン 1/36 Custom figure THOMAS CROWN with his Rolls Royce TC100

2017-06-06 | 製作

 1/43サイズ フィギュアの次なるモチーフに華麗なる賭け(Thomas Crown Affair 1968)を選んでリペイント用に1/43の中古ミニカーをゲットしたのはいいが、よく見るとこれは1/43より明らかに大きい。Corgi製のこれは自分の所有している1/18のパラゴン製のロールスロイスのサイズから推測するにどうも1/36だと思われる。Corgiは1/36でブリットやトランザム7000のフィギュア付きのミニカーを販売しているが、これも同サイズであろう。ただフィギュアを作って並べる場合にはつり合いがとれないとおかしいので1/36でフィギュアを作ることにした。
 ロールスロイスは映画の型はシルバーシャドウだがこれはコーニッシュ。同じ2ドアでフォルムは変わらないので どうせリペイントするので安価で手に入るこちらにした。厳密に言うとドアの三角窓がないが。
 リペイントだけでは芸がないので左ハンドルに改造し左のドアミラーを付けてみた。またShinichiro氏のアドバイスもあり後でタイヤにホワイトリボンを施してみたが、これによってグッと足元が引き締まり高級感が増した気がする。

 「華麗なる賭け」はマックイーンの映画の中でも最も好きな映画のひとつでそのスタイリッシュなスーツの着こなしや身のこなしにほれぼれする作品である。でもさすがに1/36ではスーツのグレンチェック柄の表現は無理だった。マックイーンの愛用したペルソールのサングラスもポイントのひとつ。このサイズじゃペルソールとは分からないけどね(笑)

           

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/25 ゲッタウェイ シェビー1955ステップサイド トラック 1/25 Chevy 1955 Stepside Truck

2017-05-26 | 製作

 スティーブ・マックイーンの「ゲッタウェイ」(Getaway  1972)のラストシーンで主人公ドク・マッコイとキャロルがメキシコへ逃げる時に乗っていた廃品回収のトラック。

これも製作を始めて完成まで5年以上かかってしまった。休んでた期間の方がずっと長いが。

 これはAMTのキットを使った。かなり前にどこかのモデル雑誌にこのトラックの作例投稿があったと思うが、それを見て刺激を受けて製作を始めた。
 そのまま作っても面白くないのでボコボコのポンコツ状態に改造して積荷まで作りこんでみた。ボディの変形は熱して思いの形にした。後でパーツが合わなくなるような変形では困るのでそこを考慮して手加減したのが難しかった。あと映画に出てくるトラックはキットと違いリアウインドウが狭いスタンダードタイプなのでここは作りこんだ。フロントグリルもそのままでは中のラジエーターが見えないので薄く削りこんで覗けるようにした。

ホイールは他のキットから鉄チンホイールを流用しそれに合わせたタイヤを使用した。

 ダメージのキズと表記の文字はデカール。資料が映画のみなのでリアの文字の判明にとても時間がかかった。”We dispose of Everything”とある。

積荷の建築資材?(映画ではそう言っている)はドラム缶以外は作りこみ。1/25となるとちょうど合う物がみつけられなかった。波板のゴミバケツは特に苦労したが3Dモデリングならずっと簡単にできるんだろうな。

 この車はただ作るだけでは何の面白みもない。以前1/43の同タイプのミニカーを改造し普通にリペイントしてみたがなんか違う気がした。この車はボコボコにしたうえでウェザリングと積荷があってこそだと改めて思った。

 ゲッタウェイのラストでは銀行強盗後に裏切り等にあいながら、追跡者を殲滅して現金を持ってメキシコに無傷で逃げのびるが、ハリウッド映画のラストとしては珍しい終わり方である。しかしドクは銀行強盗はやったかもしれないが終始一貫して無益な殺しはしていない。だからこそ この終わり方に納得できるのかもしれない。相手も当時ロマンスまっただ中のアリ・マッグローだしね。

(SSS Project No.0010  No.0011)
     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/43 タクシードライバー トラヴィスとNYチェッカーキャブ 1/43 Custom figure TAXI DRIVER Travis and NY Checker Cab

2017-04-29 | 製作

 1/43サイズのミニカーはリペイントや改造が比較的やりやすいので ちょっとしたマイブームになっている。

ちょっと前にタクシードライバーのブルーレイ同梱のチェッカーキャブをゲットしたがステッカー類がいいかげんなのに不満だった。ボンネットにはメダリオンではなく42の数字が貼り付けてあるしルーフにはなぜかタンカースジャケットのキングコングワッペンが貼り付けてある始末。そこでIXO製の同タイプの車を見つけたので以前にやった1/18のデカールをリサイズしてこれに貼りなおすことにした。ついでにポスターの鉄板ポーズでフィギュアも作ってみた。フィギュアの高さ42mm。
 チェッカーキャブは新たに左前輪のみスチールホイールに変え、他にサイドガーニシュを付けルーフの掲示灯をNY風の2段にした。ボンネットの八角形メダリオンはデカール。

 最後の写真でブルーレイ同梱のチェッカーキャブと並べてみた。同梱版はノンスケールなのでIXO製より一回り大きい1/38くらいだろうか。
同梱版 全長135mm プラスチックボディ。  
IXO製 全長118mm 1ダイキャストボディ。

   

 ※このフィギュアとタクシーは現在ヤフオク出品中です。タクシーは最終出品です。
△△1/43 タクシードライバー トラビスのNYチェッカーキャブ(改造)

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/18 ポルシェ917K #21 用ドライバーフィギュア Custom figure for 1:18 Porsche 917K #21

2017-04-22 | 製作

 ここのところ自分の中で再燃してきた「栄光のル・マン」ブーム。1/43でラストシーンの再現までしてしまったが、今回は1/18での再現。この映画を象徴するような指立てのポーズは色々な解釈がされている。中にはアイリッシュの起源まで遡った深読み解釈までもある。それがVサインであれ2着であれ なんであれ、あのシーンのレースの緊張から解き放たれた時のマックイーンの笑みが大好きだ。ドキュメンタリー映画「スティーブ・マックイーン その男とル・マン」(The man and Le Mans  2015)のポスターに使用されているこのポーズはプロモーション用の写真なので渋面をしているが、自分の感覚からするとこのポーズでは微笑んでいるのが絶対条件なのだ。この映画が好きな人だったら理解していただけると思う。

 背景のポルシェ917Kはオートアート製の20番をカラーリングとゼッケンを21番にリペイント。そしてレース後の雰囲気を出すためにタイヤブラックを吹き付けて汚し塗装した。

1/18のポルシェ917Kガルフカラーは最近NOREVから20番21番22番が発売されている。

私の「栄光のル・マン」ブームはもうしばらく続きそうだ。次回はまた1/43で。

       
※このフィギュアは現在ヤフオク出品中です。
★1/18 ポルシェ917K #21用 ドライバーフィギュア タイプB

当ブログに過去にアップした #20用ドライバーフィギュア
1/18 ポルシェ917K用ドライバー フィギュア Custom Figure for 1:18 Porsche 917K“Gulf Team”Version

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/43 栄光のル・マン ポルシェ917K #20用フィギュア Custom figure for Porsche917K #20

2017-02-26 | 製作

 今回は映画” 栄光のル・マン(Le Mans 1971)”からポルシェ917K #20用フィギュア1/43サイズ。以前ラストシーンの#21用のフィギュアは作ったが、やはり主人公のメインの車は#20なので、前後するがレース開始をイメージしてヘルメット装着バージョンを作ってみた。こうしたポーズのフィギュアは既存品でたくさんあるとは思うが前回のものと対をなすものとして作ってみたかった。

 写真のミニカーはブルム製の1.000個初期限定版。現在はパッケージを変えて再販されていて購入しやすくなっている。この限定版はなぜかリアカウルのゼッケンの向きが逆である。通常ならエラー品になるところだがみんなこの向きになっている。現行品は修正されている。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加